【廊下】


京太郎「あっ」

初美「ひっ」

京太郎「その、おはようございます」

初美「……おはようですよー」

京太郎「……」

初美「……」

京太郎(気まずい……)

京太郎(昨日まではちゃんと喋れてたのに)

京太郎「……」

京太郎(何か喋れないと)

京太郎(でも、思いつかねぇーーー!)

京太郎(ああどうしようどうしよう!)

京太郎(前みたいな関係に戻るなんて無理だよなぁ……)

京太郎(うーん……)

京太郎「あのっ!」

初美「は、はい!」

京太郎「その、コレを見てください!」ババーン

初美「それは……」

タタタタッタタタタン

京太郎「タップダンスー!」

初美「…………」

京太郎「タップダンスーーーーー!」

タタタッタタンタタッタタタタン

初美「…………」

京太郎「………………」

京太郎(あれ、もしかして。やらかした?)

京太郎(この緊迫した空気を和ませる為にタップダンスをしたのに!?)

京太郎「……」

初美「……二度ネタはさすがにないと思いますよー」

京太郎「ダメでしたか?」

初美「ダメでしたねー」

初美「それに、すっごく下手くそですしねー」

京太郎「…………ううっ」

初美「でも、ちょっとすっきりしました」

京太郎「へ?」

初美「やっぱり、京太郎は京太郎なのですよー」

京太郎「それってどういう」

初美「ニブチン野郎だけど優しいってことですよー」クスクス

初美(まだ、吹っ切れそうにはないですねー、私)



【霞さんるーむ】

霞「それじゃあ」

「「「「「頂きます」」」」」

京太郎「さすが巴さん、料理もうまいっすね」

巴「ふふふ、もっと褒め称えてもいいんですよ?」

京太郎「それじゃあ、おかわりで」

巴「作った身としては嬉しいね」

霞「…………」

霞(最近、巴と京君が急接近してるわねぇ)

霞(なんというか……蚊帳の外にいる感じがするわ)

春「……」ングング

春「んまい」

霞(こっちはこっちでマイペースだし)

霞(はっちゃんはしょんぼりモードだし小蒔ちゃんは小蒔ちゃんだし)

霞(わかんないわ、もう)



京太郎「……美味しかった」

京太郎「さてと、どうすっかな」

京太郎「はっちゃんですよー!」

初美「……いきなりどうしたんですかー」

京太郎「何となくですが……言ってみたかったんです」

初美「何だか馬鹿にされてるような……」

京太郎「そんなことはございませんことよ」

初美「何ですか、その怪しい日本語!?」

京太郎「気のせいです」

初美「気のせいじゃないと思いますけど……」

京太郎「それよりも、仕事ですよ!」

初美「京太郎が変なことを言ったのが原因じゃないですかー……」

京太郎「細かいことは知ったことかあああああ!」

初美「何処の金剛番長ですかー!?」

京太郎「すごいですよね、気合だけで色々と乗り切っちゃうって」

初美「は、はぁ……」
京太郎「とりあえず、仕事しましょう」

初美「はいですよー」

キュッキュ

ゴシックゴシック

ピャーピャー

京太郎「……うーん、拭き掃除は奥が深い」

初美「そうですねー」

京太郎「……」

初美「…………」

京太郎(うーん、気まずい。ここは明るくなる話題を!)

京太郎「そういえば」

初美「はい?」

京太郎「その服装はなんとかならないんですか?」

初美「??」

京太郎「いや、そんなきょとんとしないでくださいよ」

初美「そう言われてもー」

京太郎「どう考えてもその服装はおかしいですよ!」

初美「えっ!?」

京太郎「驚くとこでもないですよ!!!」

初美「これでも普通だと思うんですけどー」

京太郎「その普通は普通じゃないです」

初美「むー!」

京太郎「目のやりどころに困るから勘弁して下さいよ……」

初美「きょ、京太郎のえっち」

京太郎「えっちじゃないです!とりあえず!ちゃんとした服装でいてください!
そうしたら俺も困らずに済むんで!」

初美「えー……」

初美「…………」ピコーン

初美「ふっふっふっ」

京太郎「何ですか、その意地が悪い笑みは」

初美「つまり、京太郎は目のやりどころが困って、私に欲情してしまうんですねー」クスリ

京太郎「…………」

初美「ふふ、沈黙は肯定とみなしますよー」

京太郎(や、やばい……これは意地の悪い笑み!)

初美「つまり、この服装のままでいるといつかは……」

京太郎(げっすーーーーい!ド直球なアターック!!!??)

初美「京太郎、既成事実ですよー?いつでも来てもいいんですよー?」

京太郎「お、女の子がそんな言葉を使っちゃいけません!」

初美「京太郎、ロリータイエスタッチですよー!」

京太郎「タッチしませんよ!」

初美「枯れてますねー」

京太郎(ヤバい……告白を断ったのにまだ諦めてないぞ……!)



京太郎「うう、ロリコンだったら即死だった」

京太郎「落ち着け、俺。俺はロリよりも巨乳派なはずだ」

京太郎「くっそくっそ!!」

京太郎「……お腹減った」

京太郎「誰と食べよう……」

京太郎「つーか、都合よく会えるのかな」



京太郎「巴さ~ん!」

巴「……」ジトッ

京太郎「ちょ、どうしたんですか」

巴「どうしたも何もないです。そんな廊下で大きな声ださないでください」

京太郎「辛辣っ……京ちゃん、泣いちゃう!」

巴「無駄にテンションが高いですね……」

京太郎「低いよりは高い方がいいと思いまして」

巴「それはそうですけど……」

京太郎「まあ、ともかく!一緒にご飯食べませんか?」

巴「まあ、いいですけど」

京太郎「うっし!ぼっち飯は寂しかったんですよ!」

巴「何とも言えない哀愁が漂ってますね」

京太郎「ということで俺の部屋で食べましょう」

巴「まあ、いいけど」

京太郎「それじゃあ朝食の残りでも食べましょうか」

巴「妥当ですね。ちょうど残ってますし」

京太郎「巴さんは座って待っていてください。俺が運ぶんで」

トテトテトッテーン

京太郎「さてと、後は水を持っていくだ……けぇ!」グラッ

巴「ひゃあ、つめたっ!」

京太郎「うわあ!巴さんにかかってしまったー!」

巴「……ううっ、冷たい」

京太郎「だ、大丈夫ですか!!!!」ダッ

京太郎「巴さん、とりあえずタオルで……」

京太郎(こ、これは!?肌色のおもち!!)

