京太郎「膝枕……ですか?」

塞「そう、なんだけど……だめ……かな?」

京太郎「駄目ってことはないですけど……どうしてまたいきなり?」

塞「えっ!?あ、あはは……ちょ、ちょっとね……」

京太郎「なんかあやしいですね……まぁいいか、で?俺が膝枕すればいいんですか?」

塞「ふえっ!?あ、ああ!えーっとね……先に京太郎が寝転がってて。私が頭を膝に乗せるから」

京太郎「……なんか変ですけど…それじゃ、失礼して」ゴロン

塞「じゃ、じゃあ……行くよ……?」ポフン

京太郎「………え?………………ええええええ!?!?」

塞「ど、どうかな……?気持ちいい…?…京太郎…?///」

京太郎(あ、ありのまま今起こったことを話すぜ……!膝枕をしてもらったと思ったら、頭を塞さんの股座に置かれていた……。なにを言っているのか分からねーが俺もわからねー……。)

京太郎(膝枕だとか腕枕だとかそんなチャチなもんじゃ断じて無い。もっと恥ずかしいものの片鱗を味わったぜ……)

京太郎「って、そんなこと考えてる場合じゃなかった!すぐ退かないと……」

塞「んんっ……そ、そんなに激しく動くと……ぁんっ……!」ビクンッ!

京太郎「す、すみません……じゃなくて!は、早く俺の頭を解放してくださいよ!」グイグイッ

塞「はぁ……んっ……ちょ…ちょっと……まっ……ひぐぅっ……」ビビクンッ!

京太郎(……なにも考えるな……無心無心…首筋が何故か分からない液体で湿ってきてるけど無心だ……無心無心無心無心無心無心無心無心無心無心無心無心無心)

塞「きょ……ハァハァ……きょー……たろー…………?」

京太郎(エロい、蕩けきった顔……少し虚ろで焦点の合わない目、半分くらい開いて舌がだらしなく顔を除かせている口……すべてがエロい……)

塞「……京太郎なら……いいよ…………?」

京太郎(あ……理性がががが…………)

京太郎「……塞さんが悪いんですからね?こんなことして俺の事を誘って……」クルッ

塞「あっ……そ……そこはだめぇ……」

京太郎「駄目っていうわりにはここはこんなに……」


☆☆
☆☆☆

ここからはワカメによってキンクリされました。
決して☆だから淡ちゃんではありません。

カンッ!