京太郎「へ、一泊の温泉旅行ですか?」

はやり「うん、知り合いから旅行券もらったんだけど期限が明日までで。今日と明日空いてるんだったらどうかな、と思って」

京太郎「明日も空いてますけど、俺なんかが一緒に行っていいんですか?」

はやり「うん、それが予定が合う人が京太郎くんくらいしかいなくて。一人で行くのは嫌だからついてきてもらいたいなって」

京太郎「ええ、いいですよ。むしろこっちから連れて行って欲しいってお願いしたいくらいです」

はやり「本当!?ありがとう!」パアァ

―――
――

京太郎(なーんてことがあって。現在温泉に浸かってます)カポーン

京太郎「はぁー。貸切の露天で見晴らしもいいし、はやりさんにちゃんとお礼言わないとな」

京太郎「ふぃー。極楽極楽」

ガラガラペチペチ

京太郎「あれ、おかしいな。貸切だから誰も入ってこないはずなんだけど……間違ってるのかな」

京太郎「すみませーん、ここ貸し切ってるんです……けど……」

はやり「へ、京太郎くん!?」パクパク

京太郎「は、はやりさんなぜここに……」

はやり「きゃああっ!?」バタバタ

京太郎「うおおおっ!?」ザブッ

京は「「…………」」

京太郎「もしかしてこれって、混浴ってやつですか」

はやり「みたいだね……ちゃんと説明読んでおけば良かった……」

京太郎「お、俺上がりますよ!先に入ってましたし!」

はやり「ま、待って!はやりはその……大丈夫だから、そのまま浸かっててもいいよ……?」

京太郎「い、いや。まだ軽く流した位なんで今から貸切じゃない屋内の方に行こうかなと……」

はやり「それじゃ、その……背中、流して上げようか……?」

―――
――

はやり「そ、その。痒いとことかないですかー///」

京太郎「だ、大丈夫っす」ドキドキ

京太郎(後ろにはタオル一枚のはやりさん……駄目だ!耐えるんだ俺!)

はやり「あ、石鹸が」ツルー

はやり「取らないとー」ピタフニョン

京太郎(ああ、そんなにくっついたらオモチの感覚が!?ぐぅぅ、耐えるんだマイサン!)

はやり「んー、滑ってなかなか取れないよぅ」ニュル

京太郎「おおぅ!?」

はやり「ひゃぁ!いきなり大きな声出してどうしたの……?」

京太郎「いやその、なんていうか……当たってます」

はやり「へっ、あ、ごめんね!っていうか私なんてことを……」

京太郎「い、いや大丈夫ですよ……はい、石鹸です」

はやり「あ、ありがとう……」

―――
――

チャプ…

はやり「はあ、いい湯だねぇ~」ホンワカ

京太郎「そうですね」ホンワカ

京太郎「まぁ一悶着ありましたけど、来てよかったです」

はやり「ふふ、そうだね。こんなに気持ちいい温泉に入っちゃったらね」

京太郎「ゆっくり浸かって行きましょう」

はやり「そうしようかー」

―――
――

その後、恋人同士と勘違いした中居さんの手により布団が1つしか用意されなかったり料理も恋人向けになったり色々あったけど小ネタの内容が露天風呂だからここでは詳しくは語らない

カン!