京太郎「いやー、明星ちゃんのプレゼント、なにがいいですかね?」

霞「あなたが考えたものなら、なんでも喜ぶんじゃないかしら」

京太郎「そうですかね?てかそれ地味にプレッシャーかかるんですけど」

霞「頑張って、下手なもの渡したら大変よ?」

京太郎「ちょっ、やめてくださいよー!」

霞「ふふ、冗談よ冗談。そうやって悩んで選んでるってだけで十分よ」

京太郎「結局具体的には定まらず、ですか」

霞「そう焦らないの。時間はまだあるんだから」

京太郎「ですね。そういえば、霞さんはプレゼントってもう決めたんですか?」

霞「実を言うとまだなのよね……なにがいいと思う?」

京太郎「だから俺が聞きたいくらいですってば」

霞「でも、最近はあなたの方に懐いちゃってるみたいだし」

京太郎「まるで妹ができたような気分ですよ。あ、そういえば……」

霞「なにか思いついた?」

京太郎「前に明星ちゃん、お兄ちゃんが欲しい、みたいなこと言ってたんですよ」

霞「ふぅん、お兄ちゃんね……」

京太郎「まぁ、それは俺には無理っぽいんで候補からは外しといたんですけど」

霞「プレゼント、決めたわ」

京太郎「まさか、俺をプレゼントにしてお兄ちゃんに、とか?ははっ、それはないか」

霞「うーん、当たらずとも遠からずね」

京太郎「え?」

霞「……ねぇ、ちょっと疲れちゃったわ。どこか休憩できる場所、ないかしら?」


カンッ