【第三章黒糖の巫女――私が壊れた日Start】





どうせ、誰も愛してくれないのに。
それでも、願ってしまうのは罪なのでしょうか。
愛して欲しいと思うのは間違いなのでしょうか。





――生きてて、いいことなんてなかった。

――誰も、愛してくれなかった。


それは、■■■■■が■■■でなくなる前の記憶の断片。



流れ星にそっと祈った。全部、壊れてしまえばいいって。

強く、願ってしまったから。

みんな、死んじゃったんだ。



【第三章一節いつか、届く、あの空に。】



春「……久しぶりに嫌な夢を見た」

春(思い出したくもない過去の夢。もう見るはずないって思っていたのに

春(朝から憂鬱。もう引きこもりたい)

春(そういう訳にはいかないから困るんだけど)

春「とりあえず、起きよう」ガバッ

春(眠い。頭がフラフラする)

春「水、飲みに台所まで行こう」タッタッタッ


【廊下】

京太郎「よっ、おはよう」

春「……!?」

京太郎「どうした、そんな鳩が豆鉄砲を食ったような顔をして」

春(ど、どうしよう……まさか、こんな朝から会うとは思わなかった)

春(とりあえず、この前のことを謝らないと……!)

春「好き」

京太郎「は?」

春(あ、慌てすぎたせいで。私、何かよくわからないことを言ってる……!)

京太郎「お前……大丈夫か?まだ寝ぼけてるだろ?」

春「あ……そ、その……」

京太郎「いや、眠いなら無理に喋らなくていいから」

春(違うのに。私が言いたいのは京に謝ることなのに)

京太郎「デリカシーないけどさ。トイレ行くんだったら他の人に付いてもらえ。今のお前じゃ寝ぼけて辿り着けそうにねーぞ?」

京太郎「とりあえず、大人しく部屋にいろって。怪我すんなよ」タッタッタッ

春(あ、このままだと行っちゃう……!何か、言わないと!)

春「あ、ああっ。う……」

春「うげぇぇぇぇぇぇぇ(混乱と緊張と無理矢理何かを喉から捻り出そうとしたことによる嘔吐)」

春(あ、終わった。これ、完全に嫌われた)

春「……ううっ」ゲロマミーレ

春(京、びっくりして逃げちゃったよね?)

京太郎「おい、大丈夫かよ!だから、無理すんなって言っただろうが!」

京太郎「ああ、もう!とりあえず、顔だけ拭いとくからな」フキフキ

春(……えっ)

京太郎「さすがに身体拭いたり、服を着替えさせたりは出来ないから人呼んでくるから」

京太郎「少しの間、一人にするけど我慢しとけよ」タッタッタッ

春「……あっ」フクノスソニギッ


春「やだ」

春「やだよ……」

京太郎「何が嫌なんだ?早く拭かないと」

春「行かないで……っ!」

春「一人は……嫌……っ」

京太郎「……ったく。仕方ねえな」

京太郎「とりあえず、誰か通ったら俺は離れるからな」

春「……京」

京太郎「いいから喋るな。黙って寝てろ」

春(……また迷惑をかけたのに)

春(まだ、謝ることすらできていないのに)

春(京は、どうしてそんなに優しいの?)

春(そういうことをされたら、私……期待しちゃうよ?)

春(京のこと、友人じゃなくて……好きな人として見ちゃうよ?)

春(京のことを考えるだけで幸せな気分になれるんだよ?今の関係を壊して一歩、踏み出しそうになるくらい)

春(だから、これ以上……優しくしないで)

春(もう、自分の気持ちに……嘘はつけなくなるから)

春(京のこと、独り占めにしたくなるから……)


【はるるの部屋】



京太郎「……大丈夫か?」

春「うん。ごめんね、迷惑をかけて」

京太郎「いいよ、これぐらい」

春「違う」

京太郎「違うって何が?」

春「それだけじゃないよ……」

春「私だけを見て……おねがい」

京太郎「おい、はるる?」

春「京……あのね」

京太郎「言いたいことがあるんなら後で聞いてやる。今は大人しく寝てろって。霞さんに頼んで今日のお前の仕事はお休み。
俺は午前中はお前の看病をしとけって言われたし」

京太郎「だから、今はさ。休んどけ。はるるが調子悪いのは俺も嫌だからさ」

春「………………い」

京太郎「ん?どうした?」

春「もう、私は自分を抑え切れない」ガバッ

京太郎「はるる……?」

春「京は私のことをどうとも思っていないけど。私は違うんだよ?」

春「私は、京が…………」

京太郎「……違う」

春「えっ」

京太郎「違う。まだ会って間もないかもしれないけれど。俺ははるるのことをダチだと思っている」

京太郎「お前のことを何とも思っていない。それだけは間違いだぜ」

春「……」

京太郎「まっ、気が合うってのもあるけどなー」ケラケラ

京太郎「だから、ゲロ吐いて迷惑かけたことなんて気にすんな」ナデナデ

春「……っ。」ポロポロ

京太郎「うわっ!何で泣くんだよ!?」

春「だって……嬉しくて」

春「京が私のこと、嫌っているかもしれないって思っていたから」

京太郎「はぁ?んな訳ねーだろ。何言ってるんだ」

京太郎「言っただろ、ダチだって。仲良くなった奴嫌ってどうするんだよ?」

春「で、でも……ゲームの時、私っ。京にひどいこと……」

京太郎「ああ、あれか。別にいいよ。俺だって仕返しにやったし。それでおあいこってことで一つ」

春「やっぱり京、優しい」

京太郎「そんなことねーよ。つうか勘違いすんなよ、今回はたまたまだからなっ。もう、ゲロの処理なんてしねーぞ!」

春「うん。でも、また私が調子悪かったりした時、助けてくれる?」

京太郎「あ、当たり前なんだな」

春「なぜ、口ごもる」

京太郎「ちょっと噛んだだけだっつーの。よいしょっと」ガタッ

春「京、もう行っちゃうの?」

京太郎「ちげーよ。お前の朝飯、作ってくるんだ。食べやすいようにお粥にしねぇと」

春「ありがとう、京」

京太郎「だーかーらー!気にすんなって。お前は病人なんだから大人しく看病されてろ」

春「うん……ふふっ」

京太郎「お前今……」

春「不思議と笑えた。いつもは“笑えない”のにね……」

京太郎「いいことじゃん。女の子は笑った方が可愛いんだしさ」

春「……バカ」

京太郎「バカで結構。じゃあ飯持ってくるまでちゃんと寝てるんだぞ」タッタッタ

春「もう、京は甘やかしすぎる」

春「でも、嫌いじゃない。むしろ……嬉しい」

春「もしかすると、京とずっと一緒にいたら……私、笑えるようになるのかな」

春「きっと、いつかは届くのかな」



――――全てを壊したあの空に。




【廊下】



京太郎「……」

悪霊(おうおう、臭いセリフ言ってんじゃねぇかよ。思わずアソコが濡れちまったってかぁ!)

京太郎(何言ってるんだっての。アホか、お前)

悪霊(んなこと言っててもよ、あの子、お前に惚れてると思うぜ?)

京太郎(“知ってる”さ。だから――アイツが俺に倒れこむ前に割り込んだ)

京太郎(あのままの状態を続けていると、間違いなく俺に告白でもしていただろうな。
今から俺は力を手に入れる為に動くんだ、余計な荷物は背負わない方がいい)

悪霊(じゃあよ、最初から仲良くならなければいいじゃねぇか)

京太郎(それができたら苦労はしねぇよ。この同じ屋根の下で働くんだ、仲良くなるに越したことはねえ。
完全に割り切ることができないヘタレだって言われたら否定はできないけどな)

悪霊(ハッ。色男は辛いねぇ)

京太郎(茶化すなよ、第一……一種の迷いみたいなもんだろ)

京太郎(霞さんも、はるるも。今まで俺みたいな年頃の野郎と話したこと無いんだろう。女子高通いだって聞いたしな)

京太郎(俺なんかを好きになるってことが信じられねぇっての。大方、男性慣れしてねぇとこに俺が登場!
今まで見たことのない珍獣見て珍しがってるだけだと思うぜ。でなきゃ、ありえねえって、俺を好きになるなんて)

悪霊(……前言撤回だ。テメエ、やっぱ自分のこときちんと見てねぇわ)

京太郎(はぁ?どこがだよ?)

悪霊(さあな。自分の胸に聞いてみろ。ともかく、午前中はあの劣等の世話だろ)

京太郎(そうだな、力の源を捜すのはその後だ。とは言っても、割り振られた仕事をきちんとやってからだけどな)

悪霊(ケッ……めんどくせぇな)

京太郎(しかたねえだろ。怪しまれたらそこで終わりなんだから。アホ話は終わりだ、とっとと行くぞ)

京太郎(さてと、台所に来たけど……)



小蒔父「やあ、京太郎くん。昨日と朝は災難だったね」

京太郎「あっ、小蒔父さん」

小蒔父「いや、まさか初日に悪霊に取り憑かれるとは……体のほうは大丈夫かい?」

京太郎「おかげさまで。俺よりも、今は滝見さんの方が心配です」

小蒔父「そうだね、体調を崩したと聞いて心配したよ。早く良くなってくれるといいが」

京太郎「そうですね。ところで、小蒔父さんはなぜ台所に?」

小蒔父「お腹が減ってね……妻と娘は寝ているから起こす訳にはいかない。
ということで、自分で何か軽く作ろうと思ってここに来たのさ。京太郎君の方はどうしたのかな?」

京太郎「滝見さんが食べやすいようにお粥でも作ろうかと思って」

小蒔父「ほう。やはり君は気が利くな。君みたいな子が小蒔の婿になってくれたらいいんだがね」

京太郎「えっ!?」

京太郎「俺は衣と添い遂げる!」

小蒔父「ほう。あの小さな金髪の子か。確かにあの子は可愛かった。無垢な笑顔、時より見せる艶やかな表情。
それにやられたのだね」

京太郎「は、はい……」

京太郎(この人大丈夫かな……?)

小蒔父「まあ、気味の気持ちもわかる。あの純粋な笑顔、小さな体。それなのに、自分は子供じゃないと言いはる強情さ。
実に素晴らしいと私は思うよ」

京太郎(実はロリコンなんじゃねえかな……この人)

京太郎「まあ、衣さんは可愛いとは思いますけど」

小蒔父「そうだろう、話がわかるね。今度、ちょっと二人でじっくりと語らいたいものだ」

京太郎「まあ、いいっすよ」

小蒔父「はっはっはっ。嬉しいな、こういう話をできる者がなかなかいなくてね。
皆、真面目で困った困った」

京太郎「最初の威厳はどこに行ったんですか……」

小蒔父「そんな威厳など溝に捨ててしまったよ。人生楽しまなくちゃ損だからね。
自分を抑えてては疲れるのさ」

京太郎「そうですね……。っとこうして話している場合じゃないです。さっさとお粥を作らないと」

【はるるの部屋】



京太郎「邪魔するぞー」ガラッ

春「邪魔するなら帰って」

京太郎「わかった、じゃあなー」ガラッ

春「…………」

タッタッタッタッ

春「えっ」

春「…………京」

京太郎「なんてな。冗談だよ」

春「冗談にしてはたちが悪い」

京太郎「何言ってるんだ、お前からやってきたんじゃねぇか」

春「むぅ……」

京太郎「はいはい、膨れてないで食べるぞ」

春「京もここで食べるの?」

京太郎「心配だしな。他の三人は勝手に何か作ってるだろう」

春「そう……」

春(京と二人きり京と二人きり京と二人きり京と二人きり京と二人きり京と二人きり京と二人きり
京と二人きり京と二人きり京と二人きり京と二人きり京と二人きり京と二人きり京と二人きり
京と二人きり京と二人きり京と二人きり京と二人きり京と二人きり京と二人きり京と二人きり)

京太郎「ん?どうかしたか」

春「何でもない。せっかく作ってくれたんだし有難くいただかせてもらう」

京太郎「おう、食べろ食べろ。じゃあ」

「「いただきます」」


春「あつっ」

京太郎「そりゃあ作ったばかりだしな。俺の方も配慮が足りなかったな、悪い」

春「悪いで済んだら警察はいらない」ジーッ

春「京、覚まして」

京太郎「何分か経ったら勝手に冷めるだろう」

春「私はお腹が凄く空いている。この意味がわかるね」

京太郎「しゃーねえ。わかりましたよ、お姫様」フーフー

春「……計画通り」ボソッ

京太郎「全く、手間がかかるお姫様だな」

春「女の子はそういうもの」

春(京のふーふーしたお粥……御飯三杯はいける)フーフー

京太郎「ほい、これで大分冷めたはずだ」

春「ありがとう、京」

京太郎「ったく、今回だけだからな」

春「そうは言っても、京は優しいからやってくれる」

京太郎「俺を頼るな、俺を」

春「仕方ない。京が一番頼りになるんだから」

京太郎「そういうことをさらっと言うんじゃねぇよ。恥ずかしい……」

春(京は優し過ぎる……そうだから私も、ついつい甘えてしまう)

春(やっぱり。私、京のことが……)


