咲「京ちゃん、今日はなんの日かしってる?」

京太郎「あぁ、七夕だろ」

咲「うん。織姫と彦星が一年のうちにたった1日だけ逢える日なんだよね」

京太郎「あぁ、そーいう内容だったな

咲「とっても、ロマンチックだよね」

京太郎「確かに、そうだな。」

咲「でも、私だったら嫌だな」

京太郎「え?」

咲「だって、大好きな人と、1日しか逢えないんだよ…」

京太郎「言われてみればそうだけどさぁ」

咲「大好きな京ちゃんと、1年でだった1日しか逢えないなんて嫌だよ…」
京太郎「咲…」

咲「京ちゃんは何処にも行かないでね」

京太郎「俺は咲の側にずっと居るよ。ずっと一緒に」(チュッ)

咲「京ちゃん…」

名前:
コメント: