「あはっ、すこやんちゃんと見えてる……?んんぅ」

「今私は京太郎くんの上に跨ってるよー」

「……京太郎くんの、すご……これ、私の膣内に入っちゃうんだ……」

「こらっ、京太郎くんは暴れちゃダメだって。京太郎くんは、私たちの『肉バイブ』なんだからっ」

「ふふ、じゃあ、挿入れちゃうね……。すこやん、恋人が親友に寝取られるとこ、しっかりみててよっ」

ジュプ…

「ふわぁっ!これっ♥、すごいぃっ、思ってたよりずっと、凶悪ぅ……♥」

ツププ…ゴリュッ

「い゛い゛っ♥奥、奥まで来たぁ♥ほ、ほら全部、挿入っちゃった……」

「だ、だめぇっ♥挿入れただけなのに、挿入れただけで、イッひゃうっ!」

「~~~ッッ♥あはぁ、だめ……他のことなんて考えられなくなるぅ♥」

「京太郎くん、私もうダメだよぉ♥動けないからぁ……バイブの京太郎くんが動いて……?」

「ひぐっ!?あっ♥そんないきなり、激しっ!」

ゴリッゴリュッ

「そんにゃ奥突いちゃだめっ♥子宮の入り口突かないでぇっ♥」

ズニュウウウウ

「ひぃっ、おまんこの中、掻き出されるぅ♥」

ズプッ

「またっ、また奥まで来たっ♥子宮口っキスされちゃってるよぉっ♥」

「はぁ、膣内でまたおちんちん大っきくなって、ビクビクしてるぅ♥」

「きょうたろ、くん、肉バイブの癖に、イキたいのかなっ♥」

「キてっ、そのまま膣内に♥子宮に京太郎くんのザーメン叩きつけてぇっ♥」

ドプッビュルルルルルルルッ

「ふわあああああああッ♥熱い、熱いザーメン子宮に叩きつけられてるぅ♥」

「あ、イくっ京太郎くんのザーメンでわらひイッひゃうぅ♥」

「っ♥んお゛お゛お゛お゛ぅぅぅ、イッてるぅ、中出しされてイッちゃってるぅ♥」

「はぁっ、はぁ――す、すこやん、これで実況、終わるね……」

「も、ダメ――」



【こーこちゃんおわり】