京太郎(程よい大きさかつ柔らかさも感度もよさそうなおもち!!!)

京太郎(水に濡れて巫女服が肌に張り付いてるのがすばらららららっ!!!)

京太郎(やべぇ……やべぇよ!!!あ、あのピンク色の先端は!?)

京太郎「巴さん」

巴「……何かな?」ニッコリ

京太郎「いやあ、素晴らしい光景をげぶらっ!」

巴「あんまりじろじろと見るなっ!!」ポコポコ

京太郎「いた、痛いですっ!」

巴「もうっ……すっごく恥ずかしいんですからね」

京太郎(少し赤くなってる顔と濡れた服が破壊力がガガ!)

巴「とりあえず、着替えてきます」

京太郎「ええっ!?」

巴「ええ、じゃないですよ!その、視線が気になってご飯も食べられませんよ!」

京太郎「……」ガッカリ

巴「……えっち」

京太郎「光栄の極みです」キリッ

巴「褒めてないからね……」



巴「ということで着替えてきました」

京太郎「濡れたままだと風を引きますからね」

巴「ええ、そうね」

京太郎「ところで……」



京太郎「どうして、ウエディングドレスなんですか?」

巴「……ですよ」

京太郎「へ?」

巴「知らないですよ!部屋にある服がこれしかなかったんですよ!」

京太郎「そんなバカな……」

巴「本当ですよー」

京太郎「はっちゃんの真似をしてごまかすことはないと思うんですが」

巴「とにかく!これしかなかったんです!」

京太郎「いや、いいんすけどね、俺は……」

巴「そういうことです。ところで、ですね……その……」

巴「似合って、ますか?」

京太郎「……」

巴「その、どうかな?」

京太郎(可憐だ……声が出ない)

巴「や、やっぱり似合わないですよね。ええ、わかってますけど!」

巴「私は姫様みたいに純粋でありませんし!」

巴「はっちゃんみたいに小さく可愛らしくもないですから!」

巴「はるるみたいに、笑顔が綺麗でもないし、かすみんみたいに胸も大きくないし……」

京太郎「えっと、そのですね!」

巴「何……?」

京太郎「に、似合わないじゃなくて!逆っていうか!」

京太郎「似合いすぎて……言葉に出なかったんですよっ!!!」カオマッカー

京太郎「思わず……見惚れちゃって、ああ、もう!!!!恥ずかしいっ!」

巴「……ふふっ」

京太郎「笑わないでくださいよォ!」

巴「だってさ~、そんな風に言われたの……初めてで」

巴「嬉しかったりするんですよ?」

京太郎「巴さんは、綺麗なんですから自信持ってくださいよ」

巴「それは君が言える立場かな?」

京太郎「ぐぅ……」

巴「ごめんごめん。その、ね……」

京太郎「なんすか?からかうのはもうなしっすよ」

巴「違う違う。ふふ、やっぱいいです」

京太郎「??」

巴(できれば、タキシード着て欲しいなぁ、なんて言える訳ないじゃないですか、もう……)




京太郎「……すっげー恥ずかしかった」

京太郎「さてと、午後はどうすっかな」

京太郎「喰われる……踊り食い……うっ、頭が……」

京太郎(何か寒気がしたのは気のせいかな?)

京太郎「まあ、いいか。そういえば、過去の俺について話してなかったな……」

京太郎「今日の午後の仕事は小蒔さんの話し相手……買い物の手伝いだったっけ?」

京太郎「ま、いいか。さてと、小蒔さんは……」

小蒔「ここにいますよっ!」シュタッ

京太郎「うわあっ!?」

小蒔「午後はお買い物を手伝ってくれるとのことで楽しみにしてました」フンス

京太郎「そうですか、それは光栄です」

小蒔「あまり、嬉しそうじゃありません……」プックリ

京太郎「いや、そんなことないっすよ!ちょっとなんといいますか」


京太郎(言える訳ないだろ!
小蒔さんが笑いながら、俺に包丁を突き立てる姿。そんなクソッタレなものが突然浮かんだなんて)

小蒔「どうかしましたか?」

京太郎「……いや、なんでもないっすよ。とりあえず、買い物に行きましょうか」

小蒔「はいっ!」

京太郎「それで、まずはどこから行くんですか?」

小蒔「えっと、ですね……」

小蒔「デパートに行きます!」

京太郎「いえーーーい!」

小蒔「……突然どうしたんです?」

京太郎「いや、テンションあげとこうかなって」

京太郎(とりあえず、うん。小蒔さんと出かけるんだ。楽しくしたい)

京太郎(過去について話すと、どうしても湿っぽくなるからな)

小蒔「???」キョトン

京太郎「さてと、行きましょうか」

小蒔「はい!}

小蒔(そういえば、京太郎さんと二人っきりってすごく久しぶりな気がします……)

京太郎「こうやって二人で外に出るのって最初出会ったとき以来ですね」

小蒔「……覚えててくれたんですか?」

京太郎「そりゃ当たり前ですよ。こうして仲良くなる切っ掛けなんですから」

小蒔「ふふっ」

京太郎「何かおかしいことでもいいましたか?俺」

小蒔「いえ、違うんです。何だか嬉しくて」

小蒔「最近は京太郎さんとゆっくりお話なんてできてなかったので」

京太郎「確かに……」

小蒔「だから、嬉しいんですっ!」

小蒔「こうして、貴方と出会えたことに」

小蒔「一緒にお話ができることに」

京太郎「……はは、これはかなわねーな」ボソッ

小蒔「京太郎さんっ、行きましょう」

京太郎「はい、そうですね。ああ、それと……」

京太郎「この買物の最後に、大事なお話しても……いいですか?」

小蒔「どんと来いですっ!」

京太郎「はは……お手柔らかに頼みます」

小蒔「花屋ですっ!」

京太郎「花屋?」

小蒔「はい、ご先祖様に捧げるお花を買いに行くんです」

京太郎「そうなんですか、まあ付き合いますよ」

小蒔「それと……ご飯とか色々買わないといけないので」

京太郎「ああ、俺達のと小蒔さん一家のですね。それは確かに大変だ」

小蒔「男手が欲しかったんです。お父様はその……」

京太郎「あ、みなまで言わなくていいですよ」

小蒔「ありがとうございます……」

京太郎(また、メイド喫茶に行ってるのかなぁ……)



