洋榎「っそれローーンッ!!」

漫「っなぁ!?」

恭子「うわ、直撃ですやん」

京太郎「よっしゃ、ラス回避」

洋榎「漫、油断したなぁー?逃さへんでー?」

漫「うぅ……トップから一気に落ちた……」4位

京太郎「あぶねーあぶねー」3位

恭子「ほな、決めてた罰ゲームは漫ちゃんやね」2位

洋榎「ふははは!素直に受け入れるんやな!」1位

京太郎「罰ゲームは、1位が4位の額に落書きでしたっけ?」

漫「京太郎の額に書きたかったのに……」

洋榎「ほほう……やったら京太郎、あんた書いてええで」

京太郎「俺がですか?」

洋榎「たまには先輩に思いっきりやってやり!」

恭子「うちらも先輩ですけどね。はい、マジック」

漫「それ油性やないですか?」

恭子「……気にしたらアカンよ?」

漫「何書かせる気ですか!?」

洋榎「からあげとか」

京太郎「それ食べたいものでしょう」

恭子「テキトーでええやろ」

洋榎「日中関係の明日とか」

漫「どっから出てきたんですか!?」

洋榎「こないだ由子が中国がどーの言うてた……っぽい」

恭子(臨海の次鋒のことかな)

京太郎(臨海対策とかでそんな書き方したメモ取ってたっけ)

洋榎「さぁ京太郎!漫の額に日中関係の明日を描くんや!!」

京太郎「とんでもない無茶振りですね!?」

漫「ぐぬぬ……えーい、こうなったら四の五の言わん!さぁ、書くんや!!」

京太郎「ま、マジですか?」

京太郎(なんか震えながら目閉じて座ってスタンバイしてて……アレ?)

恭子(これは……なんというか……)

洋榎(キス待ち!?)

京太郎(え?……なにこれ?……どうしろっていうんだ?)

漫「ま、まだ?はよ、して」プルプル

京太郎「は、はい!」

京太郎(やべぇ、意識したらそうとしか見えなくなった……これはアレか?やっちゃうしかないのか?)

洋榎「恭子ぉ!!」

恭子「はい主将!!」

洋榎「おりゃぁっ!」キュキュキュッ

漫「え?あー!?なんで主将が書いてるんですか!?」

洋榎「やかましい!京太郎が遅いせいや!!」

恭子「そうや!京太郎と漫ちゃんのせいや!!」

京太郎「俺!?」

漫「なんですか!?何もしてませんよ!?というか何書いたんですか!?」

洋榎「『郁乃のモ・ノ(ハァト)』って書いた」

漫「ひっど!!」

郁乃「へぇー?」

漫「はっ!?」

洋榎(アレ以上あんな顔させられんっちゅーの)

恭子(今後は要注意やな)

京太郎「……やばかった」


カンッ!!