かちり。かちり。

何かの針が進む音がする。

それはきっと――残りの命の音。

勝負に負けた、代償。

「京太郎……」

かちり。かちり。

嫌になるくらいに鳴り響くタイムリミット。

彼女の顔を見れない。声を聞けない。

何もかもが、全部……自分のせいだから。

勝てば、救えたのに。

「ねぇ、京太郎」

「……何ですか。恨み言なら、幾らでも受け止めます」

ようやく出た声はひどく乾いていて。

安心させる為に、無理矢理作った笑顔は今にも泣きそうで。

「……ごめんなさい。辛いものを背負わせちゃって」

「……っ!俺のせいで!俺が勝てなかったから!」

「違いますよ、京太郎。私が悪いんですよー、私が変な癇癪を起こしていなければきっと……」

「そんなこと……!」

「あるんですよー。ね、京太郎」

最後に俺に向けた表情は、可憐で、儚くて。

涙で滲んだ視界が最後だけクリアになった。

「私、京太郎のことが」

紡がれない。言葉は、もう紡がれない。

ぼんっと、軽い音を立てて――彼女の首に巻かれていた鉄の輪っかが、破裂したのだから。

ころころと転がってくる彼女の残片が俺を見る。

――殺した。殺した。殺した。

「あ……」

――殺した。殺した。殺した。殺した。殺した。殺した。

――殺した。殺した。殺した。殺した。殺した。殺した。

――殺した。殺した。殺した。殺した。殺した。殺した。

「あ、あ」

その目、誰の目?はい、それは――はっちゃんの目です。

見るな、見ないでくれ。それ以上、俺を見ないでくれ。

「は、はっちゃん……?」

脳みそが飛び散ってぐしゃぐしゃになった彼女の頭を抱えて。

服勝ちで汚れるの気にせずに、叫び散らすのだ。

助けてください、と。

――だぁれも助けてくれないに決まってることを認めずに。

飛び散った脳みそを必死に掻き集めて。

手の爪に血肉が挟まったものなら一心不乱に取り出して。

集めても。集めても。

ただの肉と脳みそにしかなり得ないのに。

「は、はは」

肉。血。脳みそ。赤のサンドイッチの出来上がり。

あはは、おっもしれー。こんなにも集めても――生き返らないってよ。

「あひゃひゃひゃひゃっははははは、ゲホッ、あははははははっ!」

肉をグチュグチュと混ぜ合わせても。

潰れた眼球を無理矢理押し込んでも。

もとに戻らないんだぜ?

笑うしかねーじゃん、元の材料があるのにさぁ!

「ふひゃっ、ふぇへはははははははははっ!」

おかしいじゃん、全部集めたんだぜ?

パーツも元の場所に戻したんだぜ?

じゃあ、何で生き返らねえんだよ?

どうして、彼女は俺に笑いかけてくれないんだよ?

おいおいおいおい、何でだよ。

ああ、そっか。

まだ、材料が足りねえんだな?

だから、はっちゃんは生き返らないんだな?

そっかそっか、問題は解決だ。

「だったら、他の奴等を集めて合わせちまえばいいんじゃね?」

やっべぇ、俺って天才じゃね?こんなにも冴えた案はねーよ。

あれぇ?それじゃあ他の奴等死んじゃうんじゃね?

ま、大丈夫か。それだったら、またいっぱい集めればいいだけだし。

「待っててください、もう一度会えますから」

今は会えないけれど。きっと、また会えますから。

だから、生き返ったら。もし、俺がその時まで貴方のそばにいられたら。

最後まで紡がれなかった言葉の続き、聞かせてくれますか?

「京太郎っ」

ああ、いいところに来てくれましたね、良子さん。

どうしたんですか、そんな怪訝な顔をして。

「お前……」

すいません。驚かせてしまいましたね。

でも、ご心配なく。俺は全然普通ですよ!

ああ、そうそう。良子さん、いきなりですいませんけど、お願いがあるんですよ。

「ひっ……」

全く、怖がることはないのに。俺はただ、はっちゃんをもとに戻したいだけなのに。

その過程で良子さんを一旦バラすかもしれないけど、すぐに元通りにしますよ。

あっはっは。怖がりだなあ、良子さんは。

さーてと。それじゃ、良子さん。

「一旦バラさせてもらいますね」





【PureLoveEnd】