京太郎3年で

ガチャ

姫子「おはよう、ございま~す…って、あい?」

京太郎「おはよう、姫子、元気なのは良いけど哩が寝てるから静かに頼むな」

哩「…くぅzzz~…」京太郎に膝枕されている

姫子「あらら、部長寝とっと?」

京太郎「昨日あんまり寝れなかったらしくてな」ナデナデ

姫子「むぅ…うらやましか…」

哩「むにゃzzz…」

京太郎「最近気温が安定しないから疲れているんだろうな、起こさないでくれよ?」

姫子「しょうがなか、今日は許すと」

哩「むにゃ…きょ~たろぉ…」


~哩の夢の中~

きょうたろう「えっと須賀京太郎って言います長野から来ました、よろしくお願いします」

まいる「…」

始めはただの転校生やった…

きょうたろう「えっと白水さん、よろしくな」

まいる「う、うん」

私は子供の頃なしか男の子が苦手やったから、京太郎からも最初は避けようとしよった…

きょうたろう「白水さん、一緒に帰ろうぜ」

まいる「…私と?」

京太郎はそいでもウチに話しかけてくれた…そいけん男の子じゃ最初の友達…

きょうたろう「えっ哩、麻雀するの?俺もじいちゃんに教わってるんだ今度打とうぜ!」

まいる「うん良か」

そいから、一緒に麻雀ば打つごとなってからとやなかやろうか、京太郎が気になる存在になってきたのは…

きょうたろう「ほら、哩、外に遊びに行こうぜ」手を握り

哩「う、うん!//」

あぁ私は彼に、京太郎に恋ばしとる


哩「うぅ…ありゃ私寝取ったと?」

京太郎「おはよう、哩」

哩「ひゃ…きょ、京太郎//」

京太郎「疲れがたまっていたようだしまだ寝ててもいいんだぞ?」

哩「ふふ、ちかっと良い夢ば見たからもう大丈夫ばい」スクッ

京太郎「良い夢?」

哩「私と京太郎が出会った頃の夢ばい」

京太郎「そっか、じゃあさっそく俺と打つか?」

哩「今日は負けなか、京太郎、覚悟しんしゃい」

京太郎「応、じゃあ俺も本気で行くぞ」

哩「そいぎ京太郎は対面で座ってね」

京太郎「いいけどさ、なんでいつも対面なんだ?」

哩「(私が一番好きな京太郎は麻雀ば打っている時の顔そいけん…でもそれはまだ内緒…)」

哩「ふふ内緒ばい!京太郎」

カンッ