―――控え室

ガチャ

京太郎「咏さん……お疲れ様です」

咏「いやー、京太郎くんにいいところ見せようかと思ったんだけどね、わっかんねー」

京太郎「咏さん……」

京太郎(そこそこショックを受けているようだ……なにかできないか……?そうだ!)

京太郎「……咏さん?ちょっとこっちに来てもらっていいですか?」

咏「なに?……ふぇっ」

京太郎「残念ながらラスでしたけど、それでも打ってる時の咏さん、凄かったですよ」ナデナデ

咏「……でも勝てなかったわけだしね」

咏(わっかんねー。いつもはここまで落ち込んだりはしないんだけど)

京太郎「今日勝てなくても、次もまた次もあります。そこで今度こそトップの咏さんを見せてください」ナデリナデリ

咏「……ん」

京太郎「咏さんが強いのはあって数日の俺でも知ってることです。何もわからないことなんて無いです」

咏「ありがと、京太郎くん」

京太郎「いえ、思ったことを言っただけですよ。あ、そうだ」

咏「どったの?知らんけど」

京太郎「髪、梳かせてもらえませんか。この前のリベンジです」

咏「ふふっ。望むところだ、かかってこい京太郎くん!」

京太郎「ええ、今度はしっかりやりますよ!」

―――fin