731 :―――逝くぞ池田ァ!!:2012/06/29(金) 01:26:21.46 ID:8gtPIlQdQ
    だし!!


    ~文学乙女宮永咲~


    部屋の窓から覗いた世界は、眩しいくらいに輝いています。
    しばらくの間、時間を忘れて、ただただ星を眺めいたその時、不意に季節を置き去りにした冷たい夜風が私の体を撫でました。
    すると何故でしょうか、私は自ずと貴方の事を思い浮かべてしまいます。

    ―――京ちゃん……

    私は冷たい夜風に当てられながら、肌寒さよりも寂しさを覚えてしまいました。
    だからなのでしょうか、ここには居ない貴方へ……夜風に思い浮かべた貴方の背中へと私は手を伸ばしました。

    ―――ねえ、京ちゃん……

    那由多に広がる宇宙。
    そこに零れる程に散りばめられた星々。
    あまりにも眩しくて力強い光で自己を主張するからか、ただ手を差し出すだけでこんな私にも容易く掴めてしまえる様な……そんな、愚かしい錯覚を覚えてしまいます。

    ―――夜空に浮かぶ星を掴む事は叶わないのでしょうか?
    ―――それはきっと、叶わないのでしょう。

    こんなにも近くに存在しているのに―――こんなにも眩しく輝いていると言うのに、伸ばされた手は何も掴まえる事が出来ません。
    でも、もし……もしも今この時この瞬間に、貴方が私と同じ星を見上げていたとすれば―――。


732 :―――逝ったぞ池田ァ!!:2012/06/29(金) 01:29:07.61 ID:8gtPIlQdQ
    私は窓を閉め、壁に掛けられた時計を見ます。
    秒針、分針、時針、彼らが一つに重なるまで後少しになりました。
    後少し、ほんの僅かな時間で今日が終わります。
    時計の針が回る様に太陽が弧を描いては沈み、またそれをなぞる様にして星々を連ない月が空へと昇りました。
    こうして、今日と名付けられた一日が終わり、昨日へとその意味を変えていきます。

    私の知る世界は私の知らない世界へと―――。
    貴方との今が過去の思い出へと―――。

    明日の私達が変わらぬ時間を過ごせる様に、私は貴方の夢を観たいと思います。
    瞳を閉じて瞼の内側に貴方と言う光明を浮かべながら、“優しい貴方と夢で会える様に”と願います。
    大好きな貴方と、“明日も笑える様に”と願い続けるのです。

    ―――お休み……京ちゃん……





    ―――はよ埋まれ!!