【花屋】


京太郎「で、花屋に来た訳ですが」

小蒔「あわわ、京太郎さんっ」

照「……へー」

京太郎「何がへーですか、照さん……」

照「須賀君もやることやってるんだなって」

京太郎「やってませんよっ!?」

小蒔「京太郎さん、やることってなんですか?」

京太郎「小蒔さんは知らないままでいいんですよ」ニッコリ

照「教えてあげればいいのに」

京太郎「照さんは黙っていてください」

照「それで、挙式はいつ?」

京太郎「ぶっ!」

小蒔「へ?きょ、挙式なんてそんな!まだ早すぎますよ!」

小蒔「もちろん京太郎さんは魅力的な男性でお慕いしています。
あの時もらった服は大切にしていますしっ。えへへ、京太郎さんの匂いがついてるんですよっ」

京太郎「いや、服は返しましょうよ」

小蒔「そんなっ!?」

京太郎「世界の終わりを待つ人みたいな顔しないでくださいよ!」

小蒔「だって……着ていると落ち着くんです」

京太郎「他の服があるでしょう、他のが」

小蒔「むー」

京太郎「そういう顔をしたってダメですよ」

照「ケチ。甲斐性なし」

京太郎「外野は黙っててくださいっ!」

照「というか、傍から見ると痴話喧嘩にしか見えないからやめたほうがいいよ?」

照「菫が見たらすごく怒りそう」

京太郎「何でそこで弘世さんが出てくるんですか」

照「彼氏いない=年齢」

京太郎「ああ……」

照「女の子にはモテるのにね」

京太郎「それはまたなんというか」

照「もし、須賀君が白糸台にいたら菫と付き合いそうだけどね。何だかんだ言って菫は世話焼きで。
須賀君はそんな菫をフォローできるし」

京太郎「本当にそうなるんですかねぇ……」

京太郎(何か、三角関係やら自殺やら痴情のもつれやら入水やら危ないキーワードしか思いつかないぞ)

照「須賀君なら他の子でも大丈夫」

京太郎「……不安しかないんですけど」

照「いけるよ、うん。なんなら白糸台に転入してきなよ」

照「私が麻雀教えるよ?」

京太郎「ノーセンキューです。照さん、感覚派ですし」

照「否定はしない」

照「でも、可愛い子はいっぱいいるよ?病弱な子やほわほわしてる子。
噂好きの子に無口な子、お茶を飲んだり高校百年生もいるよ」

京太郎「どこのサーカスですか。んな属性が多い学校なんですか?」

照「うん。私が一番まとも」

京太郎「それはないっすね。照さん、頭のネジが外れていますし」

照「……」

京太郎「いや、否定してくださいよ」

照「入水……暗闇が怖い……仕方なかった……」

京太郎「やめてくださいよ、もう!」

小蒔「そうですよ!京太郎さんは家で預かるんです!」

京太郎「いや、そういう訳にはいかないでしょう」

小蒔「ええっ!?」

京太郎「全く……はなしがまとまらないですよ」

照「うん、須賀君のせい」

京太郎「……もうそれでいいです」

小蒔「京太郎さん京太郎さん、どうして家ではダメなんですか!」

京太郎「はいはい、小蒔さんは後でゆっくり話しましょうね」

小蒔「約束ですよ、約束っ」

照「ふふっ、相変わらず女の子には弱いね」

京太郎「……性分なんで。それよりも、照さんはどうしてここに?」

照「ちょっとね。花を見ていたかった」

照「というのは建前でたまたま通りかかったら須賀君達を見つけたってだけ」

京太郎「さようですか」

照「お菓子を買いに合宿を抜けだしたついで」

京太郎「……弘世さんは苦労してそうだな」

照「そんなことない。私が逆にお世話してる」

京太郎「そうは思えないんですけど」

照「まあ、デートの邪魔したら悪いだろうから……私はお菓子探索に戻る」

小蒔「ででで、でー!」プシューッ

京太郎「落ち着いてください、ジョークですからジョーク」

照「須賀君ひどい。そうやって各校で女の子を弄んでるのはやめたほうがいい」

京太郎「んなことしてませんから!」

照「はいはい。それじゃ、私は行くから」

京太郎「さっさと行ってください……」

照「そういえば。さっき、咲を見たよ」

照「刃物店近くにいた。怖い」

京太郎「……できるだけ、早めに解決しましょう」

照「うん。それと」

京太郎「はい?」

照「大丈夫だとは思うけど。一人で解決しようなんて思わないで」

照「私にも関わりがあることだから。それだけ」

京太郎「はい……」

照「それじゃ。デート、楽しんでね」スタスタスタ

京太郎「ふぅ……なんか疲れましたね」

小蒔「ででで、でーでー!」

京太郎「小蒔さん、まだ直ってないんですか……」

小蒔「だって、デートだなんて!私、そういうの始めてでして……」

京太郎「いや、デートじゃないですから。俺、ただの荷物持ちですから」

小蒔「……そうなんですか?」

京太郎「そうなんです。それよりも、さっさと用事を済ませましょう」

小蒔「そうですね」

小蒔(ちょっと、残念な気もします……京太郎さんとデート……)

