全国大会会場

シロ「・・・」

シロ(ダルい・・・眠い・・・)

シロ(あそこのベンチ・・・いい感じで寝れそう・・・)

シロ(おやすみ・・・)



京太郎「あのー・・・こんな所で寝てると危ないですよ」

シロ「・・・」

シロ「誰・・・」

京太郎「あ、俺は清澄高校一年麻雀部の須賀京太郎です」

シロ「・・・」

シロ「ダルい・・・」

シロ「ねえ京太郎・・・」

京太郎「どうしました?」

シロ「おんぶして・・・控え室まで」

京太郎「えっ!?いやいや!」

シロ「ダルくて動けない・・・」

京太郎「なんとか自力で帰るっていうのは」

シロ「無理」

京太郎「ですよね・・・」

京太郎(このだらけ具合だしなぁ・・・)

シロ「・・・」

京太郎「・・・」

シロ「・・・」

京太郎「・・・分かりました・・・流石に放っておけないですし」

シロ「ありがと・・・私、宮守女子三年の小瀬川白望・・・」

京太郎「改めてよろしくお願いします・・・よっと・・・はい。乗って下さい」

シロ「うん・・・」ダキッ

京太郎(こ、これはなかなかの感触・・・!)

シロ「控え室・・・あっち」

京太郎「は、はい!分かりました!」

シロ「どうかした・・・?なんか焦ってる・・・?」

京太郎「いえ!何でもありません!」

シロ「・・・?」

シロ「・・まあいいか」

京太郎(気付かれなかったか・・・危なかった・・・)

京太郎「そ、それじゃ行きますね」

シロ「ごー・・・」

京太郎「え~っと宮守・・・宮守・・・」

京太郎「あ、控え室ここですね」

シロ「うん」

京太郎「部員の人中に居ますか?」

シロ「うん・・・誰かしらいると思う」

京太郎「分かりました。すいませーん」コンコン

ガチャ

胡桃「シロ?どこ行って・・・た・・・の」

シロ「ちょっと寝てた」

京太郎「ど、どうも・・・」

胡桃「・・・」

バタン

サエー!シロガオトコノコツレテキター!
ウソッ!?イヤイヤアリエナイッテ!

京太郎「・・・なんかスゲー騒ぎになってますけど」

シロ「説明ダルい」

京太郎「・・・取り敢えず入りましょうか・・・」

シロ「うん」

ガチャ

京太郎「失礼しまーす」

塞「うわっ!ほんとだった!しかもおんぶしてるし!」
胡桃「嘘ついてないって!」

塞「ご、ごめん。で、どちら様ですか?シロとどういう関係?」

京太郎「俺は清澄高校一年麻雀部の須賀京太郎です」

塞「清澄って・・・」

胡桃「勝ち進めば二回戦で当たるとこ・・・だよねー」

京太郎「んで小瀬川さんとは・・・え~っと」

シロ「運んでもらった」

塞「え・・・怪我とかしたの?」

シロ「寝起きでダルかっただけ」

京太郎「あのまま放っておくのも危ないですし」

塞「すいませんご迷惑を・・・私は臼沢塞です」

胡桃「私は鹿倉胡桃!よろしくね!」

京太郎「よろしくお願いします」

シロ「二人は・・・?」

塞「トイレ行くついでに売店行ってくるって」

塞「あ、須賀君。シロはそこら辺の椅子にでも置いといて。ついでに須賀君も座って。飲み物入れるから」

京太郎「あ、どうもすいません」

シロ「私お茶で」

塞「シロは自分でやりなさい」

シロ「ダルい・・・」

京太郎「あのー・・・鹿倉さん」ヒソヒソ

胡桃「ん?」

胡桃「それよりさ、京太郎って麻雀打てるよね?」

京太郎「まあ麻雀部ですし」

胡桃「じゃあさ!今から麻雀打とっか!」

塞「え、今から!?」

シロ「ダル・・・」

京太郎「ま、麻雀っすか!?」

胡桃「清澄の男子ってどのくらいレベルかとおもってさー」

京太郎(これって俺が負ければ清澄舐められまくるんじゃ・・・)

京太郎(いや・・・それどころか長野のレベルがとんでもなく下がってると思われたりして・・・)

京太郎(よし、逃げよう)

京太郎「いや~残念ですけどこれから用事が、あ!もう行かなきゃ!」

胡桃「逃がさない!」ガシッ

京太郎「うおっ!いきなりしがみつかないで下さいって!」

塞「まあ・・・嘘はバレバレだったね。目線泳いでたし」

シロ「うん」

胡桃「早く打とっ!」

京太郎「いやっ!ちょっと!離してくださ」

ガチャ

エイスリン「タダイマ・・・」

エイスリン「!?」

京太郎「・・・」←胡桃にしがみつかれてる

胡桃「・・・」←京太郎の足にしがみついてる

エイスリン「・・・」

バタン

トヨネ-!クルミガ!クルミガオトナノカイダンヲ!
ナニナニ!?ドーシタノエイスリンサン?

京太郎「・・・なんかまた勘違いされてるよーな・・・」

胡桃「恥ずかしい・・・」

塞「取り敢えず説明するか・・・麻雀はその後で」

京太郎(なんとか逃げないと・・・でも逃げ切れるかこれ・・・?)

一旦終わり

名前:
コメント: