京太郎「さて、和と優希はどこに行ったんだか……あ」

和「あ、須賀くん」

優希「おお、京太郎」

西田「え?何々?」

京太郎「2人とも何やってるんだよ……新道寺の花田さんに会ったけど、行ってないみたいじゃねぇか」

和「それが、優希が道を間違えてしまって、さっきまで新道寺の控え室の反対方向に進んでまして」

京太郎「あー……優希、咲みたいなことしてんなよ」

優希「さ、咲ちゃん程酷くないじぇ!」



咲「...zzz……へくちっ……...zzz」


和「それで、さっきこの記者の方に道を教えてもらったので、そのお礼でインタビューを、ということになりまして」

西田「いやー、悪いね?今から行っても間に合わないし?」

京太郎「なるほど、話は分かりました」

西田「で、君は?まさか2人のどちらかの彼氏?」

和「そ、そんなことないです!!」

優希「そそそんなことないじぇ!!」

西田「……え?」

京太郎「2人が言う通り、俺はただの男子部員ですよ」

西田「なんだ……面白い記事になると思ったのに」

和「な、何書く気ですか!」

西田「で?2人は別室で試合見ながらインタビューだけど、君も来る?」

京太郎「俺は選手でもないですし、居ても邪魔になるだけですよ」

和「いいんですか?」

優希「そうだじぇ。京太郎、お前1人寂しく試合見てていいのか?」

京太郎「気にすんなって。あ、花田さんに連絡しとけよ?あの人心配してたから」

優希「わ、分かってるじぇ!」

和「全く、優希はいつも……え……穏乃、憧、玄さん……」

京太郎「へ?」振り返る

穏乃「和……」

憧「え?嘘……」

玄「和ちゃん……」

優希「確か、のどちゃんが言ってた阿知賀の知り合いか?」

憧「3年ぶり!」

穏乃「どうして?試合は今日じゃないだろ?」

和「試合を見にきて、色々あってこのマスコミの方と別室で見ることになったんです」

穏乃「和。うちら必ず決勝行くから、和も必ず来てよ!」

和「……そんな約束はできませんが、私自信はできる限り頑張るつもりです!」

穏乃「うん。また、遊ぼうな!」

和「はい!」

玄「……ちょっといいかな?」

憧「……玄?」

玄「和ちゃん、久しぶりに会えて、うれしいのです」

和「はい。私もとても嬉しいです」

玄「うん。何より、またあの頃より大きくなって……いよっしゃあ!!」ガッツポーズ

京太郎「ちょっと玄さん、落ち着きましょうよ」

穏乃「え?Kちゃん本人!?」

憧「てかなんで玄と知り合いっぽいの!?」

宥「あ、そういえば会ったの言ってなかったね」

灼「忘れてた……ごめん」

穏乃「3人だけ!?ずるいですよ!」

玄「……京太郎くん」

京太郎「……玄さん」

ガシッ!