【公園】


京太郎「ふひー……炎天下の中歩くのは疲れますね」

小蒔「そうですね、それでしたら……あそこで休みませんか?」

京太郎「いいですよ。それに、思い出の場所でもありますし」

小蒔「ええ……懐かしいです」

京太郎「はぁ……椅子に座るってこんなにも気持ちがいいなんて」

小蒔「お疲れ様です。重たい荷物を持たせてしまってすいません」

京太郎「いやいや、これが俺の役割なんで」

小蒔「それでも、です。ありがとうございます」ペコリンッ

京太郎「こちらこそ、どうも」

小蒔「ふふ……」

京太郎「はは…………」

小蒔「…………」

京太郎「…………」

京太郎「小蒔さん」

京太郎「大切な話、してもいいですか」

小蒔「はい」




京太郎「ということです。まあ、自業自得もあるんですけどね」

小蒔「……」

京太郎「小蒔、さん?」

小蒔「……っ」グスグス

京太郎「え、ええっ!どうしたんですか!?」

小蒔「だって、だって……」

京太郎「小蒔さんが気に病むことじゃないですってば」

小蒔「それでも、こんなの悲しすぎます……」

京太郎「それしかなかったんですよ。当時の俺に残された道は」

京太郎「過去はもう戻せません。だから、俺は……」

小蒔「そんなことないです!戻せなくても、やり直すことなら出来ますっ」

小蒔「それに……京太郎さんがそんな顔をするのは、嫌です」

京太郎「それは……」

小蒔「でも、京太郎さんがその、ですね……帰りたくないのでしたら」

小蒔「永水に転校してくればいいんですっ」

京太郎「いや、永水って確か女子高だったはずじゃ」

小蒔「あ、そうでした……では近くの高校へと!」

京太郎「そうしたらずっとこの生活ですね」

小蒔「はい。夏は海に行ったりできますよっ」

京太郎「海ですか……」

京太郎(やばい、小蒔さん達の水着姿は反則だろ!)

小蒔「京太郎さん?」

京太郎「いえ、何でもないです。そうですね……もし、俺が望んだら」

京太郎「その時はよろしくおねがいしますね」

小蒔「もちろんですっ」

京太郎「それと、聞いてくれてありがとうございます」

小蒔「いえいえ。中で溜め込むよりは吐き出す方が京太郎さんも楽になりますよね」

京太郎「そう、ですね……」

小蒔「だから、安心して甘えてきてください。私は年上ですからっ」ドヤッ

京太郎「本当に困った時は、そうさせてもらいます」

京太郎「さてと、帰りますか」

小蒔「そうですね。遅くなると心配されちゃいます」

京太郎「霞さんにはもう怒られたくないです」

小蒔「霞ちゃんも京太郎さんのことを思って言ってるんですから」

京太郎「それがわかってるから反論できないんですよ……」

小蒔「でも、何だか楽しいです。京太郎さんがいて、霞ちゃん達がいて」

小蒔「皆で一緒、家族みたいで」

京太郎「小蒔さん……」

小蒔「だから、思うんです。ずっと、続けばいいのにって」

京太郎「俺も、そうなれたらなって想います」

京太郎「こんな楽しい日々、手放したくないですよ」

小蒔「私もです。京太郎さん、もしも長野に帰ったとしても」

小蒔「また、来てくださいね?」

京太郎「はい、必ず」

小蒔「じゃあ、ゆびきりげんまんです」

京太郎「……意外と子供っぽいですね」

小蒔「京太郎さん、怒りますよ?」

京太郎「すいません、それじゃあ……ゆびき」



約束は、果たされない。

「えっ……」

ドサッと、何かが倒れた。

何か?そんなのわかってるだろ須賀京太郎。

「小蒔、さん?」

あまりにも突然過ぎて頭が追いつかない。

畜生、ありえないって。さっきまで笑ってたんだぜ?

良子さん的に言うと、ノーウェイノーウェイだ。

「ちょ、小蒔さん?」

硬直してしまった俺はその場を動けない。

まるで、セメントで身体を固められたような、そんな硬さ。

「小蒔さんっ!」

信じられない。

眼の前にある光景が。

「小蒔さん!!!!」

小蒔さんが、倒れて。

動かない。

京太郎「小蒔さん!」

京太郎(突然、倒れるなんて聞いてないぞ!?)

京太郎(病気か、これは!それなら救急車!?)

京太郎「どうする、どうする!」

京太郎「そうだ、こういう時に頼りになる人は!」ピポパ

京太郎「出てくださいよ……頼みますから」プルッルルルル

巴「はいはい、狩宿です。いやまあ、誰かはわかってますけどね」

京太郎「そ、そんなことはともかくとして大変なんです!」

巴「ん?どうしたの?」

京太郎「小蒔さんが突然倒れました!!こ、これって!!」

巴「……息はちゃんとしてる?」

京太郎「へ?」

巴「まずそれを確認しなさい。私の見立てによれば多分――」

京太郎「息というか、寝息……?」

巴「ただ、寝てるだけかと」

京太郎「は、はああああああああああああああああ!!??」

巴「姫様は突然寝る子ですから」

京太郎「いやいやいやいや!そんなオカルトありえませんよ!」

巴「まあ、寝ながら麻雀打てますしね」

京太郎「んなあほな!?」

巴「ともかく、近くに横になれるとこはあります?」

京太郎「え、ええ。今は公園にいるんで」

巴「それじゃあ、そこでしばらく待機。姫様が起きたら事情を説明してあげてください」

京太郎「わ、わかりました」

巴「それじゃあ、頼みますよ。……えっちいことはダメですよ?」

京太郎「やりませんよ!」ピッ

京太郎「……とりあえず、運ぶか」


~少年運び中~


京太郎「ふう……背中のおもちは強敵でしたね」

京太郎(ヤバイヤバイヤバイ、何だあの柔らかさ)

京太郎(そら興奮するよ!俺の息子もギガドリルブレイクしちゃうよ!)

