京太郎「霞さん……」

霞「あら、何かしら」

京太郎「よし、寝ようとおもって電気を消しました」

霞「うんうん」

京太郎「そしたら、なぜか布団の中に霞さんがいました」

霞「仕方ないわね」

京太郎「仕方無くないですよ!ど・う・し・て!ここにいるんですか!!」

霞「何って、夜這い?」

京太郎「首を傾げても駄目ですよ!わかったなら、さっさと帰って下さい!」

霞「帰ったら夜這いの意味がなくなるじゃない。それに……」サワッ

京太郎「うっ」

霞「ここは正直ねー。ねえ、京くん……気持ちいいこと、したくない?」

京太郎「だめですってば!まだ、そういう関係でもないのに!」

霞「なら、今からなっちゃえばいいのよ。それに、既成事実ってあるのよ?」シュルッ

京太郎「ちょっ!」

霞「ふふっ、ガチガチにしちゃって……」

霞「まさか、期待していた?」

京太郎「そんなこと……!」

霞「でも、ここは正直なのよね……んむっ」

霞「ふふっ、もう大きくなり始めた……」

霞「ちゅる……じゅぱっ……ねえ、京くん、これでも……私を追い出す?」

霞「京くんがいいっていうなら、最後まで……するわよ?」

京太郎「ううっ……駄目だ駄目だああああ!」

霞「きゃっ!」

京太郎「俺は流されない男!そんな誘惑には乗りませんよ!」

霞「はむっ」

京太郎「おほうっ!」

霞「はいはい、正直になりましょうね~」

霞「京くんがいいって言うまでは最後までイカせてあげないから」

霞「じゅぽ……じゅるっ……」

京太郎「だ、め……ですよ!負けません!」

霞「むぅ……これでも駄目なら仕方ないわね」

霞「もっと、すごいこと……得意分野、行きましょうか」

霞「覚悟しててね、京くん?」








カン!