京太郎「さてと、飯も食い終わったことだし寝ろよ」

春「えー」

京太郎「えーじゃない。一応看病するという名目で午前は時間もらったけど仕事をしなきゃ申し訳がたたねえよ」

春「でも、夜普通に寝たのに……」

京太郎「それでも、だ。体調が悪い時は寝ないとよくならないからな」

春「……京がそこまで言うならわかった。ちゃんと寝る」

京太郎「よし、いい子いい子」ナデナデ

春「うっ。子供扱いしないで」

京太郎「うるせー。自分の体調をきちんと調整できないんだから子供だ」

春「同じ歳の癖に」

京太郎「そういうツッコミは置いといてくれませんかねぇ」

春「うるさい。口答えしない」

京太郎「ったく、身体は弱ってても口は元気だな」ガタッ

京太郎「それじゃあ、俺は仕事に戻るから。じゃあな、また暇を見つけて来るから」

春「うん……必ずだよ」

京太郎「その保証はしかねるな。まあ、努力はするさ」ガラッ

春「……やっぱり京は甘やかし過ぎ。そういう態度を取るから……」



【廊下】

京太郎「さて。仕事に戻るとは言っても……誰かに聞かねえと」

小蒔「聞かねえと?」

京太郎「そうそう、聞かねえと……って神代さん!?」

小蒔「はい、皆の姫様、神代小蒔ですっ」キラッ

京太郎「……」

小蒔「すいません、ちょっと冗談でもと……」カアアッ

京太郎「と、ともかく!どうしたんですか、こんな所で?」

小蒔「はるるちゃんが心配でお見舞いに行こうと思ったんです……そしたら須賀さんが部屋から出てきて」

京太郎「なるほど。はるるでしたら一応は大丈夫です。作ったお粥も全部残さず食べましたしね」

小蒔「そうですか、良かったです!」

小蒔父「やあ、京太郎君。元気にしてるかい?」ニュッ

京太郎「うおっ!いきなり影から出て来ないで下さいよ!びっくりしたじゃないですか!}

小蒔父「はっはっは、こういう登場にもユーモアがないとつまらないだろう?」

小蒔「もう……お父様はまたっ。お母様に叱られますよ?」

小蒔父「大丈夫だ、問題ない」キリッ

小蒔「そんな事言って……この前もゲームのやり過ぎで注意されていたではありませんか」

小蒔父「ゲームは一日十二時間だからな」

京太郎「もはや半日じゃないですか……仕事の方はいいんですか?」

京太郎「もはや半日じゃないですか……仕事の方はいいんですか?」

小蒔父「それについては心配要らない。追い詰められたら本気になってやるだろうからね」

小蒔父「それよりも、朝の件についてだが、どうかね?君は衣君を好んでいるようだが……」

小蒔「???」



京太郎「言った筈だ、俺は衣と添い遂げる!」

小蒔父「ふっ……野暮なことを聞いたね。君の愛はどうやら本物だったみたいだ。謝らせてくれ」ペコリ

京太郎「いえ、このご時世ですからこういうことを言って疑われるのは当然です」

京太郎(よくわからないけど、衣さんは可愛いしなー。ずっと一緒にいて飽きないし)

小蒔父「私も昔はそうだった……おおっぴらに出来ないことから苦しい思いをしたよ」

京太郎「小蒔父さん……」

小蒔父「それでも、私は曲げなかった。この愛を、誰にも否定なんてさせないと足掻いて抗って……!」

小蒔父「その先に得たものが今の環境だ」

小蒔父「京太郎君、諦めることは簡単だ。だけど、そうしたら夢はそこで終わってしまう」

小蒔父「どんな時でも前を向いて進むんだ、神様は諦めない君を必ず祝福してくれるはずだ」

京太郎「はいっ……俺、頑張りますっ。夢を、諦めないで……絶対っ」

小蒔父「その意気だ。なぁに、苦しくなったらいつでも来い。酒を飲み交わしながら愚痴を聞こうじゃないか」ポンッ

京太郎「ありがとうございましたっ!」

小蒔父「大いに悩んで、そして、前を見るんだ……少年」タッタッタッ

小蒔(一体、何の話をしていたのでしょう……?)


京太郎「そういえば、長々と話していたんで忘れていました。霞さん達がどこにいるか知りませんか?」

小蒔「ふぇ?霞ちゃん達に何か用事でも?」

京太郎「午前中ははるるの看病で自由をもらったんですけど、やっぱり仕事を手伝わないといけないかなって」

小蒔「そうですね……霞ちゃんならさっき、外の玄関にいましたよ」

京太郎「わかりました、ありがとうございます!早速向かってみます!」ドピューン

小蒔「あっ……行っちゃった」

小蒔(できたら、私と一緒に看病しませんかって言いたかったのになぁ……)

小蒔(霞ちゃんみたいに積極的になれればいいのに……もっと仲良くなりたいのになぁ)

小蒔(私だけ立場が違うから……仲良くできないのかな)


【神代家・玄関】


霞「~~~~~~~♪」

京太郎「おおっ、いたいた。霞さーん」

霞「あら、京くん。どうしたのかしら?午前中は、はるるの看病をしているはずじゃ?」

京太郎「そうなんですけどね。思ったより、はるるの体調が良かったんで仕事でも手伝えないかなって」

霞「そう。なら、一緒に玄関の掃除でもしましょうか」

京太郎「そうですね」

霞「うん♪」

京太郎(こうして、ニコニコしている霞さんを見ると、辛い)

京太郎(俺は嘘をついているのに。返事を返す気なんてないのに)

京太郎(気の迷い……そうに決まってる)

京太郎(勘違いするなよ、俺?勘違いして手酷い失敗をするのはもう懲りてるだろ?)

京太郎(……だから、早く――諦めてくれ。霞さん……っ)

霞「そういえば、京くん。今度の日曜日って暇?」

京太郎「あ、はい。一応は予定は入っていませんね。というかまだこの家のシフトを把握していないんでなんとも」

霞「そう……一応私達のグループは土日は休みってなっているの。そ、それでね……」

京太郎「今日は木曜日ですから……まだ少し先ですけど。何かありましたか?」

霞「う、うん。わ、わわっ。私とっ!」



霞「デートしてくれませんかっ!」



京太郎「……え?」

霞「きょ、京くんが嫌だったらいいんだよ?別にしなくても私は……泣かないもん」

京太郎「既に目がうるうるしている霞さんが言っても説得力ないですよ?」

霞「うるさい!そういう細かい部分なんて気にするなっ!」ガーッ

京太郎「あーもう。ちょっと涙が出てるじゃないですかー。じっとしていてくださいね」ハンカチトリダシー

霞「えっ、何するの……きゃっ」

京太郎「はいはい、とりあえず涙をふきましょう。見てられないですから」フキフキ

霞「わ、私はおねーさんなんだよ?自分で出来るから!」

京太郎「涙目のおねーさんが胸張っても説得力皆無です。いいから、そのままでいて下さい」

京太郎「はい、終わりましたよ」

霞「あ、ありがとう……それでね、返事なんだけど」


京太郎(悪霊から助けてくれて……いい人だってわかる)

京太郎(俺があんなことをしても、許してくれた霞さんを疑いたくない)

京太郎(それでも、俺は怖いっ!最後まで信じて裏切られるのは……もう嫌だっ!
最後の最後に……この人も俺を…………裏切る可能性だってあるんだ)

京太郎「あははっ、何言ってるんですか」

京太郎「俺なんかよりも神代さんとか他の人達を誘った方が楽しいですよ」

霞「…………えっ?」

京太郎「この街に慣れてない俺を誘ってくれるのは嬉しいですけど」

京太郎「その優しさは他の人に向けた方がいいですよ?」



――――何かが壊れる音が聞こえた気がした。



霞「そ、そう……で、でもね」

京太郎「さてと、掃除をしましょうか。早く終わらせないと次の仕事に差し支えますよ?」ニコッ

霞「う、うん」

京太郎(これで、良かったんだ……良くないと、俺が耐えられない)

京太郎(もう、戻れないんだ……今みたいに、自分を守ろうとして嘘をついたことがきっかけで)

京太郎(その嘘を守る為に、更に嘘をついて)

京太郎(勘違いするな、好意を簡単に信じるな。そう、塗り固めて)

京太郎(俺は…………)


霞(どうして?どうしてなの?違うよ、違うんだよ?)

霞(私は同情なんかじゃない。京くんのことが本当に好きなのに……)

霞(京くん、君の何が……私達に壁を作るの?)

霞(あのお風呂場で……君は、強くなりたいって)

霞(その思いは、私達よりも、大事なの?)

霞(私は君にとってどうでもいい存在なの?)

霞(ねえ、応えてよ……最初にあった時みたいに、笑ってよ……!)

霞(今みたいな嘘臭い笑顔じゃなくて……!)