京太郎(ちょ、ちょっとだけなら、イタズラしても……)

京太郎「……うん、俺は俺は――!」

京太郎「おっと服がはだけそうじゃないかー直さないとー(棒)」

小蒔「……」

京太郎「たいへんだー、服はきっちりしないとなー」モニュモニュ

京太郎「いやー、これはれっきとした正しい行為だからなー」パスッ

京太郎「うん?服が逆にはだけちゃったぞー。これはなにかなーうわーおっぱいだー」

京太郎「…………えっ」

京太郎「…………………」モニュンモニュン

京太郎「生の感触ッ!!!」

京太郎「すげぇ……本物だ……!」

京太郎「俺は、俺は!」ツー

京太郎「涙が出るほどに、幸せだ」

京太郎「もう、ゴールしてもいいよな……」

京太郎「ゴールっ」

京太郎「俺の股間もゴールっ!!!!」

京太郎「OPPAIISGOD」モーニュモーニュ

京太郎「おっぱいは神、はっきりわかんだね」モニュットッモミュモミュ

京太郎「今なら鳥になって飛べる気がする」モミュリコミュルー

京太郎「くっそ、柔らかい……柔らかい……っ!」

京太郎「俺、生きててよかった」

京太郎「鹿児島に来て、本当によかった……!」

京太郎「ありがとう、鹿児島!フォーエバー鹿児島!」

京太郎「やべえ、手が止まらない!」

京太郎「俺、どうする!!」

京太郎「…………」モニュモニュ

京太郎「…………周りには誰もいない」モニュモニュ

京太郎「……よし」

京太郎「小蒔さんの近く、それも野外……!いける!」


ドピュルルルルルドビュウウウウウウウウウン


京太郎「ふぅ……」

京太郎「最低だ、俺……」

京太郎「でも、すっきりして頭が冴え渡る、こんな気持ちは初めて!」

京太郎「もう、何も怖くない!」

京太郎「俺には、オカズがあるから!」

京太郎「しばらくは生きていけるぜ!ヒュー!」

京太郎「世界は素晴らしい。儚くも綺麗な世界で、俺は生きている!」

京太郎「いやっほおおおおおおおおおおおおう!!!」

京太郎「もう一回……!もう一回……!」

京太郎「まだだ、最後まで……!枯れるまで……!」

京太郎(ああ、この触れたら壊れそうな繊細さ)

京太郎(幸せ、圧倒的幸せ……!)

京太郎(そう、これはマッサージ……!マッサージは合法……!)

京太郎(だから、大丈夫……!俺は正しい!)

京太郎「幸せってこんなにも近くにあったんだな」モニュモニュ

小蒔「……っぁ」

京太郎「二回戦も待ってるぜ!」

京太郎「股間のバスターキャノンが破裂しそうだ……!」

京太郎「迸れっ!この命尽きるまで~」モニュリコモニュリコ

小蒔「……ぅぁっ」

京太郎「おもちこねこねねー!おもちこねこねねー!いえええあああああああああああああっっ!」

小蒔「……ぁ、くすぐったいですよぉっ」メパチクリー

京太郎「あ」

小蒔「……ふぇ、え、えっ、えええっ!?」

京太郎「」

京太郎(ど、どうする!?)

京太郎(今の俺は、小蒔さんの生乳をジャストでモニュモニュしてるっ!)

小蒔「ひゃぁん!」

京太郎(ヤバいヤバい、小蒔父さんはいいんだ。あの人はノリなら仕方ないねってロリにタッチしてるから。
問題は霞さん達だ。これが霞さん達にバレると……!)

小蒔「ぁ、強すぎですっ」

京太郎(死んじゃーーーーーーーーう!!!グッバイゴールデンボオオオオル!!!!)

京太郎「心臓マッサージです(真顔)」

小蒔「ふぇ?」

京太郎「小蒔さん急に倒れたからビックリして、心臓マッサージしてたんです。
無事で良かった……」

京太郎「ああ、これはですね。人間にとってもっとも大切な心臓付近の血管をほぐす事で
体全体の血流を良くしその結果リラクシング効果を生み出す事によって
より効果的な疲労回復効果を生み出すというマッサージです」

京太郎(勢いでごまかす!)

京太郎(小蒔さんなら騙せるかもしれない!)

小蒔「そうなんですかっ!」

京太郎「はいそうですよ」イケメンスマイル

小蒔「ごめんなさい、慌ててしまって……自分が恥ずかしいです」

京太郎(小蒔さんの純真さが、突き刺さる……ヤバい、これじゃあ俺が悪いみたいじゃないか!いや、悪いけど!)

小蒔「ありがとうございました、私突然睡魔が襲ってきて眠ってしまうことがありまして」

京太郎「ああ、だから起きなかったんですね」

小蒔「心配をかけて申し訳ありません」

京太郎「大丈夫ですよ、迷惑だなんて思ってないです」

京太郎(最高の宝物ももらったし)

小蒔「やっぱり京太郎さんは優しいです!」ニッコー

京太郎(……眩しすぎる。それに比べて俺は……でも仕方がないよな!)

小蒔「??そう言えば、何だかイカの匂いが……」

京太郎「さーー!帰りましょう!いやーお腹が減ったなー!」

京太郎「ふぅ……実に有意義な一日だった」

京太郎「今日の出来事を俺は一生忘れないだろう」

京太郎「ご飯まではまだ時間があるし、どうすっかな」

京太郎「あの感触が忘れられない……!」

京太郎「まだ夕食まで、時間はある」

京太郎「全ては時間との勝負、かといって速すぎてはいけない」

京太郎「明鏡止水の心で挑むのが礼儀」

京太郎「……はっ!」

京太郎「……はぁはぁ」

京太郎「いい調子だ……俺のベクターキャノンが……はぁはぁ」

京太郎「そろ、そろ……出るっ!」

京太郎「発射ーーーっ!」ドビュウウウウウウウウウン

小蒔「京太郎さ~ん、ご飯ができまし……た」

京太郎「」

京太郎(あ、これは死んだな)

小蒔「ふぇ?どうしたんですか、京太郎さん?」

京太郎(あ、あれ……反応が……)

小蒔「なんだかイカの匂いがプンプンします?イカ焼きでも食べたんですか?」

京太郎(オナニーを知らない……だと!?そんな純粋培養な女の子がまだこの世界にいるなんて!)

小蒔「匂いが染み付いたらいけないので窓を開けますね?」

京太郎(つまり、これは合法的な視姦をされてるようなもの……!)

京太郎(ひゅーっ!興奮してきたぜーーーーー!)

小蒔「これで匂いが出ていきましたねっ!」

京太郎(その笑顔がご褒美です、小蒔さんっ!)

小蒔「そういえば、京太郎さん」

小蒔「お風呂にも入っていないのに下半身を脱いで何をやってるんです?」キョトン

京太郎(ヤバい……ヤバい)

小蒔「わわっ!大きくなっていきますっ!」

京太郎(こんな反応されたら興奮するにきまってるだろおおおおおおっ!!!)

