霞「……え」

京太郎「……あ」

京霞「「あああああああああっ!」」

霞(キス、しちゃった)

霞「事故とはいっても……。ファーストキス、京くんに奪われちゃった)

霞(あわわわわっっ!ど、どうしましょう!)

霞(これは事故だしノーカン!ノーカン!)

霞(初めてはもっとロマンチックに決めたいのにっ!)

霞(何もこんな事故で決めちゃうのはあんまりよ……)グスッ

京太郎(ど、どうしよう)

京太郎(事故って言い訳はできるけど霞さんとキスしてしまったぞ……)

京太郎(つーか、よく考えると裸で抱きあうって俺の息子がやばいんだけどっ!)

京太郎(駄目だ駄目だ!流されちゃ駄目だっ!男、須賀京太郎!雰囲気に流されちゃあいけねえ!)

京太郎(とりあえず、のしかかられてるからどかさないと……)ムニュ

霞「ひゃあっ!?」

京太郎(オパーーーイ!!!!お腹に柔らかい二つのおもちがああああ!!!)

京太郎(あ、これだめだわ。息子さん起立しちゃった)ヨンダ?

京太郎(呼んでねえよ!でも、もう無理だ……さすがに裸の霞さんに抱きつかれてキスされたらそりゃあ息子も立つわ!)

霞「あ……」

京太郎(ほらーーーー!何かゴミ虫を見ている目で見られてるー!俺終わったよ、ここでの仕事終わったよ!)

霞「きょ、京くん……?」

京太郎「はい、すいませんでした!すぐ出ていくんで睾丸を潰すのだけは勘弁を!」ドゲザー


京太郎「ひいっ!」

霞「そこまで怯えなくてもいいじゃない……」グスグス

京太郎「いや、何故か霞さんはそういうイメージがあるんで」

霞「もう……裸を見られたのよ?お嫁にいけないわ」

京太郎「ええっ、そんな!?」

霞「だからね、京くん……責任、とってくれる?」

京太郎「ちょ、ちょっ待って下さい!ああ、今近寄られると!」

霞「いいわ、もう既成事実を作るもん」ダキーッ

霞「そのままじっとしててね……すぐに楽にしてあげるから」

京太郎(お、俺の息子がーーーーーーーーっ!)