セーラ「出来たでフナQ!押すたびに京太郎が俺を男らしく扱う代わりに、あぐりの親父さんがトーン貼りをミスるスイッチや!」

浩子「作ったのウチですけど…江口先輩は後ろでずっと鉄拳やってたやないですか」

セーラ「細かい事気にしてたら三島のジジイみたいにハゲるで、早速いってくるわ!」ピューン

浩子「あ、ちょっと!…………あんな頭になるくらいなら舌噛んで死んだほうがマシやわ…」



京太郎「うたう~こ~みち~ひかる~ま~ちで~かくれんぼし~た~♪」

セーラ「やいやい京太郎!ゴーイング○ンダーグラウンドなんて甘っちょろいもんの歌を口ずさみやがって!」

京太郎「(これアルバムにしか入ってない割とマイナーな曲なのに…隠れファン?)ああ、どうもセーラ先輩」

セーラ「いっつも隙あらば俺に可愛いもの薦めたりしてきて、もう我慢ならんで!このスイッチを押すとな…」ポチッ

京太郎「お、おぉ?お……」クラクラ

セーラ「ど、どうや…」ドキドキ

京太郎「………ガハハハ!おうセーラどん!今日も元気そうでなによりでゴワス!」

セーラ「せ、成功なんかな…なんで鹿児島っぽい喋りになってんのか分からんけど」

…………

あぐり父「あひっ!間違えて唐草模様のトーン使っちゃった!」

あぐり「お父さん!?ああっ、耕介の髪が泥棒の風呂敷みたいに!てか、どこにそんなトーンあったの!」


…………

京太郎「セーラどん!あっちでキャッチボールでもするでゴワス!」

セーラ「え、やるやる!!
そうそう、やっぱ男相手やしこういう付き合いが欲しかったんや!
やったで!大成功やっ!!

セェーラッラッラッラッラァー!!」




京太郎「投げるでゴワスよ~!どすこいっ!」シュッ

セーラ「おうっ、ええ球やな!鹿児島なのかエドモンド的な本田なのか分からんくなってるけど」シュッ

京太郎「ほいっ」シュッ

セーラ「よっ…京太郎、もうちょっと強く投げーや」

京太郎「いえいえオナゴ相手にそこまで強くは…」

セーラ「むっ…」ポチッ

京太郎「お、おぉ?お……」クラクラ

…………

あぐり父「あひっ!また唐草模様のトーン使っちゃった!」

あぐり「お父さん!?慕もはやりも泥棒の風呂敷になっちゃってるよ!」

…………

京太郎「ガハハ!いくでゴワス!どすこい!」シュッ

セーラ「うわはは!そうや、これぐらいやないと張り合いがないもんなー!」シュッ

京太郎「ガハハ!このぐらいの球など朝の稽古より楽勝でゴワス!」シュッ

セーラ「もう本田やん、コレ……って、楽勝ってぬかしたな~!うらぁっ!」シュッ

京太郎「ぬおっ、取り損なったでゴワス!待て~でゴワス!」タタタッ

セーラ「はっはっは!どんなもんや!……って京太郎、どこまでいくねん!そっちは川…!」

京太郎「ゴワッシュ!」ザバーン

セーラ「京太郎!」

京太郎「ふぅっ、ボールは回収したでゴワスよ!…しかし水が冷たいでゴワス」ブルブル

セーラ「もうっ、ドジやなぁ…ほれ、濡れたんならシャツくらい脱いだらええやろ」

京太郎「や、セーラどんのような女性の前でそこまでは…」

セーラ「ええからっ!」ポチッ

京太郎「お?おぉ、お……」クラクラ

…………

あぐり父「あひっ!なんだかもう唐草模様しか使う気が起きない!」

あぐり「お父さん!?気づいたらどいつもこいつも泥棒の風呂敷だよ!
もうこれじゃあ完全に泥棒の漫画だよ!どうしちゃったの!?」

あぐり父「うーむ、何ていうかミスらなきゃいけない使命感を覚えてな…」

あぐり「ミスってレベル超えてるよ!もう改変の域だよコレ!
背景ところどころ唐草模様になってて、髪が金髪な閑無も唐草ヘッドだし!嫌だよこんなレボり方!

耕介に至っては、全身唐草になってるし!なにコイツキモイ!泥棒ですらないよ!
慕もよくこんなの『おじさん』って呼べるな!

どうすんの!もう時間ないのに!」

あぐり父「て…てへっ」

…………

セーラ「ほら、京太郎脱げっての」

京太郎「ガハハハハ!手間を取らせてしまったでゴワスな、セーラどん!今脱ぐでゴワス!」ポポポーイ

セーラ「わっ!?わわっ!!あ、アホー!!シャツだけでええやろ!!何でズボンも脱ぐんや!!///」

京太郎「下も濡れていては気分が悪いでゴワスからなぁ~!ガハハ!」

セーラ「わぁ~っ、わっ…わぁぁ~~~/////」チラッチラッ

京太郎「?セーラどん、さっきから何をチラチラと…ああ、トランクスも脱いだ方がいいということでゴワスな!確かに!」

セーラ「ふぇっ!?ち、ちゃう!ちゃうって京太郎!!/////」ワタワタ

京太郎「ガハハ!男の付き合いに下着は不要!それっ!」スッポーン


セーラ「




ふきゅう」バタン



京太郎「せ、セーラどん!?セーラどん!何を普及するのでゴワスか!?セーラどーーーん!!」


…………

竜華「ほれセーラ、京太郎によーく謝り、人が通りかかってたら京太郎が逮捕されるとこやったんやで?」


セーラ「ほんまに……言葉もないわ、すまん京太郎」ペコリ

京太郎「いえ…セーラ先輩がそんなに思いつめていたなんて俺気づけなくって……こちらこそごめんなさい」ペコリ

浩子「京太郎……スイッチ作ったんはウチや、私からも謝るわ…ごめんなさい」ペコリ

竜華「うん、みんな謝って許しあったんならええわ、この話はこれでおしまいっ」

京太郎「どうもすみません……あ、セーラ先輩?」

セーラ「…うん?」

京太郎「今度、一緒にキャッチボールしましょう」

セーラ「……ありがと」


泉「あの…先輩?」チョイチョイ

セーラ「?どうした泉?」

泉「せ、先輩……その、須賀君の…見たんですよね?……ど、どんな感じでしたか?/////」ハァハァ

セーラ「~~~~~~~~~~ッッッ

……アホウッ!!/////」スパーーン

…………

とあるコンビニ


怜「おー今日はビッグガンガンの発売日かー、どれどれシノハユのチェックや…」ペラペラ


『物語は激動の新章へ……!


シノハユ―第2部その誇り高き血統―

――追いかけてきた”警察”と、遠い地への”逃亡”


明かされる真実!慕の母は有名な怪盗!?

衝撃告白!はやりも閑無も泥棒学園に通う泥棒の卵だった!!

謎の新キャラ・全身唐草男!!彼の正体は一体…!!


新たに始まった冒険!その行く先にあるものとは!


慕「盗賊女王に私はなる!!」どどんっ』





怜「………帰ろ」


カンッ