憧「……あ、きょうたろ」

京太郎「お前…なんでここにいるんだよ!?」

憧「きちゃった」

京太郎「来ちゃったってお前…」

憧「京太郎に会いたくて…」

憧「迷惑、だったかな……」

京太郎「………そうだな」

憧「えっ……」

京太郎「お前が来る前に俺が帰ってたらどうするんだ。電話でもメールでも、来るなら一言声かけろよ」

憧「だって…」

京太郎「だって?」

憧「断られるかもって――」グスッ

京太郎「~~ッ、あーもう!とにかく行くぞ!」グイッ

憧「あっ…」

京太郎「…………」

憧「………」

京太郎「昨日はさ…」

憧「…うん」

京太郎「その…ごめん」

憧「……うん」

京太郎「俺はそんなつもりじゃなかったんだけど、憧から見たらデートだよな」

京太郎「ごめんな、憧に嫌な思いさせた」

憧「いいよ、もう」グスン

京太郎「泣くなって」

憧「だって……京太郎に捨てられちゃったって思った…」

京太郎「そんなことあるわけないだろ。ただ――」

憧「…?」

京太郎「寂しくて…初瀬に甘えた」

憧「ッ…!あたしだって寂しかった!」

京太郎「わかってる、ごめんな。もうしない。憧を悲しませることは絶対にしない。約束する」

憧「…うん、約束」



京太郎「初瀬とも一度きちんと話をしないとなぁ」ハァ

憧「あたしもしなきゃ、いけないよね」ハァ

憧「それにしても、こうやって一緒に帰るの久しぶりね」

京太郎「ちょっと前までは毎日だったのになぁ」

憧「ねぇ…」

京太郎「ん?」

憧「また、こういう風に来てもいい?」

京太郎「ダメです。」

憧「えぇ!?なんで!??」

京太郎「お前今日部活は?」

憧「そ、それは」

京太郎「サボったんだろ」

憧「だってぇ…」

京太郎「そんなんじゃインハイなんて行けねーぞ。なんのために阿知賀に……っと、悪い。これは言わない約束だった」

憧「………」

京太郎「とにかくだ、部活はちゃんと行け」

憧「うん…」


京太郎「代わりにこれからは俺が行くよ」

憧「え?」

京太郎「俺が阿知賀まで憧を迎えに行く」

憧「えっ、でも」

京太郎「なんだ嬉しくないのかー?」

憧「嬉しいわよ!嬉しいけど……京太郎、めんどうじゃない…?」

京太郎「はぁ~…このお馬鹿」

憧「なによ!?」

京太郎「あのな…さっきも言ったろ。俺も寂しいの、俺だって憧に会いたいの」

京太郎「だから、面倒なんてことあるわけないの。それにお前が晩成まで来る方がよっぽど面倒だろ、地理的に」

憧「きょうたろお~」ズビー

京太郎「なんでまた泣いてんの!?」

憧「だってぇあたしうれしぃ」ズバー

京太郎「ったく、しょうがないな……憧、ちょっとこっち来い」

憧「ふぇ?」

ギューーッ

憧「ふぁぁ……」

京太郎「落ち着きましたか、お姫様?」ボソッ

憧「…もう少しだけこのままがいい」

京太郎「仰せのままに」


カンッ