春「ねえ、京」

京太郎「なんだよ」

春「後悔してない?」

京太郎「何がさ。生憎とそんなもんはねーけど」

春「私と駆け落ち同然に鹿児島を出てきたことだよ」

京太郎「ああ?何言ってるんだ、皆祝福してくれたじゃねーか」

春「だけど……私、色々とめんどくさい女だよ?」

春「私は京を縛り付けているかもって」

京太郎「……バーカ」デコピンッ

春「いたっ」

京太郎「何アホなこと言ってるんだ」

春「あ、あほはないと思う。これでも、黒糖が食べれなくなるくらい悩んだ」

京太郎「そこまでかよ……」

京太郎「いいか、これだけは言っておくぞ」

京太郎「俺ははるるを好きになったことを後悔なんてしてない」

京太郎「縛り付ける?残念だったな、はるるに縛られるなら本望だ」

京太郎「逆に、縛り付ける勢いでいくぜ?もう、絶対にお前を離さないぞ」ギュッ

春「きょ、京……」

京太郎「はい、論破。めんどくさくても、いいさ。お前への愛は変わらない」

春「うん……私も。京が好き。この気持ちは何があっても変わらないから」

京太郎「今は俺達二人しかいないけど。それでも、俺は満足だから」

春「私も。京がいればいい、だから……いなくならないでね?」

京太郎「ああ、そっちこそ。いなくなったら誰がはるるの面倒を見るんだよ」

春「そうだよね……ふふっ」

京太郎「何笑ってるんだよ、恥ずかしいじゃねえか」

春「何でもないよ。ねえ、京……」

京太郎「今度は何だ」

春「キス、して欲しい」

京太郎「それぐらいならいつでもしてやるさ」チュッ

春「んっ…………ねえ、京」

京太郎「何だよ」

春「私、幸せだよ。とてもっ」






カン!