京太郎(……さて、掃除も終わって休憩時間な訳だが)

京太郎(メールが染谷先輩からか。『身体は大丈夫か。わしらのことは気にせんでいいからお前は好きな事をやれ。
いつか、心の底から笑えるようになることをわしは願っているよ』。……本当に、あの人はもう)

京太郎(頭が上がらないよ、貴方には……)


『ありがとうございます、今回に限らず、先輩にはいつも助けて貰ってばかりで……
私事ですけどこっちでは、気と、趣味の合う友人もできました』

京太郎「よし、こんな所だろう」ソウシンッ

京太郎(帰る時はお土産買っていかなきゃな……)

京太郎(後は、着信が二件)

京太郎(一つは母さんか。もう一つが……照さんか)

京太郎(母さんは後にして照さんに電話してみるか)プルル


照「はい、もしもし」

京太郎「あ、照さんですか。俺です、須賀京太郎です」

照「須賀君か。どうしたの?」

京太郎「どうしたのって……照さんが電話をかけてきたんじゃないですか」

照「ああ、そうだったね。君のことが心配だったから電話をかけたんだけど出なくて」

京太郎「それだったらメールでいいでしょうに。まだ、メールを覚えてないんですか?」

照「メールは難しい……菫は簡単だって言うけど私にはそうは思えない」

京太郎「ただ、文章作って相手に送るだけじゃないですか」

照「それが出来ないから困ってる。須賀君のメールを受け取る事は菫にやってもらってるから大丈夫なんだけどね」

京太郎「……菫さんの苦労を察します」

照「そんな些細なことはいいの。それよりも、元気にしてる?」

京太郎「えーと……」

京太郎「あははっ。元気ですよ、俺は」

照「……嘘。声が上ずってる」

京太郎「そ、そんなことないですよ?」

照「あの時、約束したよね。私には隠し事しないでって」

照「確かに私は頼りないかもしれないけど」

照「それでも、頼って欲しい。君の重荷を少しでも背負ってあげたい」

京太郎「だけど、それだと照さんに迷惑が……」

照「それは君の悪い癖だと前も言ったはず。あんなことがあったら無理もないと思うけど」

京太郎「あーあ。どうやら、お見通しみたいですね」

照「当然だ。私はこれでも君の“姉”になると決めたから」

京太郎「その言葉を言うべきは別の人だと思いますけどね……」

照「そうだね……でも、私も、君も。あらゆる点でもう無理なんだ」

京太郎「照さんは俺と違って間に合いますよ?」

照「それは無理。こうして君と話している時点である意味裏切りなんだ」

京太郎「ままならないですね……」

照「いつだってそうだよ。この世界は、不条理だ」

京太郎「ホント、不条理ですよ。俺に力があればあんなことは起きなかったでしょうし」

照「……そうだね。でも、私は違うって信じてる」

照「君には潜在的な才能があるって。あの場所ではそれを引き出すことが出来なかったっていうだけ」

京太郎「…………」

照「環境が悪かっただけ。君の話を聞く限り、そうとしか思えない」

京太郎「だから、俺は前へと進もうと思って」

照「崖から落ちちゃった」

京太郎「その結末があの、雨の日でしたね」

照「偶然だった出会いだけど。この出会いがなければ私も、君も……立ち止まっていただろうな」

京太郎「傷の舐め合いでも、当時の俺には特効薬でしたよ。感謝してます」

照「私もだよ。このことを知っているのは確か、天江衣さんと君の友人であるハギヨシさん、それと染谷さんだけか」

京太郎「ですね。あまり、周りに広めることでないんで」

照「まあ、広めたら大騒ぎだからね」










照「なにせ――君はあの時、死のうとしたんだから」





京太郎(……思わず休憩時間ずっと電話してしまった。お互いの近況を話すだけでも時間は経つもんだ)

京太郎(鹿児島まで行くからって言った時はどうなることかと……一応は止めたけど)

京太郎(でも、照さんだしなぁ……本当に来そうだからな)

京太郎(来たらどうしよう……もし、何らかの間違いで咲と会ったら――もう、逃げられなくなりますよ?)

京太郎(今のぬるま湯の関係が、壊れちゃいますよ?)

京太郎(俺の狭い世界が更に狭くなっちゃうかもな?)

京太郎(ははっ……何が霞さん達の世界が狭いだよ。俺の方がよっぽどだ、この目に入れてないものが多いのは……俺の方だ)

京太郎(全く……この世界は不条理ですよ、照さん。手を伸ばしたいのか、それとも手を伸ばしてもらいたいのか)

京太郎(俺の本当は……何なんだろうな。力を得る、それだけは正しいって信じてるけど)

京太郎(いつかは届くのかな。最強の称号に。それとも、空みたいに近くても届かないって感じかな)


京太郎「さてと、何だかんだで昼飯だー!」


小蒔父「お、京太郎君じゃないか。今日はよく会うなぁ」

京太郎「あ、どうも。本日三回目ですよ、もう」

小蒔父「はっはっはっ。まあいいじゃないか。それよりもこうして会えたのも何かの縁だ」

小蒔父「一緒に昼食でもどうかな?妻を紹介したいしな」

京太郎「ああ、そういえば未だ会っていませんね、俺」

小蒔父「小蒔も京太郎君と話したがっていたしね。いい機会だ、ぜひ受けてくれないかな?」

京太郎「はい、じゃあお言葉に甘えさせて頂きます」


【小蒔父の部屋】


小蒔父「紹介しよう、私の妻だ」

小蒔母「君が小蒔ちゃんが言ってた須賀君だね~」

京太郎「はい、初めまして。須賀京太郎といいます。この度は挨拶が遅れて申し訳ありません」ペコリ

小蒔母「いいよ~、そんなの。私も堅苦しいの苦手だしね~」

京太郎「そうですか、そう言ってもらえると幸いです」

京太郎(おお……すっげぇ。傍から見ると一児の母とはとても見えねえ。というかちびっ子に見えるぞ……)

小蒔父「うちの妻はそういうのはめんどくせーとか言ってあまり気にしないからな。京太郎君も楽にしてもらって構わないよ」

京太郎(犯罪としか思えないっすよ、小蒔父さん……というかこの母からどうして神代さんみたいな巨乳が生まれたんだろう)

小蒔母「えへへ~。そういうのは夫が全部やってくれるから~」

小蒔父「任せておけ。お前との語らいを増やす為だ……これからも仕事は全て私がやるからな」

小蒔母「もう、貴方ったら~」テレテレ

小蒔父「お前の笑顔があれば、私は何とだって戦える。そうだろう?」

小蒔母「私もそうだよ~。貴方がいるから生きていけるもんね~」

京太郎(うーん、ごはんを食べる前からご馳走様です)

京太郎(あれっ、神代さんが何か寂しそうな目で見ているぞ)

京太郎(まあ、いいや。気のせいだろう)

小蒔(…………)グスッ

小蒔父「ということで私と妻はラブラブなのだよ!」

小蒔母「もう貴方ったら~須賀君が置いてきぼりになるでしょう~」

京太郎「い、いえ。聞いていて楽しい話ですし」

小蒔父「さすが、私の見込んだ子だ。いやあ、須賀さんが体を壊した時はどうなることかと思ったが」

小蒔母「いい子が来てくれてよかったわね~」

京太郎「いやあ、そんなに褒められると照れますよ~」

小蒔父「本当のことを言ったまでだぞ、なぁ?」

小蒔母「そうよ~。須賀君は胸を張っていいんだからね~」

小蒔父「おっと、雑談もここまでにしないとな。食事が冷めてしまう」

小蒔母「そうね~。じゃあ、いっせいの~で~」

「「「「いただきます」」」」

京太郎「おっ、これうまいですね!}

小蒔父「クックック……それは私が作ったものだ」

京太郎「小蒔父さん……あなたっ!」

小蒔父「これでも、私は料理がすごいうまい!」

小蒔母「きゃーーーっ!貴方素敵ーーーーーーーっ!」

小蒔(いいなぁ……須賀さんと楽しくお喋りできて)

