京太郎「咲、何だよ。話って……」

咲「京ちゃん……」

京太郎「どうした、咲?」

咲「あのね……」

京太郎「おう」

咲「私……好きだよ?」

京太郎「……え?すき?」

京太郎(落ち着け、須賀京太郎。今、咲は、なんて言った?)

京太郎(すき?まさか、好きと言ったか?)

京太郎(いやいや、この彼女居ない暦=年齢の俺が幼馴染とはいえ、咲のような美少女から告白された?)

京太郎(やっほい!!じゃない!!いやいやいや落ち着け、落ち着け。まだ、慌てる時間じゃない)

京太郎(そもそも、俺と咲は幼馴染ということを忘れてはいけない)

京太郎(幼馴染、それは小さい頃から家族のように接してきた存在)

京太郎(つまりはそう!兄と妹のようだ!)

京太郎(咲は俺への接し方から考えてどう考えても兄のように思っているに違いないのだ!)

京太郎(つまり、好きは好きでもそれは家族としての「好き」)

京太郎(確かに俺は咲のことを一人の女の子として好きだ!!)

京太郎(大好きだぁあああああ!!)

京太郎(だからと言って、ここで「俺もずっと好きだった!!」なんて言えない)

京太郎(まず、そんな俺の本音が咲のようにスムーズに言葉が出てくるはずがない)

京太郎(言葉が詰り、それが疑いとなり、俺の!)

京太郎(咲への想いがバレてしまうのではないか!)

京太郎(駄目だ。それだけは駄目だ)

京太郎(そんなことになったら、俺と咲の関係が壊れてしまう)

京太郎(それだけは嫌だ。絶対に嫌だ。だから、俺は何年も咲への想いを隠しながら生きてきたのに!)

京太郎(なら、どうするの?須賀京太郎?咲との関係を壊さずに現状を維持する一番の方法は?)

京太郎(そう、それは………………逃げるさァ!!)

京太郎「えっと……ごめん、よく聞こえなかった!!」

咲「……」

<おまけ>
慕「私、おじさんに恋してるの」

耕介「……(フリーズ中)……(思考中)……!!(圧倒的閃き:逃げるさァ)」

耕介「……鯉?」慕「……」カン