腕枕・阿知賀編

龍門渕家に呼ばれた京太郎


ハギヨシ「京太郎君の腕枕は心地が良いらしいですね」

京太郎「」

ハギヨシ「ん、どうしました?顔が青ざめてますが」

京太郎「あ、いや、いくら師匠とはいえ男に腕枕は・・・」

ハギヨシ「ふふふ、別に私にしてくれとは言っていませんよ。そのような評判を耳にしましてね」

京太郎(国広さんから伝わったのか…?)

ハギヨシ「まあ、それは置いておきまして・・・奈良からお客様です」キィ

京太郎「え、奈良って…」

穏乃「京太郎久しぶりー!」

玄「奈良から見参致したよ!」

京太郎「あ、阿知賀の皆さん!」



京太郎「ハギヨシさんにまさかこんな連絡網があったとは思わなかったな・・・」

ハギヨシ「前の練習試合で少し。学校間交流は大事ですから」

灼「ご厚意で待ち合わせ場所にさせて貰った・・・」

憧「長野案内を今日オフの京太郎にしてもらいたくって」

宥「ごめんね、呼び出したりなんかして・・・」

京太郎「いや、別にいいすよ。暇だったし」

もう少し龍門渕でくつろぐことにした一同


灼「須賀君」

京太郎「ん、どうしました?」

灼「腕枕に定評があるって聞いたんだけど…」

京太郎「うん、まず誰から聞いたか教えてください」

灼「[ハギヨシさん→ハルちゃん→自分]だけど」

京太郎(噂って、こうやって伝わるんだろうか・・・)

灼「私もやってみたくて・・・だめ?」

京太郎「ダメじゃないすけど…そんな気持ちのいいもんでもないっすよ?よいしょ」

灼「ん…失礼します」


京灼「・・・」

京太郎「・・・どうでしょう」

灼「わ、悪くない」

京太郎(なんで皆、男なんかの腕枕を嫌がらないんだ・・・)

灼(よ、横向いたらすぐ須賀君が・・・恥ずかしいから上向いてよ・・・)

京太郎(軽いなー鷺森さん。今までで一番軽いかも・・・)

灼(重くないかな…よし、十分堪能したしそろそろどいて・・・)

京太郎(う、あ、ヤバい!く、くしゃみが出そうだ!)

灼「須賀君、もう・・・」

京太郎『へっくしょん!!!!』

灼「きゃっ!!??」コロンッ

京太郎「やばっ、反動で体が動いて・・・はう!?」

灼「///」

京太郎「す、すみません!だ、抱き寄せるつもりはなくて・・・げっ!」

憧「何してんの京太郎、灼さん・・・」

玄「ふ、二人でこっそり逢引なんて、ふ、不埒だよ///!!」

京太郎「ち、違うんだ!抱きしめるつもりはなくて、ただ腕枕してただけで・・・」

憧「腕枕ァ!?」ギロッ

京太郎「だぁー!本当だけど違う!!新子さん恐い!!」

灼「すすs、須賀君にだだ、抱きし、抱きしめ」

玄「灼ちゃん、違うよね!二人はそんな仲じゃないよね!」

灼「う、うん、腕枕ってスゴイ・・・///」トローン

玄「す、すごいって何!?どんな腕枕(意味深)してたの!?」

憧「ギルティ・・・!」ギリッ

京太郎「ダメだもう!何言ったって収集なんかつくか!!」


宥「いいなぁ…腕枕」

穏乃「宥さん!?」


カン