京太郎(可愛すぎるだろ、おいっ!これで手を出さないとか俺無理!?)

小蒔「ふんふむ、ぴーんって立ってますよ!」

京太郎(お、お、落ち着け!!!)

京太郎(落ち着いて精子を数えるんだ、俺……!)

小蒔「あ、ごめんなさい。じろじろと見ちゃいまして……」

京太郎「」

小蒔「すごいです、まだ大きくなるんですか!?」

京太郎(助けて、マジでこのままだと出ちゃうよ!?)

小蒔「京太郎さん、これっ触ってもいいですかっ!」

京太郎(あ、今日俺死ぬかもしれない)

京太郎(冷静になろう)

京太郎(もし、ここで小蒔さんに変なことをしてみたらどうなる?)

京太郎(小蒔父さんはノリで許してくれそうだけど……ロリタッチだし)

京太郎(霞さん達に知られたら、死ぬだろ!!)

京太郎(俺はまだ、死にたくない!!)

京太郎「あ、すいません。今日はちょっと……」

小蒔「ダメなんですか……」シュン

京太郎(落ち込まないでくださいよーーー!!!俺が悪いみたいじゃないですかー!!!)

京太郎「また機会があったらということでお願いします」

小蒔「約束ですよ、京太郎さん」ニコッ

京太郎「はい……」

京太郎(ああ、痛い……純粋な視線が痛い……!早くしまっておとなしくさせよう)

小蒔「あっ……いなくなっちゃいました……」

京太郎「う、うおおおおおおおおおっっ!」

小蒔「どうしたんですか、京太郎さん!?」

京太郎「お、おっ、俺!ちょっとトイレいってきます!!小蒔さんは先にご飯でもどうぞ!!」

小蒔「でも、霞ちゃん達が」

京太郎「何とかなりますって!あ、それと今のことは俺と小蒔さんだけの秘密ですよ!」

京太郎(バラされたら、俺が死ぬ!)

小蒔「は、はい。えへへ、二人だけの約束っていい響きですね」ニマー

京太郎「そうですね!それじゃあ急いでるんで!」

小蒔「あ、京太郎さん……!」

京太郎(小蒔さん、恐ろしい子……!股間に優しくないよ、もう!!)

京太郎「ごはんですよ!」

小蒔「ごはんです!」

京小「「いえええええい!」」

初美「テンションが高いんですよー」

京太郎「お腹が減っているんで」

霞「あらあら。それじゃあたくさん食べないとね」

京太郎「ええ、そうさせて頂きます」

春「速く座る……ご飯、食べたい」

巴「まあ、空いてる所にちゃっちゃっと座ってください。今日は姫様もいるんで少し狭いですが」

京太郎「それじゃあ失礼します」

小蒔「じゃあ、私も!」

霞「皆揃った所で」

「「「「「「いただきます!」」」」」」」

京太郎「ウマウマ。やっぱり他人に作ってもらう飯は美味いなあ」

小蒔「京太郎さん、自分で作るの得意じゃないんですか?」

京太郎「いや、そういうわけじゃないけどさ。やっぱ、他人に作ってもらった方が楽だし」

小蒔「ふんふむ……」ピコーン

京太郎「?どうかしました?」

小蒔「京太郎さん、はい。あーんしてください」

京太郎「えっ?」

小蒔「今、言ったことを踏まえるとこういう食事についても食べさせてもらった方がいいんですよね?」

京太郎「いや、そういう訳じゃ」

小蒔「違うんですか?」ウルッ

京太郎(ヤバい、何だか断れない空気に!というか他の四人の目が怖いっ!)

小蒔「はい、あーんしてください」

京太郎「わ、わかりました……」

小蒔「あーん」

京太郎「……お、おいしいです」

小蒔「えへへ……こうしてるとまるで家族みたいですね!」

京太郎「え、ええ……」

京太郎(冷や汗が止まらないんですけどおおおおお!でもすっげー幸せなんだよなあああ!)

小蒔「??もっとしてほしいんですか?」

京太郎「はいお願いします!」

小蒔「それじゃあ、あーん」

京太郎「おいしい……一粒で二度美味しい……!」

京太郎(……うぐぐ、視線が怖い)

小蒔「??」

京太郎(ああ、小蒔さんは癒しだなあ。やっぱり、さっきのは手伝ってもらった方が……)

ゴールデンボールブレイクー

京太郎(……ふぅ。やっぱり良くないよな!)

京太郎「ああ、小蒔さん。もう大丈夫ですよ」

小蒔「そうですか?」

京太郎「その気持ちだけで十分ですよ」

小蒔「わかりました。もし、私のお力が必要ならいつでも言ってくださいね」

京太郎「はい!早速ですがよろしいですか!」

小蒔「どんと来てください」

京太郎「この何とも言えない空気をどうにかしてくれませんか?」

小蒔「ふぇ?」

ゴゴゴゴゴ

霞「ふ、ふふっ……まさか、目の前でいちゃつかれるとは思わなかったわ……」

初美「そんなにおもちがいいんですかー!!!?」

春「……最近出番がない」

巴「とりあえず、落ち着きましょうよ……まあ、きょーちんはちょっと考えようね、色々と」

京太郎「いや違うんですって。小蒔さんが可愛すぎるからいけないんですよ」

小蒔「えっ?そ、そんな……」テレテレ

楽しい食事でした。





京太郎「夜……眠らずにはいられないね!」

京太郎「うーん、どうしようかな……もう少し起きてようかな」

京太郎「小蒔さんを思い出して……エロい妄想で抜くのはアリだし」

京太郎「ぐぬぬ……」

京太郎「……今なら誰も入ってこないはず」

京太郎「さーてと、今日のおかずはどうしよう~」イソイソ

京太郎「こんな時の為に小蒔父さんかもらったエロ本がある!」

京太郎「少女多重奏※に決まりだ!小学生は最高だぜ!」

京太郎「……俺、ロリは範囲外なんだよなぁ」

京太郎「普通に妄想で抜くか」

※おすすめのエロ本です。ロリは最高だぜ!
可愛らしい絵が素敵です、いえーい!

