京太郎「俺ってここにいていいんでしょうか?」

菫「なんだ、藪から棒に」

京太郎「いや、俺って麻雀弱いくせに生徒達の憧れである虎姫の皆と一緒なもんだから陰で色々言われてるみたいなんで、ちょっと…」

照「ちょっと出かけてくる」

京太郎「うわ、照さんそんなに腕を回しながらどこ行くんですか!?」

照「京ちゃんは気にしなくていい」

京太郎「気にしますから!なんかやらかして大会出られなくなったら大変でしょ!」

淡「弱っちぃ奴の言うことなんかほっとけばいいんだよ」

誠子「その理論だと京太郎も該当するぞ…」

淡「キョータローはいいの!」

尭深「でも淡ちゃんの言うことも一理あるかも。私達は京太郎君がいてくれてとっても助かってるし」

菫「尭深の言う通りだ。それにお前が頑張ってるのはここにいる皆が知っている」

京太郎「ハハ、まあ俺も皆と一緒にいても何も言われないようにもっと精進します」

菫「うむ、いい返事だ」


照「なんで菫が一番いいとこ持ってくの…?」

淡「そうだそうだー」

菫「何を言う。これは部長としてだな」

京太郎「まあ他にもあるんですけどね」

誠子「まだなんか言われてるのか?」

京太郎「こっちは笑い話みたいなもんですけど、俺が虎姫の皆に気に入られてるのは色仕掛けしてるからだ、って噂が…」

虎姫「「「「「…」」」」」

京太郎「野郎の色仕掛けってなんだよ、って話ですよねー。…ってあれ?」

菫「下らん噂話と一蹴するにはデータが足らんな…」

照「その通り…」

誠子「一度試してみようか…」

尭深「上半身裸からいってみよう…?」

淡「あ、なんなら下でもいいよ…?」

京太郎「あの、なんで皆ジリジリとにじりよって…イ、イヤー!」

カンッ