春「…………」チュー

京太郎「ん?珍しいな、黒糖食べてないなんて」

春「実は……」



洋榎「なぁ?自分ずっと黒糖食うてるけどそんなにうまいん?」

春「……あげない」

洋榎「いや盗らへんて!……多分」

胡桃「うるさいそこ!」

洋榎「あ……すんません」

久「でもずっと食べてるわよね……まさかその胸は黒糖で出来てるとか?」

春「……確かに霞さんも食べてた」

洋榎「ホンマ!?黒糖には胸おっきくする効果があったやなんて……」

胡桃「ちょ、ちょっと買ってくる!」

洋榎「あ!抜け駆けは無しやー!!」



春「ということが中堅戦終了後にあった」

京太郎「いや、だからって今日食ってない理由は…」

春「…………」スッ

京太郎「ん?なんだこの記事…」

『新説!?黒糖で胸が大きくなる!?』

京太郎「……あー」

春「ネットって怖い。いつもの店が売り切れだったから今日は黒糖ジュース」チュー

京太郎「でもこれって本当か?」

春「多分嘘。だって初美さんも食べてた」

京太郎「あぁ……なるほど」

春「……それに、私の胸は京太郎が大きくしてくれたから」ニコッ

京太郎「……それ、あんまり言うなよ?」

春「分かった……その代わり今日も……」

京太郎「分かったよ。全く、黒糖じゃなくてこっちが理由って知ったらどうなるかな」

春「さぁ?私は京太郎が喜んでくれるならそれでいい」

しばらくは黒糖代わりに京太郎だったとか


カンッ!!