京太郎「うーはっ!全てを解き放つ――っ!」ドビュルルルルル

京太郎「すっきりした……心が晴れやかだ」

京太郎(何か、悪意的なものも一緒に出ていった気がするぞ!)

京太郎(それにしても、今日は通算三回もしてるんだなあ)

京太郎(若さだなあ。オナニーでこれだったら本番なんてやると……昇天するんじゃねえの、俺?)

京太郎(まあ、俺に彼女なんて出来るわけ無いんだけどなー)アハハ

京太郎(明日の朝でも皆の前で彼女欲しいーって言ってみるか?虚しいだけか)

京太郎(あー、彼女欲しいなぁ……)



【朝・自室】

京太郎「……なんもかんも政治が悪い」

京太郎「だから、こんなに眠いんだ」

京太郎「二度寝、最高です!}

京太郎「……ぐぅ」




??「……」ガラッ

初美「……」キョロキョロ

初美「誰も、いないですよー」トテテテ

初美(一回は告白を断られましたけど!)

初美(はっちゃんは諦めませんよー!)

初美(少しでもアドバンテージをもらうべく、京太郎の部屋に来ましたけどー)

京太郎「……ぐぅ」

初美「見事に寝ていますねー」

初美「今なら……こっそりと布団の中に入れますかねー」

初美(えへへ……一緒の布団で寝るのですよー)

初美「温かいですよー。京太郎の匂いに包まれていい気分ですー」

初美「……ふぁ」

初美「んー、眠いですねー」

京太郎「ぁぁ……ごォ」ギュッ

初美「ひゃあっ!きょ、京太郎?」

京太郎「ボロ雑巾のように、使い捨ててやる……」

初美「物騒な寝言ですよー!?」

京太郎「強く、強く抱きしめて-」

初美「ちょ、ま、まままってくださいー、心の準備が」

京太郎「むにゃむにゃ」

初美「……うう、恥ずかしいですよー」

初美「幸せですけどー」

初美「ぐぬぬ……このまま起こすべきか、起こさないべきか」

初美「……霞達には悪いですけど、しばらくはこのぬくもりに浸らせてもらいますー」

京太郎「……二度寝からすっきり。目が覚めた訳だが」

初美「…………いへへ」

京太郎「どうしてはっちゃんがいるんですかねぇ」

京太郎(衣服もはだけてるし、もうほぼ丸見えじゃねーかよ!)

京太郎(よかった、ロリコンじゃなくて)

京太郎(つーか、抱きしめられてるせいで上手く動けないんだけど)

京太郎(どうすっかなー)

京太郎(あー、服が脱げてるよ。もうこれはやべえよ、やべえよ)

京太郎(とりあえず、着せるか……)シュルシュル

初美「うにゅゆー」ゴロンゴロン

京太郎(ぎゃーーー!何で、暴れるかなあ!)

初美「うへへー」

京太郎(突然、動かれたから全部脱げちまったじゃねーかよ!)

初美「きゅー」

京太郎「」

京太郎「はだ、は、はは」

京太郎(裸ーーーーーーっ!?)

京太郎(いつのまに下が脱げてるんだよ!?おかしいだろ、ちょっと!)

京太郎(ヤバい、ヤバい、ヤバーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーイ!)

京太郎(今の俺とはっちゃんの状態を見られたら……)

京太郎(グッバイゴールデンボオオオオオオオオル!)

京太郎(死んじゃう!見せられないよー!)

ワタシノーオハカノーマーエデー

京太郎(こんな時に携帯かよォォ!!!)

京太郎(出れるか、ボケェ!)









咲「……京ちゃん」





京太郎(うごごごごご!ど、どうすればいいの!)

京太郎(というか、はっちゃんの裸って綺麗だな……)

京太郎(小さいながらもピチっとした肉体)

京太郎(焼けた肌と白の対比がまたそそる)

京太郎(オーケイオーケイ!落ち着け、須賀京太郎)

京太郎(ロリコンじゃないんだから息子は勃たない)

京太郎(イエスロリータノータッチ!)

京太郎(いやいやいや。タッチは良くない)

京太郎(一時の煩悩に身を任せて動くのは損)

京太郎(だから、ここは思うままに視姦する!)

京太郎(偶には裸もいいよね!)

初美「うにゅう」

京太郎「ふぅ……これでおもちがあったら死んでいた」

京太郎(それでも、十分にそそられるこの体、すごい!)

京太郎(あー、はっちゃんのぬくもりが-!)

京太郎(しかし、俺だって普通の男子高校生なんだ。こういうことをしてるとヤバいって思わないのか!)

京太郎(息子の環境に悪いわ!)

京太郎(なんもかんも俺に彼女が出来ないのが悪い!彼女がいたら俺も自制できるんだ!)

京太郎(ぐへへへ……)

良子「京太郎、開けるぞ。石戸達が起こしてこい……と」

京太郎「」

京太郎(さて、もう一度この状況を整理しよう)

京太郎(裸のはっちゃんとそれを抱きしめている感じの俺。俺の服装はちょっと乱れている)

京太郎(どう考えても)

良子「」

京太郎(誤解されるよなあ)

良子「な、なななな」

京太郎「こ、これは違うんです!」

良子「何が違うんだ……?わ、私やはるるというものがありながら!」

京太郎(誤解だって言っても解けそうにないし。かといって、はっちゃんを起こしてもややこしくなる可能性大だし!)

京太郎(どーすんの、どーすんの、俺!?)

京太郎(よし、起こそう!はっちゃんなら信じれる!)

京太郎「はっちゃん!はっちゃーーーー!!!」

初美「うひゃえええええええええええ!」

初美「な、なんですかーー!耳元で声を上げないでくださいーーー!」

京太郎「それよりも!どうして裸なんですか(すっとぼけ)」

初美「ふぇ?」

京太郎「俺が起きたらはっちゃんが裸で寝ていて……びっくりしたんですよ(真顔)」

初美「そ、そんな……京太郎のエッチ……!」

京太郎「エッチじゃないです!いい加減、服着てください(真顔)」

良子「お前達は何をイチャイチャと……!」

京太郎「良子さん違うんです!はっちゃん、説明お願いします!」

初美「説明も何も見たまんまですよー?」

良子「」

京太郎(きょええええええええええええええええっっ!?それ一番だめじゃねーーかよおおお!)

