京太郎「なあ、洋榎」

洋榎「…なんや」

京太郎「なんでそんな機嫌悪いの?」

洋榎「…気のせいやで」

京太郎「ああ、もしかしてあのhゴハッ」

洋榎「次アホなこというたらうちの鉄拳をたっぷりサービスしたるかんな」

京太郎「っつー、ツッコミに必要なのは愛のあるシバキだろ…」

洋榎「それって、うちならセクハラしてもええってことか?」

京太郎「うっ、スマン。親しき仲にもってやつだな」

洋榎「まったく。そんなお、弟じゃお姉ちゃんこれから心配やで」

京太郎「は?なんで弟…」

洋榎「とぼけんなや。こないだ絹に告白されとったやろ」

京太郎「あ、あれ見られてたのか…」

洋榎「自分ちやからな。それで、つ、付きおうとるんやろ?」

京太郎「あー、それがまだ返事してなかったり…」

洋榎「なんでや!?姉のうちが言うのもあれやけど絹は胸も大きいしかわいいええ子やで!」

京太郎「俺だってそう思うけど、やっぱどうしても妹として見ちゃうんだよ」

洋榎「…そっか、付きおうとらんのか」


京太郎「お、もしかして俺が絹を取っていくと思ってたのか?」

洋榎「つーことはうちにもまだチャンスがあるゆーことやな…」

京太郎「もしもしー、洋榎さーん?」

洋榎「京太郎!」

京太郎「うわ!ビックリした…」

洋榎「確か京太郎はうちのこと、その…女として意識したことあるんやろ?」

京太郎「げ、それも聞かれてた?」

洋榎「バッチリな。と、ゆーことはや」

京太郎「うわー、死にてぇ…。ん、ゆーことは?」

洋榎「うちのことは絹と違うて、異性として見られるっちゅーことやん?」

京太郎「まあ、そうだけど…」

洋榎「それならな、うちと、その…」

京太郎(顔あからめてモジモジする洋榎とかレアすぎんだろ…)

洋榎「ええい、女は行動力や!京太郎、うちと付き合ってください!」

京太郎「うえぇぇ!?」

洋榎「な、なんやそんなにおかしかったか?」

京太郎「いや、まさか洋榎にまで告白されるとは…」

洋榎「うちかてな、なんとも思うとらん奴と夫婦呼ばわりされたってなんとも思わん人間やない」

京太郎「洋榎…」

洋榎「でも、絹の方がうちより何倍も女の子っぽいから勝てるわけないと思うて、告白されてるの聞いとった時諦めないかん思うて…」

京太郎(おいおい、なんだこの洋榎。かわいすぎんだろ…)

洋榎「それでもやっぱ京太郎のこと諦められんでおったら、この千載一遇のチャンスや」

京太郎「俺は…」

絹恵「ちょっと待ちぃや!」

京洋「「絹!?」」

絹恵「そんな簡単に引き下がれる訳ないやん!うちかて京兄ちゃんのこと諦められなんかせぇへんもん!」ダキッ

洋榎「あ゛ー、また京太郎に抱きついてからー!」

絹恵「ええもん、お姉ちゃんも女は行動力言いよったやん!」

洋榎「いくら絹でも京太郎はやれんで!」

絹恵「うちかてお姉ちゃんに譲るつもりあらへんもん!」

洋榎「絹は妹としか見られてへんやん!」

絹恵「そう言うお姉ちゃんは胸無いやん!知っとるんやで、京兄ちゃんがおっぱい星人やってこと」

京太郎「俺にまで飛び火してきた!?」

洋榎「う゛ー、京太郎!絹にうちの方が好きやって言うたれ!」

絹恵「胸の無い子はあかんって言うたってください京兄ちゃん!」

京太郎「あはは、どうなるんだろこれから」

カンッ