京太郎「しっかしなぁ…」

数絵「何よ?」モキュモキュ

京太郎「いや、お前もこういうハンバーガーとか食うのなって思ってな」

数絵「いけないかしら」

京太郎「いんや別に。ただ、爺さんはこういうの嫌いそうだし食ったことないんじゃねえかと勝手に思ってた」

数絵「むしろおじい様はこういう食事の方が好みらしいわ。まったく…手料理の方が栄養価は高いというのに…」チュー

京太郎「そういうのじゃ判断できない何かがあるんだろうさ。ほら、若者気分みたいな?」

数絵「そういうものかしら…あら、飲み物が…」

京太郎「足りなくなったか。ほれ、俺のやるよ」ヒョイ

数絵「…ありがと」チュー

数絵「…ふぅ、助かったわ」

京太郎「飲み物は計画的に食わないとどうしても足りなくなっちまうからなー。食い慣れてないならさもありなんって奴だ」

数絵「ふぅん…奥が深いのね」

京太郎「うむ、ふぁすとふう道は奥が深いのぢゃよ…」

数絵「アホらし…」

京太郎「ノリ悪っ」

数絵「知ったこっちゃ無いわよそんなもの」

京太郎「おいおい…そんなんじゃ友達できねーぞー?」

数絵「…」ピタッ

京太郎「…え?」

数絵「…」

京太郎「マジ?」

数絵「…」プルプルプル

京太郎「…ごめんなさいでした」

数絵「嘘よ」サラリ

京太郎「心臓に悪い嘘は止めてくれ…」

数絵「お断りするわ」

京太郎「駅前の店のパフェ」

数絵「善処するわ」

京太郎「つかないという選択肢は?」

数絵「ないわ」

京太郎「ですよねー」

数絵「ふふふっ…あら、そろそろ良い時間ね。出ましょうか」ガタッ

京太郎「ほいよ。…ん?俺のジュース結構残ってなかったか?」

数絵「全部頂いたわ」スタスタ

京太郎「酷くね!?セーブしながら飲んでたのに!」

数絵「あら、ごめんなさい。あとで鯛焼きおごってあげるから許してちょうだい」

京太郎「さらに喉が渇くフラグじゃねーか!」

数絵「冗談よ。これと同じ物で良いわよね?」

京太郎「あぁ、頼む。んじゃこれは俺が片づけとくよ」

数絵「ありがと」スタスタ

京太郎「おう」スタスタ

………

数絵「…はぁ」

数絵「…間接キスが恥ずかしいから全部飲んだ、なんて言えるわけ無いわよねぇ?」

カンッ


間接キスだったことに気がついて恥ずかしかったのか
自分のが相手の口に触れることが恥ずかしかったのかは当人のみぞ…