良子「そういえば、何だかイカ臭」

京太郎「さーーーて!起きよう!いい朝だなー!」

京太郎「良子さん、今日もお綺麗で何よりですね、いやっふー-!」

京太郎(とりあえず、無理矢理誤魔化す!)

京太郎(勢いで何とかすれば完璧!)

初美「……私には綺麗だって言ってくれないんですかー」ズズイッ

京太郎「……服を着てください」

初美「そんなことはどうでもいいんですよー!」

京太郎「よくないですよ!」

良子「き、ききれいって……?傭兵だのイタコだの言われ続けてきた私が綺麗なんて」イヤンイヤン

京太郎(よし、こっちは抑えた!後は、はっちゃんを説得するだけだ!)

京太郎「はっちゃんにははっちゃんの良さがあるんです。いいこいいこ」ナデナデ

初美「そ、そうですかー。うひゅひゅ」ニコニコ

京太郎(ちょろい!)

京太郎「ということなんで、服を着てくださいねー」

初美「えー」

京太郎「……霞さん達ははっちゃんにどんな教育を施したんだ」




【はっちゃんルーム】

京太郎「へ?今日は全員でかけるんですか?」

霞「ええ、そうなの。京君も知っての通り、私達は麻雀の全国大会に出場するの」

春「その、手続とか色々あって」

巴「高校の方に出向かないといけないんですよね」

良子「その付添役で私が来た訳」

初美「姫松の方には行かなくていいですかー」

良子「それについてはノーサンキュー。代行さんが何とかすると思うから」

巴「そうなんですか。代行さんとは知り合いで?」

良子「まあそんな所。機会があれば会うかもしれないね」

京太郎「それで、俺はここで仕事ですか?」

小蒔「そのことなんですけど、京太郎さんには申し訳ないんですが……私達と一緒に来て欲しいんです」

京太郎「は?」

霞「男手が欲しいのよねー。ほら、私達は女の子だから」

京太郎「霞さんだけは女の子というよりはおかあ」ゴキュッ

霞「うふふ」

京太郎「」

初美「ああ!?京太郎の口からなにか抜けてますー!」

春「このままだと死ぬね」ボリボリ

巴「早く霊魂を戻さないと!」

京太郎「危うく死にかけたんですが!」

初美「霞も女の子ですからねー」

霞「はっちゃんはいいこね~」

春「…………若作り」ボソッ

霞「ん?」

春「何でもない。黒糖が美味しい」ボリボリ

京太郎「まあ、仕事についてはわかりました。ですけど、永水って確か女子高ですよね?
俺は入れないんじゃ……」

巴「そこが問題ですよね」

小蒔「どうしましょうか……」

初美「さすがにこのままだと無理そうですよー」

良子「私の付き人って設定はどうかな?」

霞「それで入れなかったら困るわよー」

春「……困った」

ハギヨシ「そんな時は私にお任せください」シュタッ

京太郎「げえっ、ハギヨシさん!」

ハギヨシ「ふふふ、ちょっとした所用で来てみれば困っているようなので助太刀を」

京太郎「まあ、困ってるといえば困ってるんですけど」

ハギヨシ「友人が困ってるのを見過ごすことはできません。私も力になりましょう」

京太郎「さすが、ハギヨシさん!」

京太郎「ということは何かあるんですね」

ハギヨシ「ええ。まず一つ目はこれです」ババーン

霞「……何だか嫌な効果音ね」

ハギヨシ「執事服です。これを着ることで格式ある人との錯覚を生み出せるのでは?」

京太郎「確かに……何かすっげーいいとこの青年風になれそうだ」

ハギヨシ「今ならシルクハットとステッキもつけましょう」

京太郎「何処の英国紳士ですか」

ハギヨシ「二つ目はこれです!」

巴「これは、永水の制服とウイッグ!」

京太郎「……まさか」

ハギヨシ「ええ、女装です」

京太郎「みなまで聞きませんよ」

ハギヨシ「女装をしたら無事にくぐれるのではないかと」

京太郎「それは無理でしょう……」

ハギヨシ「三つ目はこれです」

京太郎「……すいません、これは」

ハギヨシ「麻酔銃です。サブマシンガンもありますよ?」

京太郎「これで校内にいる人達を撃つってことですよね?」

ハギヨシ「ご安心ください、死体は回収しますから」

京太郎「死体とか言わないでください!撃てませんってば!」

ハギヨシ「ですが、これは麻酔銃なんで遠慮なく撃てますよ?」

京太郎「どっちにしろダメですよ!危険すぎますって」

ハギヨシ「さあ、どれにしますか」

京太郎「どれも嫌なんですけどねぇ……」


京太郎「執事服を着ます」

ハギヨシ「おや……校内撃滅大作戦ではないのですか?」

京太郎「当たり前ですよ。第一、そんなことやったらさすがにヤバいですって!」

ハギヨシ「仕方がないですね……それじゃあ執事服を用意したんで着替えてきてください」

京太郎「わかりました……」


着替え中


京太郎「これで、どうですか?」

ハギヨシ「ええ。なかなかの仕上がりです。元の素材がいいということもあるんですが」

京太郎「からかわないでくださいよ。そんなイケてるもんじゃないですってば」

ハギヨシ「ははは、ご謙遜を」

霞「……アリね」

初美「ありですよー、思っていたより破壊力ありますよー」

春「いける、これはいける」

小蒔「何がですか?でもすっごくかっこいいですね!王子様みたいです!}

巴「逆にこれで学校行ったら騒がれるんじゃないんですかね……」

霞「いや、これでいきましょう。はっちゃん、カメラ探してくるわよ」

初美「ガッテンでーす!」

春「私もとりに行ってくる」

小蒔「へ?へ?」

巴「全くもう……」

良子「……」カシャカシャッ

巴「さっきから黙ってるなと思ってたらもうですか!」

良子「貴重だからね。うん、他意はないよ?」

巴「ありありですよね……はぁ……」