違和感

咲「京ちゃん、京ちゃん」

京太郎「お?どうした咲?」

咲「ちょっとここらへんに違和感を感じるんだけど、見てくれない…かな……」

京太郎「ここっ…て、さ、咲…誘ってるのか…」

咲「ぅうう…そんなわけじゃないよー」

京太郎「……」

咲「きょ、京ちゃん…はやっ…く…ぅ…違和感が大きくなっていってるよー」

京太郎「わ、わかった。わかったからそんなに焦るなって…」

咲「は、はやくー」



グチャー

咲「あっ…あっっ…きょ、京ちゃん、そ、そんなに…ああっ……かき回さないで…」

京太郎「すまん、咲。もう我慢できない…」




咲「もう京ちゃんのせいであそこに違和感を覚えちゃったよー…////」


カンッ