怜「むぅ~~」

竜華「怜、もういい加減部活はじめようや」

セーラ「そうやで、不貞腐れても京太郎は今日は来いへんで」

浩子「(なぜか男一人で姫松まで行って来いっていうおばちゃんのお願いやからなぁ)

泉「(主権乱用っていうか…命令ですよねあれは…)」

竜華「寂しいんのはわかるけど、ちゃんと部活しないと京太郎も怒るで多分」

怜「みんな解ってないんや!」

泉「どういうことですか?」

怜「京太郎はどうせ姫松でべっぴんさんの女の子を引っかけてくるんや」

セーラ「え~京太郎そんな奴やないで」

怜「うちは捨てられてしまうんや~」オヨヨ

浩子「それこそありえないですよ、京太郎さんなら」

怜「でも、京太郎ってかっこいいし」

竜華「はぁ…アホなこと言ってないではよやるで」グイッ

怜「あ、ちょっいまち、ウチ病弱やし」


京太郎「へっくち…うぅ風邪か?」

洋榎「なんや?ダメやで~季節の変わり目は身体壊しやすいんやから」

京太郎「おうわかってるよ…」

恭子「いや~しかし今日はほんま勉強になったわ~」

京太郎「そうか?そう言ってくれると来たかいがあったもんだよ」

由子「ふふ、でも本当に男1人で来たのはびっくりしたのよー」

京太郎「あぁ…監督には逆らえなくてな…」遠い目

洋榎「あぁオカン…こわいもんなぁ」

京太郎「ま、俺も勉強になったよやっぱ色んな人と打つのが一番いいな」

恭子「京太郎ってなんか打つごとのつよぉなっとんな、どうなってんや?」

京太郎「あぁ単純に対局中に癖とか思考のデータとかとってんだよ」

由子「対局中に?それってすっごいことなのよー」

京太郎「俺が勝つためにはしっかり読みきらないと勝てないからな」

洋榎「勝つための執念って奴やな、好きやでそうゆうの」

恭子「わかるで、私もそういう風に打ちたいもんやな」

京太郎「はは、ありがとうな」

ワイワイ


絹恵「(ねぇ漫ちゃん…あれって)」

漫「(あぁ間違いない…獲物(男)を狙う獣の姿や…)」

絹恵「(うちらの部活、男っ気が無いかんな…)」

絹漫「…はぁ…」


怜「ピッキーン!言葉が走った!なんか嫌な予感がするで」

竜華「またかいな…ええ加減京太郎離れせんと」

セーラ「せやせや」

怜「ウチが京太郎離れしたら近くの狼が狙ってそうな気がするんやけど?」

竜セ「…ソンナコトナイヨ」目そらし

怜「…」ジー

竜華「は、はよツモってや怜、止まってるで」アッセアッセ

セーラ「そうやで、怜」アッセアッセ

怜「はぁ…はよ帰ってこ~い京太郎」

かんっ