小蒔(私もしたいのに……)

小蒔(どうしても、積極的になれないなぁ)

京太郎「うわあっ!?この卵焼き美味いっ」

小蒔父「そうだろうそうだろう!何なら弟子にしてやってもいいんだぞ!報酬は衣ちゃんの写真で」

小蒔母「貴方……衣ちゃんって誰かしら?」

小蒔父「あ」

京太郎「……自業自得ですよ、小蒔父さん」

小蒔(あの後、はるるちゃんに聞いたけど……須賀さんにふーふーしてもらったり)

小蒔父「ご、誤解だ!衣ちゃんっていうのは猫の話なんだ!」

小蒔母「本当に~?」

小蒔父「ああっ、神に誓って言える!」

小蒔(看病してもらったって嬉しそうに話していた)

小蒔母「あっ、そういえば衣ちゃんが貴方に会いたいって来てたわね~」

小蒔父「いやっほおおおおおおおおおおおおおおうう!今すぐ行くよ、衣ちゃああああああんんん!」

京太郎「小蒔父さん、それは罠ですよ!」

小蒔父「えっ」

小蒔(あの時助けてもらったお礼も満足にできていないのに……もっと、須賀さんと仲良くなりたいのに)

小蒔母「うふふ……これはお仕置きが必要ね~」

小蒔父「ひゃあっ!?やーめーてー!」

京太郎「ご愁傷様です……」

小蒔父「京太郎君助けてくれーーーーーーーーー!妻のお仕置きは洒落にならないんだ!」

小蒔母「洒落にならなくするのは貴方なのよ~」ズズズッ


京太郎「さてと、美味しいご飯を食べたことだし仕事仕事~」

京太郎「そういえば、午後は誰と一緒に仕事をするんだろう?確か今日も付けるって小蒔父さん言ってたな」


初美「ということで、午後は私が京太郎につきますよー」

京太郎「お願いします」ペコリンッ

初美「午後は倉庫の掃除と整理をするんで頑張りましょうー」

京太郎「はいっ!」

京太郎(どうしてだか、薄墨さんがいつもより可愛く見える……)

京太郎(うーん、俺に貧乳属性はなかったはずなんだがなぁ)

京太郎(一時の迷いかな?あのぺったんに俺が恋焦がれるなんてありえねぇと思うんだけど)

初美「どうしたんですかー。早く行きますよー」

京太郎(あの笑顔が可愛いって思った俺はちょっとやばいかもしれない)

【倉庫】


初美「じゃあ行きますよー」ガタガタガタッ

京太郎「はーい」ガタガタガタッ

京太郎「やっぱり倉庫だから物が多いですねー」

初美「それは由緒ある家ですからねー。物が多くなることも仕方ないですよー」

初美「うんしょっと」ドスッ

京太郎「ああ、薄墨さん。そういう重いものは俺が運びますから軽いものを運んで下さい」」

初美「大丈夫です、一人で出来ますよー」フンス

初美(ううっ、これ重すぎですよー……)フラッ

京太郎「あっ、危ないっ!?」

初美「ひゃあっ、倒れ……てないですよー」

京太郎「大丈夫ですか、間に合ってよかったです」ダキッ

初美「あ、ありがとうなのですよー」

初美「……ってどこ触っているんですかー!」

京太郎「あっ、ご、ごめん!」

初美「ごめんで済むなら警察はいらないのですよー」

初美「まだ、誰にも触らせたことがないのに……」

京太郎(触る胸はないと思うけどなー)

初美「まったく、デリカシーが無いですよー。プンプンですよー!」

京太郎「す、すいません。以後注意します」

初美「で、でも……助けてくれてありがとうなのですよー」テレッ

京太郎「何言ってるんですか、薄墨さんには色々と恩があるんですから……」

初美「そこまできにしなくてもいいんですよ?」

京太郎「駄目です。そういう訳にはいきません」

初美「京太郎は無駄に背負いすぎですよー?」

京太郎「ははっ、そうかもしれませんね……」

京太郎(ん?何だ、これ?)

京太郎(何か剥製をつなぎとめている槍だけど……)

京太郎(触ってみよう……なにか力を得る機会になるかもしれないし)ピタッ

京太郎(これは……!何かが流れ込んでくる……!)

京太郎(もしかすると、これを持てば……雀力が上がるかもしれない!)

初美「京太郎ー何かあったんですかー」ヒョイッ

京太郎「わぁえっ!?いきなり脅かさないで下さいよ!」

初美「ああ、それはですね~。妖怪を封印しているらしいですよー」

初美「本当かどうかはわかりませんけどねー」ケラケラッ

京太郎「妖怪……?」

初美「もしかすると、これを持てば京太郎も悪霊退治が出来るかもしれませんよー」

京太郎「そんなことしませんってば……というかこの槍引き抜いたら妖怪復活しちゃうんじゃないですか」

初美「あははっ、まさかー。剥製に決まってますよー」

京太郎(本当にそうなのかなぁ……)



京太郎「うーん、なかなか片付きませんねー」

初美「そうですねー。まあ、今日中に終われるとは思っていませんでしたよー」

京太郎「残りは次になりそうですよ、このままだと……」

初美「むーっ!京太郎早く終わらせますよー」

京太郎「ああ、もうっ!そうやって急いだらまたっ!」

初美「あっ!京太郎どいてくださいー」


ドンガラガッシャーン


京太郎「いってぇ……頭打ってないかな……。っと、それよりも!薄墨さん大丈夫ですか?」

初美「何とか、ですよー……」

京太郎「つうか、何だこの重いのは」フニッ

初美「ひゃあっ!?」

京太郎「あれっ……この柔らかい感触は?」フニフニッ

初美「ひゅうっ!い、いつまで触っているんですかー!!!!」

京太郎「す、すいませーーーんってこの俺の胸に乗っかっているのって……」

初美「私ですよー!」

京太郎「は、早くどいて下さい!」

初美「そうしたいのは山々なんですけど……荷物が乗っかって」

京太郎「俺も起き上がりたいですけど、足が何かに引っかかって動けなくて」

初美「ええっ!?ということはしばらくこのままですかー!?」

京太郎「それは困りましたね……巴さん辺りが見に来てくれるといいんですけど」

初美「助けて欲しいですよー」

京太郎(やばい、何でか知らないけど……薄墨さんが可愛くて仕方ない)

京太郎(俺は……俺はロリコンじゃねぇのに!)

京太郎(巴さん、早くきてくれーーーーーーっっ!間に合わなくても知らんぞーーーーーーーーっ!)


