本編から数年後、京太郎と春は成人済み

春「…」サッ、サッ、サッ…

春「…ふぅ」ボー

「おいおい、神社の顔である巫女さんが掃除をさぼってて良いのかい?」

春「はっ…!さぼってなんかないです…って」

京太郎「よう」

春「なんだ…京太郎か…」

京太郎「なんだとはなんだよ…」

春「何しに来たの?姫様は今日は本殿でお仕事だし他の皆は…」

京太郎「いやいや、俺はお前に会いに来たの」

春「?なんで?」

京太郎「いや、なんでってお前…今日は何の日だよ」

春「…えっと…アマチュア無線の日?」

京太郎「またコアなもんを…お前の誕生日だろがバカ」

春「あぁ…そういえば…」

京太郎「自分の誕生日を忘れるなよ…これはプレゼントだ」

春「それ、お酒?」

京太郎「黒糖から作ったやつな。飲みたがってたろ?」

春「ありがとう…でも言ったことあった?」

京太郎「言われなくとも常日頃から黒糖かじってりゃ分かるっつの」

春「む…最近はそんなに食べてないし」

京太郎「じゃあその手に持ってるのは何だよ?」

春「…黒糖かりんとう」

京太郎「同じじゃねえか」

春「むう」

京太郎「まぁいいや…今日の夜は暇か?」

春「んー…多分姫様主催のお祝いがありそうだから…その後なら…」

京太郎「そっか。その時に一緒に飲まねぇか?」

春「…おつまみは何?」

京太郎「お前の好みに合わせて甘さ控えめ黒糖風味のケーキってのはどうだ?」

春「…乗った」

京太郎「うっし、んじゃ俺も小蒔さんところ手伝ってくるよ。また後でな」スタスタ

春「あ…京太郎」

京太郎「ん?」クルッ

春「来てくれて、ありがとう」

京太郎「…おう。腕によりをかけた料理を食わせてやる」

春「楽しみにしてる」ニコッ

京太郎「まかせな」スタスタスタ…



春「…掃除、少しはやる気出てきた」

カンッ