和「…………」タン

優希「それロンだじぇ!!」

和「あ……はい」

久「珍しいわね、そんなのを振り込むなんて」

和「ええ……もっと集中しないと」エトペンギュー

まこ「エトペン持っとるのに少し集中力落ちとるのぉ……休憩するか?」

和「……大丈夫です」チラッ

京太郎「?」


1週間後


京太郎「最近、和から視線を感じる」

咲「京ちゃん……和ちゃんが冷たいからってついに妄想を……」

京太郎「ちげーよ!マジだよ!!」

咲「うーん、和ちゃんが京ちゃんを?和ちゃんの性格からそういうことはしないと思うけどなぁ」

京太郎「まぁ、そこは同感だ。だから不思議なんだけどなー」

咲「京ちゃんの勘違いか、自意識過剰だよー」

ガチャ

和「ツモ!!」

優希「ううう……逃げ切り失敗だじぇ……」

まこ「見事に1位になったのぉ」

久「そうねー。あら、二人とも遅かったじゃない」

京太郎「ええ、掃除当番で」

咲「アレ?和ちゃん、それエトペンじゃなくて…」

和「Kちゃんです。最近こっちを抱いていたので調子が出なくて……」

京太郎「なるほどなー。そりゃ抱いてるものが違ったら調子でねーか」

和「ええ、これからはこっちでいきます」キリッ

咲(京ちゃん、視線は本当だったんだね。後京ちゃんの鈍感)

優希(ぐぬぬ……のどちゃんにここまで明確なアピールされるなんて)

まこ(割と天然じゃし、気づいとらんのかのー)

久(私もやってみようかしら……)


それから1週間後


京太郎「最近もまた和から視線を感じるんだよ」

咲「京ちゃん、何かやったの?」

京太郎「何もやってねーよ!身に覚えがないからこうやって話してるんじゃねーか」

咲(ただ鈍いだけじゃないかな)

咲「最近和ちゃんなんか悩んでるみたいだし、そっとしとくのがいいんじゃない?」

京太郎「そうだなー。Kちゃん抱いてから少しは調子よくなったけど、最近落ち気味だしなー」

京太郎「まぁ俺にできることなら協力してやるか」

ガチャ

京太郎「お疲れ様…」

ギュッ

京太郎「……へ?」

和「…………」ギュー

咲「……え?」

優希「の、のどちゃん?」

久「大胆ねぇ……」

まこ「止めんでええんか?」

京太郎「えっと、和さん?」

和「……我慢、できないです」

京太郎「はい?」

和「家でならぬいぐるみでいいんですけどやっぱり本人がいるのにぬいぐるみっていうのは我慢できませんし何より本人のぬくもりやにおいを感じながら打つのがベストですから」ギュー

和「ええそうですこうするのがベストなんですから今後は定期的にこうさせてもらいますねええ決定ですから拒否権は存在しませんからええあああったかいしいいにおい」ギュー

京太郎(おもち!?おもちが!?)

咲「はっ!?だ、駄目だよ!!京ちゃんが困ってるよ!!」

和「……咲さん、次は咲さんの番でいいですか?」

咲「5分交代ね!!」

優希「その次は私だじぇ!!」

久「あら、部長である私を差し置いて決めるの?」

まこ「わしは最後でええからちゃんと順番決めぇよ?」

京太郎「はっ!?あまりの自体に一瞬意識が飛んでた。一体、なんなんだ?」

和「ではこれから1局ごとにトップが5分間ということで」

咲「異議なし」

優希「ちょっとタコス買ってくるじぇ」

久「ええと、ヘアゴムヘアゴムっと」

まこ「さて眼鏡はここに置いとくか」

京太郎「……なんだってんだよ」

その後、全員全力だったとか


カンッ!!