初美「……っふぁ……んっ」

京太郎「上でモゾモゾしないで下さいよ、擦れて痒いですっ」

初美「そんなこと言ってもここから早く抜け出さないと困りますよー」

京太郎(上で変な声出してる方がヤバいんですよっ!ああ、もうチラチラ見えるピンク色があああああ!9

初美「やっぱりこのまま待つしかないのでしょうか……」ションボリ


初美「誰かーーーー!助けて下さーーーい!!!」

霞「……はっちゃんの声が聞こえた気がしてここまで来たけど……」ガラッ

初美「ここでーす!霞ーーー!」

霞「ダンボールの転がっている場所から声……?はっちゃーん、何処にいるの?」

初美「ここでーす。ダンボールや物に引っかかって潰されているのですよー……ここは狭くて暑いいのですよー……」

霞「わかったわ……今どかすわね」ウンショット

初美「ぷはーーーっ!外の空気ですよー!」

霞「はっちゃん、大丈夫!一人で怖かった……でしょ………う」

京太郎「はぁ……どれくらい密着していたんでしょうかね」

霞「えっ、何で京くんがここに……」

初美「もう、京太郎がきちんと私を受け止めないのが悪いんですよー」

京太郎「元はといえば薄墨さんが無理に重い物を運んだのが原因じゃないですか
全く、ずっと体を押し付けられて困りましたよ?」

霞「…………えっ」

初美「ふっふっふっ、このはっちゃんバディーで興奮しましたね?」

京太郎「し、しないから!そんな薄い身体をずっと当てられてもなー」

初美「むーーーーっ!あれだけの近距離で私と密着できたんですよー!?」

京太郎「ノーセンキューで」

初美「何でですかー!私と一緒は嫌なんですかー?」

京太郎「いや、そういう訳じゃないですよ。薄墨さんとは仲良くしたいですし」

霞「!!」

霞「ええ……」

霞(私とのデートを断ったってことは仲良くなりたくないの?そういうことを言ってるってことなの?)

霞(京くん……私、もしかして嫌われてるの?)

初美「うりゃーーーっ!」

京太郎「暑苦しいから後ろから抱きつくなーーーーっ!」

初美「にはははははっ!このはっちゃんボディをとくと味わうがいいですよー!」




京太郎「さてと、今日の仕事も終わりか……」

京太郎(そうだ、時間もあることだし……倉庫に行こう)

京太郎(何か、あの槍以外にもてがかりがあるかもしれないしな)ガラッ

京太郎(さてと、探してみるか!)

京太郎(ん?何だこれ?)

京太郎(刀身から鍔まで全部真っ赤じゃねぇか)

京太郎(血でも吸ったのかよって言いたいくらいだぞ、これ)

???「我を……継承せよ……」

京太郎「うわあっ!?剣が喋った!」

悪霊(落ち着け。これはお前の頭に語りかけてるだけだ)

京太郎(どっちにしろビビるわ!)

京太郎(この剣について何か知ってるか)

悪霊(いいや。とにかく、これを取り込んだら強くなれることは確かだな。
声が聞こえるってことはテメエは選ばれたってことだよ)

京太郎(俺が……選ばれた?何の才能もない俺が?)

悪霊(そうだ。それは紛れもなくテメエがつかみとった結果だ。誇れよ、ガキ)

京太郎「……クッ。ククッ」

京太郎「俺が、選ばれた……!いいねぇ、ゾクゾクしてきやがる」

悪霊(ハッ。喜ぶのはまだ早いぜ。それに、すぐに取り込まなくてもいい)

悪霊(もっと吟味してみな。この剣以上に力を得れるものがあるかもしれねぇんだからな)

京太郎(……わかった。とりあえず、これは保留だな)

悪霊(慌てることはねえ。いつでもこの剣は呼べば応えてくれるんだ)

京太郎(ああ、じっくりとやろう。此処から先の領域に行くにはもっと力が必要だからな)

京太郎(何かを捧げる……覚悟が、この先必要なら。俺は選ばなくちゃいけない)

巴「おーい、きょーちーん!さがしたよー!」

京太郎「巴さん。どうしたんですか?」

巴「うん、実はさ。きょーちん晩御飯まだ食べてないでしょう?」

京太郎「はい。今日は何処で食べるのかを聞こうかなって思っていたんですが」

巴「うん、私が言いたいことはズバリそれだよっ!」

巴「今さ、はるるが寝込んでるでしょ。だから、はるるだけ消化に優しい物を作ったんだ」

巴「それで、はるるに御飯持って行ってくれないかな?なんならきょーちんもそこで食べていいからさ」

京太郎「俺と、はるるの二人きりですか?」

巴「うん。こっちはちょっとやることがあるから御飯遅くなりそうだし。
ああ、きょーちんの御飯はちゃんと作ってあるから安心してね」

京太郎「そうですか……わかりました。じゃあ、はるるのとこで食べてきますね」

巴「うんっ。よろしく頼むよー」



【はるるの部屋】



京太郎「という訳で一緒に食べることになった」

春「うん。わかった。京は私と一緒に食べたいってことだね」

京太郎「何でだよ!?いや、確かに強く否定することでもないけどさ」

京太郎「ともかく!お前は病人なんだから大人しくしとけって」

春「えー」

京太郎「えーじゃないっ!自分の立場をちゃんと考えておけって」

春「だって、別に大丈夫だし」

京太郎「大丈夫な奴がいきなりゲロを吐くかっ!」

春「誰だって朝は吐く。京もそうでしょう?」

京太郎「ああ、そうだな……って吐かねえよ!」

春「うっそだー」

京太郎「そんな棒読みで言われても」

春「この通り、私は元気だから」

京太郎「アホか!そうやって無理して倒れたらどうすんだ」

春「京がまた看病してくれるんでしょ?」

京太郎「あのなぁ……俺だっていつまでもここにいるんじゃないんだから」

京太郎「つーか、冷めちまう。いい加減飯食おうぜ」

春「じゃあ、いっせーのーで」

「「いただきます」」

春「さすが巴。美味しいご飯を作る」

京太郎「巴さん何でもそつなくこなすからなぁ」

京太郎「そういえば、はるるって」

春「?」

京太郎「いつも黒糖を食べてるけどさ、どうしてそんなに好きなんだ」

春「トップシークレット」

京太郎「ははは……手厳しい」

春「でも」

春「どうしても、って言うのなら教えてあげるのもやぶさかではない」フンッ

京太郎「何か、無駄に態度がでかいけどとりあえず、お願いしますっ」

春「よろしい。じゃあ話す」

春「この黒糖は従姉妹が私に教えてくれたの」

春「甘い物を食べたら頭に血がきちんと循環する。特に黒糖は風味が豊かでベリーグッドですーって」

京太郎「へぇ……はるるには従姉妹がいたんだな。その従姉妹さんから黒糖を勧められて食べるようになったんだな」

春「うん。戒能良子って人。麻雀のトッププロ」

京太郎「……えっ」

春「私自身も麻雀をやってるからその“才能”が受け継がれてるのかも」

京太郎「…………」

春「何せ、良子さん……中東の元傭兵でイタコであるとか、ソロモン王の力で役満を和了ったという逸話があるくらいだから」

春「だから、その血があるから私にも運があるのかもしれない」

京太郎「……麻雀やるんですか」

春「うん。これでも鹿児島代表」

春「姫様、霞、はっちゃん、巴、私の五人」

春「チームで代表」

京太郎「皆、強いんですか」

春「強いよ。私は一年だから違うけど他の四人は去年も出たよ」

京太郎「全国でも……活躍したんですか」

春「うん。特に姫様はすごかった。神様に愛されてるとしか思えないくらいにバカツキ」

春「霞やはっちゃんも特有の才能があるし、巴も安定して上手い」

京太郎「……全員、才能があって上手いんですね」

春「もしかして、京も麻雀やるの?というか途中から敬語になってる。何か、あった?」

京太郎「ああ、ごめんな。はるる達も麻雀やってるって聞いたら動揺しちゃって……だけど俺は、生憎と非才の身なんで遠く及ばないと思うけど」ニコリ

春「そう。でもやった。今度は京も一緒に遊べるね」

京太郎「いやぁ、俺は弱いから“才能”がある皆には遠く及ばねえって」ニコリッ

春「そうかな?頑張れば誰だって強くなるよ?」

京太郎「……そうじゃねぇから、苦しいんだよ」ギリッ

春「京?」

京太郎「いや、なんでもないよ。羨ましいよ、強いってだけで色々得れるものがあるんだしな」

春「そうだけど……強いって正直“拘ることじゃない”と思うけど」

京太郎『あははっ、そうだよな……ああ、そうだよなぁ』

京太郎『才能なんていらないよな、麻雀はたのしくやるもんだからなぁ……っ』

春「……やっぱり、京おかしい。何かあった?」

京太郎「だから、何でもないって言ってるだろー。とりあえず、この話は終わりだっ。早く残りの飯を食おうぜ」

春「うん」

春(何か、京が動揺することを言っちゃったのかな?)

