京太郎「おはざーす」

照「あ、須賀君おはよう」ニッコリ

京太郎「あれ、今日照さん取材でしたっけ?」

照「ううん、違うけど」

京太郎「じゃあなんでそんなに営業スマイル全開なんで…?」

照「なにを言ってるのかよく分からないけど、私はいつもこうだよ?」

照「クスッ、おかしな須賀君」

京太郎「」ゾクゾクッ




京太郎「…ナニイッテンダ!プジャケルナ!」ガバッ

京太郎「……夢か。よかった、本当に」





照「あ、京ちゃんおはよ」サクサク

菫「挨拶する時ぐらい手を止めろ」

京太郎「…」

照「?どうかしたの、京ちゃん」

京太郎「やっぱりこっちの照さんが大好きだー!」ダキッ

照「!?京ちゃんが大好きって…ダイスキダイスキダイスキ」

菫「照が手を止めただと!?」

誠子「いや、ツッコむのはそこじゃないんじゃ…」

尭深「先輩から湯気出てる…」ズズ

淡「テルーずっこい!私もー」

カンッ