穏乃「……へ?」

憧「……は?」

優希「な、なんで握手?」

和「ふ、2人とも?」

玄「京太郎くんが送ってくれた永水の人達の写メ、本当にすばらしかったよ!」

京太郎「玄さんこそ、千里山の清水谷さんの写メはすばらなアングルでした!」

玄「そんな……京太郎くんは宮守や姫松のおもちも送ってくれたのに、私のは少なくて」

京太郎「量じゃないです質です!数こそ少ないものでしたが、その分素晴らしい質のものばかりでした!」

玄「京太郎くん……」

京太郎「真のおもち好きに、悪人はいないんですよ?」キリッ

優希「いきなり何言ってるんだー!」飛び蹴り

京太郎「あでっ!!」

憧「玄ものらないの!」チョップ

玄「あたっ」

和「……玄さんも変わりませんね」

穏乃「あはは……2人は和の友達?」

優希「おう!私は1年生の片岡優希!清澄の先鋒だじぇ!」

宥「先鋒……玄ちゃんと同じだね」

優希「これと?」

玄「うぅ……痛いよぅ」

和「優希、一応年上ですよ」

灼「一応って言うんだ……分かるけど」

京太郎「3人は知ってるけど改めて、俺は須賀京太郎。1年生で麻雀部員だ。もっとも初心者で男は俺1人だが」

憧「男子が1人って……下心ありまくりじゃない」

和「憧、そういうふうに判断しないでください」

京太郎「和……」

和「確かに須賀くんは私の胸を見てたり、他校の胸が大きな人に見とれたり、最近はなぜか他校の知り合いが増えたりしてますけど」

和「麻雀部の雑用を文句も言わず1人でやってくれたり、家事など大抵できたり、良い人なんですよ!」

優希「のどちゃんのどちゃん。前半で台無しだじぇ。事実だけど」

穏乃「えっと……ようするに、良い人だね?」

憧「しず、そう言い切るのは無理があるわ」

和「だ、大丈夫です!須賀くんが好きなのは胸が大きい人ですから、穏乃なら大丈夫です!」

優希「おい」

穏乃「あー、うん。胸無いのはいいけど、そう言い切られるのは……」

憧「……ようするに、良い人だけど胸が好きってこと?」

玄「つまり私と同じ!」

灼「……駄目っぽい」

宥「あはは……」

京太郎「……なんか酷い」

憧「まぁ、和が良い人って言うならそうだろうけどね……胸か……」

穏乃「胸なんか無くてもいいんだー!」

優希「おぉー!!分かってるじゃないか!よしタコスをやろう!ほれ、同じ胸がないあんたにも!」

灼「あ、ども……おいし」

穏乃「あ、ほんとだコレおいしい!」

和「優希!それは花田先輩への差し入れじゃないんですか!」

京太郎「こんなこともあろうと結構多めに作ってある。優希だし」

優希「さすがだじぇ!他の3人もほれ」

京太郎「お前が食いそうだからだよ。それ、人にやったんならお前の分ねーぞ?」

優希「じぇ!?」

憧「あ、でもこれ本当においしい」

宥「これが、手作り?」

玄「おいしいですのだ!」

京太郎「それは何よりです」

放送『試合が始まります。選手の方は…』

憧「あ。もう行かなきゃ」

穏乃「うん。それじゃ和。決勝でね!」

和「ええ。穏乃達も頑張ってください」

玄「行ってくるねー」

優希「私は花田先輩を応援すれけど、それなりに応援してるぞー」

灼「それ微妙……」

宥「一応、応援してくれているから、いいんじゃない?」

京太郎「頑張ってくださいねー」



憧「……コレを手作り……負けた気がする」

穏乃「いいじゃん……私ならこんなの無理だし。でも、良い人って言うのは本当みたいだな」

憧「そうねー……玄、後でアドレス教えてよ?」



京太郎「さて、和と優希も行ったし、俺は席に行くか」

放送『先鋒の選手は…』

京太郎「始まるのか……先鋒の選手か」

京太郎(ここから会場までそこまで遠くないし、誰か1人くらいに会いに行くかな)

京太郎(先鋒の人は、一応全員知り合いだし。あ、照さんはマスコミ多そうだし、後でいいかな)



京太郎(園城寺さんに会いに行こう)



怜「はぁー……チャンピオンか……しんどそうな相手や」

怜「……ウチなんかが相手できるんやろか」

京太郎「あ、園城寺さーん!」

怜「須賀くん?どないしたん?」

京太郎「試合前に、先鋒の人に会っておこうと思いまして」

怜「先鋒?ウチ以外にも3人いるやん」

京太郎「その3人とも知り合いなんですよ」

怜「チャンピオンともか?すごいなぁ」

京太郎「いえいえ、ただの幼馴染ですって」

怜「で、ウチを選んでくれたんか?嬉しいなー……でも、ウチはそんな期待されてるほどやないよ」

京太郎「どういうことですか?」

怜「んー……ウチは今までなんとかやってきたけどな、結局それも色々なもんが偶然うまくいっただけや」

怜「……そんなウチが、こんな大舞台におってええんやろかな……」

京太郎「……いいんじゃないですか?」

怜「は?」

京太郎「そんな考えなくても」

怜「や、そう軽く言う話やなくてな……こう、シリアスなとこやで?」

京太郎「初対面からギャグみたいだった人にシリアス言われても」

怜「あー……あの時の話も結構本当のことやったんやけどね」

京太郎「もういっそ開き直って、照さん、チャンピオンと刺し違えるくらいでいきましょうよ」

怜「同時にトビ?いやそれ負けやん!?そして無理やって!!」

京太郎「意外にいけるかもしれませんよ?あの人も結構ドジですから」

怜「……ドジなとこが想像つかんよ」

京太郎「中学生の時、迷子の呼び出しくらったんで引き取りに行きました。当時小学生の俺が」

怜「ぷっ!……チャンピオンが?……中学生でて……面白すぎやん!」

京太郎「……その後も妹と何回か繰り返して、迷子センターの人に顔覚えられて」

怜「あははは!……あの澄ました顔でそれて……やっば、本人前にしたら吹き出しそうや」

京太郎「ほら、いけそうじゃないですか」

怜「あー……確かになんとかなるかもって思えてきたわ。色々考えてたんがアホらしくなってきた」

怜「チャンピオン、冷たい感じやったけどそうでもないんやね」

京太郎「むしろ結構温かい人ですよ」

怜「ありがとな、緊張もほぐれたわ」

京太郎「いえいえ。それじゃ、頑張ってください、園城寺さん」

怜「……怜や」

京太郎「はい?」

怜「怜。そう呼んでや。ウチも京太郎くんって呼ぶから」

京太郎「それじゃあ……怜さん、頑張ってください」

怜「うん。あ、ちょっと聞いたんやけどセーラと泉の知り合いやろ?」

京太郎「あ、はい」

怜「後でアドレス聞いてメール送るから、返事してなー」

京太郎「はい。分かりました」

怜「ほな、またなー京太郎くん」



怜「あ、チャンピオン」

照「…………」軽く会釈

怜「……迷子て……」プルプル

照「!?」

玄「?」

煌「?」

怜「……ふー。よろしくな」

照「……よろしく」

怜「……やっぱ笑いそうや」

照「……ちょっと後で聞きたいことがあるけど」

怜「京太郎くん、で分かる?」

照「……京ちゃん……言わないでって言ったのに……」

怜「ほな、はじめよか」





名前:
コメント: