霞「京太郎ー」ダキッ

京太郎「うわっ、どうしたんですか……霞さん?」

霞「ふっふっふ……実は私、はっちゃんなのですよー」

京太郎「なにいってだ、こいつ」

霞「敬語が抜けてますよ!?」

京太郎「まあ、それはいいとして……何で身体が入れ替わったんです?」

霞「かくかくじかじかですよー」

京太郎「ああ、そういうことですか」

霞「私の夢であるナイスバディな肉体が今この手に!これを楽しまずに何を楽しめって言うんですかー」

霞「ねー京太郎ー」

霞「これで、私のこともちゃんと見てくれますかー?」ズイッ

京太郎「えっ?」

霞「京太郎は言ってましたねー。ロリには興味が無いって」

霞「今の私は……ロリじゃないですよ?」

京太郎「……」

霞「京太郎は私に興奮してくれちゃってますかー?」シュルッ

京太郎「ちょ、薄墨さん!?」

霞「これで……「ちょーっと待ったーーーー!」……はうっ」

京太郎「あ、貴方は!?」

初美「京くんは私のものよ!」ロリーン

京太郎「薄……じゃなくて霞さんですよね?」

初美「そうよ、いつもニコニコあなたの隣に這いよる彼女、石戸霞です♪」

京太郎「いつ彼女になったんですか、もう……」

初美「私と京くんは前世から結ばれてるから問題無いわ」

京太郎「なぜだか知らないですけど今日はとばしてますね、霞さん」

初美「なぜかしらね~。はっちゃんの体だから?胸が薄いから?」

霞「それは関係ありませんよー!でも、今はこっちの方が有利!」

初美「あら、京くんは今日からロリが好きになったのよ。知らなかったの?」

霞「はっ。まっさかー。京太郎がそんな訳ないですよー」

京太郎「いや、ロリの方が好きになりました」

霞「……えっ?」

初美「やたっ」

京太郎「たまにはちっさいのもいいかなーって」

霞「そ、そんなっ……!」グスッ

初美「これでわかったでしょう?私の勝ちね、はっちゃん」

霞「まだ勝負はついていないですよー。京太郎はきっと巨乳好きに戻るはず!」

初美「そうしたら元の体に戻った時、はっちゃん涙目じゃないかしら?」

霞「うわーっ!そうでしたー!」

霞「うっ……せっかく早くおっきくなりたいな!って願った結果がこれだなんて」ナー

初美「時代は今日だけはロリなのよ、はっちゃん」

初美「という訳で京くんー!」ダキッ

京太郎「いきなり抱きつかないで下さいよー!暑いですから!」

初美「ロリに抱きつかれて嬉しいくせにー」ウリウリ

京太郎「この暑い中でやられても困るだけですよ……」

霞「……せっかくの大きな身体が意味を成さないなんてー!」

京太郎「きゃっは」

初美「うふふ」

霞「胸も大きくなって大人の女性を演じられるのにこの仕打ちはあんまりですよっ」

霞「こんな世界間違っているんですよー!うわーーーーーん!」


ガバッ

初美「はっ!夢でしたか……」

初美「……やっぱり胸元はペタペタですよー」

初美「京太郎……ロリコンにならないでしょうか」



カン!