京太郎(……麻雀は楽しむもの。そうだな、あんなことがなければ今もそう思っていたんだろうな)

京太郎(強くなきゃ誰も認めてくれない。むしろ、馬鹿にされて、叩かれて……)

京太郎(シンパにボコられて、最終的には咲達にも否定されて)

京太郎(強かったら……そんなこともなかったんだ)

京太郎(なかったことにできたんだ)

京太郎(俺だって、取り戻したいさ……あの日々を)

京太郎(でも、もう取り戻せないんだよ。才能に全部塞がれて)

京太郎(せめて、全国大会に出れなくても……個人戦である程度勝ち進めたら)

京太郎(こうなっていなかったかもしれないし)

京太郎(大好きでいれたんだろうな、あの空間を)



京太郎「さてと、飯も食い終わったし。明日も早いし部屋に戻ろう」

コケコッコー

京太郎「朝だ……」ガバッ

京太郎「眠すぎる……」

京太郎(特に携帯をいじっていた訳でもないんだけどなぁ)

京太郎「顔、洗いに行くか」タッタッタッ


【廊下】


京太郎「あ」

春「あ」

京太郎「はよー」

春「おはよう」

京太郎「今日は前みたいにゲロを吐かないでくれよ?」

春「人をゲロ魔人みたいに言わないで」

京太郎「はいはい。で、体の調子はどうだ?」

春「一日休んだおかげで万全」

京太郎「それはよかった」

春「京の方こそ、大丈夫?」

京太郎「何がだよ?」

春「昨日、様子がおかしかったから」

京太郎「気のせいだっての。考えすぎだ」ポンッ

春「なら、いいんだけど」

京太郎「じゃあ、俺は洗面所に行くから」

春「ねぇ、京」

京太郎「何だ?」

春「あのね、私が……私がだよ」







春「私が、明日死ぬかもしれないってなったら、どうする?」




京太郎「最後まで抗う。例え、相手が誰であっても」

京太郎「はるるが死ぬのは、嫌だ」

京太郎(才能があって、麻雀が上手いとしても……はるるは、はるるなんだ。
簡単に嫌いになんてなれるかよ!)

春「じゃあ、期待してもいい?もし、私が死にそうな時、京は助けに来てくれるって」

京太郎「確証はないけど。でも、こういう時は約束、するもんだろ」

春「じゃあ、指切り」

京太郎「ああ、指切りだ」

京太郎「よし、これで

春「そのかわり、私も助ける」

春「京が何に苦しんでいるかは知らないけど。いつか、わかった時は全力でサポートする」

京太郎「……いいのか?」

春「うん、だから――約束だよ」

京太郎「ああっ」

春「そういえば、京」

京太郎「ん?」

春「今日は土曜日。つまり、私と京はお休み」

京太郎「ああ、霞さんから聞いたよ。いきなり休みって言われてもどうするか困ってるんだよな」

京太郎「一応、霞さんからは街に出ないかって誘われたんだけど」

京太郎「他の人達といけばいいと思って断ったんだ」

春(霞……不憫な子)

京太郎「部屋でのんびりしてるかな、久しぶりにボーっとするのも」

春「ね、ねえ。京」

春「あのね……私、今日は街に出てほしいものがあるの」

春「で、でも……ほしいものって結構重いんだ」

春「だからね、荷物持ちが必要なんだけど……京、お願いできる?」ウワメヅカイッ

京太郎「あー、悪い。今日は休もうって決めてるんだ」

京太郎「初めてやる仕事が色々あったから疲れてるってのもあるしな」

春「そう……じゃあ今度、お願いね」

京太郎「まあ、俺で良ければ」

春「うん。京は力がありそうだからこきつかえそうだし」

京太郎「それが目的かよ!?」

春「そうだよ」

京太郎「肯定しやがった、いい性格してるなぁっ!」

春「でも、京を頼りにしてるってことだから」

春「つまり、そういうことだよ」

京太郎「どういうことだっての……」



京太郎「さて、部屋でのんびりしている訳だが……」

コンコン

京太郎「入って、どうぞー」

ガラッ


小蒔「た、たのもーっ」

京太郎「神代さん?どうしたんです、こんな朝早くに」

小蒔「それは朝早く起きれたから須賀さんとお話したいなって」ボソッ

京太郎「俺と話したい?」

小蒔「はいっ!あの時のお礼もあまりできなかったので……」

京太郎「そうですか、なら朝食の間までならいいですよ」

小蒔「ほんとですかー!」パアッ

京太郎「さてと、何を話します?」

京太郎「じゃあ、神代さんのお父さんについて」

小蒔「はい。話すといっても、特にはないですよ?」

小蒔「どこにでもいる優しい父ですし」

京太郎(それはない。あんな人が何人もいてたまるか)

小蒔「ただ、私の方を見てため息をつくのはどうしてかなって思いますけど」

京太郎(ああ、胸か……)

小蒔「で、でも!本当に優しいんですよ?」

京太郎「ああ、はい。それはわかります」

小蒔「ただ、前みたいに部屋には絶対に入れてくれなくなったのはちょっと悲しいです……」

京太郎(大方、エロゲとか隠してるんだろうなあ)

京太郎「まあ、いいじゃないですか。それでも、仲がいいんですから」

京太郎「親子仲がいいのは悪いことではないと思います」

京太郎(親がロリコンでもな)

小蒔「そうですよねっ!」

京太郎「まだ、時間はありますし……どうします?」

小蒔「もっと、お話していたいですっ!」

京太郎「そうですか。それにしても、家族っていいもんですよね、神代さんは結婚願望とかあるんですか」

小蒔「ふぇ?け、けけけけけけっっっこんでしゅか!」

京太郎「何故にそこまで顔を真っ赤にするのかが謎ですけど。ただ、神代さんの話を聞いていて羨ましいなあって」

京太郎「俺には縁がないと思うんですけどね……」ハハハ

小蒔「そんなことないですっ!!!!」

小蒔「須賀さんは自分のことを過小評価し過ぎですっ。本当はとっても優しくて気配りができるのに」

小蒔「そんな須賀さんを好ましく思ってるひとだっているんですよっ!」

京太郎「ははっ……お世辞でも嬉しいです」

京太郎「でも、俺なんかにそんな評価はもったいな「お世辞なんかじゃありませんっ!」パチンッ……え?」

京太郎「神代さん……?」

小蒔「訂正、して下さい。須賀さんはそんな人じゃないです」

小蒔「須賀さん。私と初めて出会った日のことを覚えていますか?」

小蒔「あの時の私は相当参っていました。周りが見えず、全部真っ暗のようにさえ感じていました」

小蒔「誰にも頼らずに逃げ出して。もう、何もかもを投げ出そう。そう、思っていたんです」

小蒔「でも、そうはなりませんでした。貴方が、須賀さんがいてくれたから。私は踏みとどまれたんです」

小蒔「貴方が差し出してくれた手に救われた人がいるんですよ……っ!」

小蒔「貸してくれた服、一緒に食べたアイス、困っている私にくれたアドバイス……全部が私にとっての光だったんですよっ!」

小蒔「それを……っ!“嘘”にしないで下さい!」

小蒔「須賀さんがどんなひどいことをしたとしても、私を助けてくれたことは嘘になりませんっ!」

小蒔「だから――――っ!」

京太郎(俺は……どう、答えればいいんだ?わからねぇ……わからねぇよ)


