授業終了直後・教室

友人A「おい、須賀」チョイチョイ

京太郎「お?どった?」

友人A「ほれ、例のブツ」スッ

京太郎「お?おぉ!?こ、これはまたすばらな…」

友人A「だろ?お前の好みにバッチリだもんな」グッb

京太郎「おう!あ、そうだ。この前お前が欲しいって言ってたアレ、明日持ってきてやるよ」

友人A「マジかよ!それ、お前秘蔵の『おもち倶楽部MaxPower』で間違いないよな?」

京太郎「ああ、勿論だ。最高の友には最高の報酬を」

友人A「おお、心の友よ!」

京太郎「お互い様だ。これからもよろしく頼むぜ?」

友人A「おうともよ!」

~~~~~
放課後・部室

淡「キョータローっ!」ダキッ

京太郎「だ~っ!今日は一体何だってんだ?」

淡「特に何も~。あ、やっぱり、このトッポを淡ちゃんと食べられる権利を授けよう!」

京太郎「いやいや、いらねぇよ?そういうのはせめて菫さんくらいになってからだな…」

淡「む~っ!そんなに大きいのがいいのか~っ!!」

京太郎「当たり前だ!これは森羅万象あまねく理だっ!!」

菫「おい、須賀、淡。いい加減その位にしておけ。部活を始めるぞ」

京&淡「は~い」

尭深「ふふ。2人は本当に仲がいいね。まさに親友って言葉がピッタリだと思うよ?」

淡「ふっふ~ん♪今はそれで満足しといてあげよう!」

京太郎「あれ?これ足りないのか。すいません、部長。ちょっと備品買いに行って来ます」

菫「ああ。いつも悪いな、須賀」

照「京ちゃん、プリンも」

淡「ポッキーも~!」

京太郎「残念ですけど、今回のは購買で事足りるものですから、それらは無しです。それじゃ、行ってきます」ガララピシャ






誠子「いつも、何も言わずとも行ってくれるんだよなぁ」

尭深「今度、皆で労ってあげよう」

誠子「だな」

淡「およ?キョータローのカバンに怪しい袋はっけ~ん!」

照「淡、京ちゃんの私物を勝手に見るのは許されないこと。すぐに私に渡しなさい」

菫「お前らは……少しは尭深と誠子を見習え!!」バッバサッ

照「あ、落ちた」

誠子「弘世部長、気持ちは分かりますが、少し落ち着い…て……」

尭深「?誠子ちゃん、どうし……」

菫「ああ、すまない、って、2人して何固まってるんだ?ん?それは、今袋から出た…な、何っ!?」

照「何なに?私にも見せて」

淡「淡ちゃんにも見せろ~!」

照&淡「…………えっ」

エロ本[金髪貧乳モノ]onthefloor

菫「こ、これは一体…」

尭深「京太郎くんの好みは私のような巨乳のはず…」

誠子「さりげなくアピールしてるな!って、そんなことよりも、なんで京太郎がこんな本を…」

照「京ちゃん、ホントは貧乳好き…?ということは、私の事が…」テレテレ

淡「あわ、あわわわ////」プシュ~

菫「あ、淡?!おい、どうした!?」

尭深「察するに、淡ちゃん、こういった本に免疫が無かったのか、あるいは…」

誠子「……そうか、この本の内容、まさに…」

京太郎「買ってきました~……うわぁぁぁぁぁぁあぁあああぁっっ!!!???」バババッ

菫照尭誠ビクッ

京太郎「え、ちょ、な、何で?何でこれが外に出てるんっすか?!」

菫「…その慌てよう、やはりそれは須賀の物なの、か?」

京太郎「ああぁぁぁぁぁ……終わりだ…何もかも終わった……」ガックリorz

照「京ちゃん、大丈夫。私は受け入れる。だから、早く告白して」

菫「お、おい、照っ!」

京太郎「…………ええいっ!こうなっちまったら、後はどうとでもなれ、だ!」

尭深「あ、この展開は…」

誠子「…尭深、逃げよう!」ピュ~

尭深「未練はあるけど、命は大事」ピュ~

京太郎「淡っ!」

淡「ひゃ、ひゃいっ!?」ビビクッ

京太郎「ずっと好きでした!こんな俺で気持ち悪いと思うかも知れないけど……良かったら俺と付き合ってくださいっ!」バッ

淡「ふぇ?」

照「」

淡「え、え?でも、キョータロー、巨乳が好きなんじゃ?」

京太郎「あれはカモフラージュだった」

淡「わ、私がいつもアピールしてもあしらわれてたのは…?」

京太郎「え?あ、アピールしてくれてたのか…スマン。でもぶっちゃけると、淡のスキンシップにはいつもドキドキしていたんだ」

淡「ほ、他にも!えっと、えっと…ほ、ほら、タカミーの胸が魅力的だって…」

京太郎「それも本音ではある。だけど、俺の1番は淡なんだ!」

淡「あわ、あわわわ…」

京太郎「もう一度言わせてもらう。淡、俺と付き合ってくれっ!」

淡「は、はい…」

京太郎「ほ、本当か!?」

淡「うん…うん!私も、ずっとキョータローが好きだったんだもんっ!」

京太郎「そ、そうか…はは、良かったぁ…あ、そうだ。これからよろしくな、淡!」ニコ

淡「こっちこそ、キョータロー!」ニパッ


カン!

ゴォォォォォッ

京太郎「ん?何だ、この風?」

淡「あわっ!?キョ、キョータロー、あれ!」

照「ユルサナイ、ユルサレナイ、ユルサレルコトジャナイ。ユルサナイ、ユルサレナイ…」ブツブツ

京太郎「」

京太郎「はっ!そうだ、菫さんは…」

メモ[あまり部室を壊さないように]onthetable

京&淡「………」

照「コレハユメ。ソウダ、コレハユメダ。ユメナラハカイシテモモンダイナイ!!」キシャ~

京太郎「やっべぇ!逃げるぞ、淡!」ギュッ

淡「あわっ!?ま、待ってよ、キョータロー!」ギュッ

照「ハカイシツクシテヤル~!」



京太郎(俺はもう、掴んだこの手を決して離さない…!)

京太郎「…なんてカッコつけてるバヤイじゃね~!!」

淡「あはっ!でも、こんなドタバタも楽しいねっ♪」

京太郎「ははっ!確かにな!」

モイッコ、カン!