※細かい設定とかは気にしないでください。
※あとSPEC結のネタバレが含まれています。

淡「キョータロー、アレ見ようよー」

京「ん?ああ、SPEC結か」

淡「だって続きが気になるよー」

京「たしかにな、んじゃま俺んちでいいか?」

淡「いいよー」



京「ただいまー」

淡「おじゃましまーす」

京「邪魔するなら帰れ」

淡「ひどーい!」





淡「キョータロー、DVDはー?」

京「ほい」

淡「あれ?2枚?」

京「ああ、前後編だからな」

淡「なるほどー」

京「さんざん宣伝されてただろ」





<漸ノ篇鑑賞後>
淡「うわーん!キョータロー!ゴリさんがー!」

京「くっ、ゴリさん。あんたは男だよ」

淡「ねぇキョータロー、ゴリさんは悪くないよね、悪くないよね」京太郎の腕にしがみついる。」

京「ああ」

淡「うわーん!なんで死んじゃったのー!」

京(爻ノ篇を見るのはもう少し時間がかかるな)






淡が泣き止むまでしばらく京太郎の腕はしがみつかれたままだった。




<泣き止んで>

淡「ぐすっ、ぐすっ」

京「どうする、爻ノ篇も見るか?」

淡「うん、ゴリさんが死んじゃったのは哀しいけど、サヤーとセブミーも気になるから……」

京「じゃあ、再生するぞ」





<爻ノ篇鑑賞後>

淡「どうして……どうしてサヤーとセブミーも幸せになれないの」

京「……」

淡「ねぇ……キョータロー……」

京「……なんだ」

淡「もしね……もし私とキョータローがサヤーとセブミーみたいなことになったらさ……キョータローは私を……」

京「……ばかやろう、そんなこと出来るわけ無いだろ……」

淡「じゃあさ、もし私が死んじゃってさ……来世があったら私を見つけてくれる?」

京「ああ、見つけるさ。絶対にな」

淡「キョータロー……」

京「淡……」



この後激しくセックスした。





<数年後>

淡「キョータローはさ、今幸せ?」

京「ああ。当然だろ」

淡「そうだね、だって今日は……」

京「ああ、俺達の結婚式だからな」






<さらに時は経ち>

娘「おかあさん!」

孫「おばあちゃん!」

義息子「義母様!」

京「淡!」

淡「ゴホっ、ゴホッ、み……んな……」

医師「残念ですが……」

京「……淡……来世で待ってろよ」So

娘「おとうさん?」

孫「おじいちゃん?」

義息子「義父様?」

淡「ゴホッ、ゴホッ、う……ん……待っ……てる……ね……」



ピーッ!

医師「……ご臨終です」

京「淡ー!」






<さらに時は経ち>


京「ゴホッ……わしも……か」

娘「おとうさん!」

孫「おじいさま!」

曾孫「おじいちゃん!」

孫婿「義爺さん!」

京「心配……するな……ちょっと……な……」

ピーッ!

医師「……ご臨終です」







<そして……>

?「ねぇ○○○○○○!」

?「なんだよ○」

?「呼んでみただけー!」

?「おいおい」

?「だってさー、○○○○○○とは初めて会ったって気がしないんだもん!」

?「え?お前もか?」

?「え?○○○○○○も?」

?「ああ、なんでだろうな」

?「ひょっとして前世で一緒だったりして?」

?「そんなバカな」

?「でも、それはそれでロマンチックな気がしない?」

?「まあな」

?「じゃあ、本当に前世で一緒だったらさ……こう言っちゃうかも」

?「本当に一緒だったらな」



━━また会えたね、キョータロー。
━━また会えたな、淡。

カンッ!結