京太郎「訂正はできません…」

京太郎「神代さんの考えは神代さんのものです。それを、俺は否定して……訂正させることはできないでしょう」

京太郎「……正直、迷っています。進むと決めた道が正しいか。神代さんが言ってくれたことが本当か」

京太郎「だけど……俺の価値観は。やっぱり、どうしても変わらないんです」

京太郎「もう……変えられないんです」

京太郎「凝り固まったものは、もう解せないんです」

小蒔「そうですか……須賀さんは本当に意固地ですね」

小蒔「わかりました。なら、私も勝手にします。勝手に――須賀さんに関わりますから」

小蒔「嫌でも付いていきますから」

小蒔「私は、負けません。絶対に」

小蒔「どんなに時間がかかってもわからせます。貴方の価値は決して小さくないんだって」

小蒔「だから、これからもよろしくおねがいしますね?“京太郎”さん」ニコッ

京太郎(あの後、神代さんはものすごくいい笑顔で帰っていった)

京太郎(神代さんじゃなくて、小蒔でいいですって言われたけどさすがになぁ)

京太郎(だけど……俺のことを、本当に心配してくれる人が照さん達以外にもいるのかもしれない)

京太郎(信じてもいいのかな。ここの人達を。心から)

春「ねえ」

京太郎(だけど、一度変わった考えは簡単に変わらない)

京太郎(俺と神代さんの我慢比べみたいなものか……)

春「さっきから一人で難しい顔してるの」

京太郎「って、うわっ!はるるかよ」

春「はるるかよとは失礼。私への態度が適当」

京太郎「ソンナコトハナイヨ」

春「カタコトになってるよ、京」


春「それでごまかせると思ったの?」

京太郎「全然」

春「もう……本当に適当だね」

京太郎「いいんだよ。こういう冗談でも言わないとやってられないって」

春「ふーん……」

春(京の顔が前と違って少し、明るい)

春(あの麻雀の話をした時みたいに苦しそうじゃない)

春(聞いてみよう)

春「それにしても、京が考え事なんて珍しい。何かあったの?」

京太郎「あー……」

京太郎「神代さんに言われたんだ」

京太郎「俺は、自分を低く見過ぎだって」

京太郎「前にさ、はるるにも言われたよな。でも、俺は信じれないんだ」

京太郎「トラウマがあってさ。それが理由の全部を含んでるって訳じゃないけど」

京太郎「何が嘘で、何が本当か。誰が味方で、誰が敵か」

京太郎「ちょっと、わかんなくなっちゃって」

京太郎「ゴメンな、辛気くさい話で」

春「京、私は約束したよ。全力でサポートするって」

春「姫様だけじゃない。私も、京は自分を低く見過ぎだって思っている」

京太郎「…………」

春「過去は変わらないけど、未来は変えられるよ?」

春「京の過去に何があったかは知らないけど……今は違うよ」

春「皆、いる。京のことをちゃんと考えている人がいる」

京太郎「……」

春「明日」

春「明日の夜。この街にある高台に来て」

春「そこで、証明する。京は決して無価値じゃないって」

春「高台については後で地図で説明するから」

京太郎「……わかった」

京太郎「明日の夜、高台だな」

春「うん、“忘れないで”」

京太郎「……」

京太郎「そういえば、はるるは何で俺の部屋に?」

春「朝食できたから呼びに来た。皆もう待ってる」

京太郎「じゃあ、さっさと行かないと」

春「それじゃあ付いてきて」

京太郎(証明、か。俺の価値を証明って何をするんだろうな?)

京太郎(それにしても、明日の夜に高台か。忘れないようにメモでも書いとくべきかな)



【自部屋】


京太郎「さてと、朝食も食ったことだし。午前中は何をしようかな」


京太郎「忘れないようにメモを書いておかないとな」カキカキ

京太郎「机の上に置いておけば忘れることもないだろう」

京太郎「うん、これで完璧だ。ついでに部屋の掃除もしておこう」

京太郎「今まで溜めておいたツケだな、これは」








京太郎「さてと、昼飯だな。今日の当番は……」

春「私だよ」ニュッ

京太郎「うわあっ!!!!!扉から首だけ出すなよ!」

春「京も言ってたでしょ。冗談でもやらないとやってられないって」

京太郎「まあ、そうだけどさ」

春「ともかく、今日作ったのは自信作だから」

京太郎「そうか、楽しみだな」

春「……ねえ、京」

京太郎「何だ?」

春「私、明日の夜待ってるから」

京太郎「ああ、そのことか。任せておけって」

京太郎「ちゃんとメモも書いたし忘れねえって」

京太郎「そうだな、忘れるとしたら……悪い妖怪が現れてさ。はるるのことを消さない限り」

春「それも冗談?」

京太郎「ああ、ブラックジョークっていうやつだ。実際はありえねえことだけどな」

春「……そうだね」

春「行こう。御飯が冷めない内に食べて欲しいから」ダッ

京太郎「おい、待てよー!」


春「ねぇ、京」

京太郎「何だ?」

春「……私が消えたとしても、捜してね」

京太郎「当たり前だ」

京太郎「どんなに見失っても、忘れても。きっと、思い出して、捜すから」

春「ありがとう。やっぱり、京を信じてよかった」

京太郎「変なはるるだな。大丈夫だって」

京太郎「俺は諦めが悪いからな」

京太郎「大丈夫だって。妖怪が現れても、ぶっ飛ばすから」

京太郎「安心して待っていろ。必ず、迎えに行くよ」

京太郎「これ、新しい約束な」

春「うん、約束」

春「ふふ……二人だけの約束っていい響き」

京太郎「何言ってんだか……」



【自部屋】



京太郎「……食い過ぎた」

京太郎「駄目だ、これはもう動けない」

京太郎「夜眠れなくなるかもしれないけど、今寝とくか」

京太郎「たまには昼寝もいいだろ……」








京太郎「ふぁぁ……よく寝たな」

京太郎(うわっ、もう夜の八時かよ。これは夜は寝れないな)

京太郎(おい、悪霊。どうせお前も起きてるんだろ?徹夜で付き合えよ)

悪霊(ハア?何で?)

京太郎(いいだろ、もうこのままだと徹夜確定なんだからさ)

悪霊(うっぜぇ……わかったよ。どうせ暇だしな)

京太郎(しかし、起こしてくれてもいいのにな。晩御飯食べ損なっちまった)

悪霊(うるせぇな、いいから寝ろよ。無理して目を閉じたら寝れるもんだ)

京太郎(んな、スパルタなことを言うなよ)

悪霊(いいから寝とけって……うるせえんだよ、テメエ)

京太郎(わかったよ、じゃあお休み)パチンッ




京太郎「……朝の目覚めはすっきりだ」

京太郎「それでも、一応顔でも洗いに行くかな」








「今日ものんびりしようかな、特に予定もないことだし」












【第三章一節いつか、届く、あの空に。End】