京太郎「悪いな春、買い物につきあわせちまって」

春「気にしない…良子姉さんの誕生日だから」

京太郎「そっか、お前も欲しいものがあったら言えよ?
明日だってのに今日までプレゼント用意してなかった俺と一緒に店を回ってくれたお礼だ」

春「(京太郎と過ごせただけでも充分すぎるけど)

……そう、ならちょっと家に来て手伝って欲しいことがある」

京太郎「?バースデーケーキか?」

春「近い、かな……私からのプレゼント、一人では作れないものだから」

京太郎「おっ、そうか!わかった、手伝わせてもらうよ!」

春「じゃあ、行こ…」



……

初美「お誕生日おめでとうなのですよー!」

小蒔「おめでとうございます!」

霞「おめでとうございます」

巴「おめでとうございます」

良子「みんなありがとうございます………あの、春と…その」

霞「京太郎君ですか?
確か春ちゃんが一緒にサプライズを用意していると……」

初美「言っちゃったらサプライズじゃないですよー?」

霞「あ、あらあら私としたことが」

良子「ふふふ…ドントウォーリー、構いませんよ」

巴「あ、あのー…いまこのDVDが届けられたんですけど」

小蒔「宛名は……春からみたいですね」

初美「うーん、これがサプライズなんでしょうか?とりあえず再生しますよー」

……

春『あー、あー、良子姉さん…お誕生日おめでとう
いまから面白いものを見せてあげるから………きゃっ』

京太郎『ハァッ、ハァッ、は、春!春!春ー!!』

春『あんっ…こら、京太郎……がっつきすぎ……ふぁっ』

……

良子「な、なに…これ…!」

霞「……はっちゃん、姫様を別室へ」

初美「…」

小蒔「えっ?えっ?何が起こったんですか?あ、あの…」

巴「嘘……京太郎君が春と…!」

……

春『あはっ、んっ、京太郎っ、んんっ、ちょっと痛い…』

京太郎『春っ!春っ!ハァッ、ハァッ、ハァッ!』

春『良子っんんっ、姉さっ、はぁんっ、みんなと一緒にっ、
見てるとっ、んんっ、あっ、気持ちいいよ京太郎っ、んっ…
ちょっと、待ってて京太郎……

はぁ、はぁ…みんなと一緒にこれ見てると思うけど、見ての通り…
京太郎がとつぜん私に襲い掛かってきた…
ちょっと、お茶とお茶請けに出した黒糖に盛りはしたけど…

こんなに効果あるなんて……京太郎、前から私のこと狙ってたと思う…

良子姉さん、京太郎のこと気に入ってたけど、
これが彼の本性…姉さんには危険すぎるから、私が引き取る…

これが親族としての私からのプレゼント……

もういいよ、京太郎…おいで……

あぁっ、あんっ、あぁっ、京太郎!好きっ!大好き!
キスっ、キスしてっ、キス!んっ、んんーっ、ちゅっ…』

……

良子「あは…あははは……」ポロ…ポロ…

霞「良子さんっ…!」

巴「だ、大丈夫っ!?」


良子「嘘だぁ……京太郎が、こんな……春にまたがって……あははは……

嘘…うそ……京太郎が……京太郎がとられちゃった……京太郎……

京太郎がぁぁぁ………あはは……あーっはっはっはっはっはははは……」ポロポロ…


巴「………っ!!」

霞「…なんて、こと…」

…………


春「京太郎、起きた?」

京太郎「ん…春…?ここは、電車………

!!はっ、春!!?」ガバッ

春「うん、私」

京太郎「おっ、俺はっ、俺はなんて……なんてことを……!!」

春「京太郎……大丈夫、大丈夫だから、ね?」ナデナデ

京太郎「うあっ、うあぁ…うぁぁぁ……!!」

春「大丈夫だよ京太郎…
間違いを犯したらやり直せばいい……

私も一緒だから……
二人で一からやり直そう…?ね…?

私がそばにいて守ってあげるから……


そう、



ずっとね」


カンッ