ファミレス
透華「あら、少し早く着きすぎましたわね」

透華「衣と一は少し清澄の方達と話していますし、純と智紀も寄り道ですね」

透華「まぁ少しくらい一人でも……」

「アレー?おねーさんひとりー?」

透華「……一人になれそうにないですわね」

「もしかして暇?」

「いやー、俺達もちょーっと暇なんだよー」

「少し話さない?」

透華「結構ですわ。人を待ってますので」

「そう言わずにー」

「あ、すんませーん」

透華「ちょっと、なんでここにあなた方の料理を持ってきているんですの?」

「暇なんだってー」

「みんなで食べた方がおいしいしー?」

透華「はぁ、全く……お水は」

「これー?はいどーぞ」

透華「別に取っていただかなくてもいいですわ」ゴクッ

透華「…………きゅう」バターン

「……え?何盛った?」

「や、別に少し酒は混ぜたけど、そんな強くは」

「まさか今のだけで?」

透華「...zzz...zzz」

「……やっちゃう?」

「テイクアウトだな」

「よっしゃ、早速…」

ハギヨシ「早速……なんですか?」

「は?ぐふっ!?」

「お、おい?どうした?」

ハギヨシ「お嬢様に妙なものを飲ませただけでなくやっちゃう?テイクアウト?冗談が過ぎますよ」

「な、なんだよアンタ!いつからそこにごっ!?」

「お、おい!?な、なんだ?勝手にこいつが倒れたような……」

ハギヨシ「こんな場で騒ぐ訳にはいきませんからね。少し……ね?」

「そ、そういえば店員すらこっちにこないのって……」

ハギヨシ「まぁ、気にすることではありませんよ」

ハギヨシ「さて」

「ひっ」

ハギヨシ「とっととそのゴミを持って帰りなさい。さもなくば……」

ハギヨシ「ねぇ?」

「す、すいませんでしたー!!お、お金は置いていきますー!!」ダッ

ナニアノヒト

カッテニサワイデタダケデショ

ヒトリシバイ?

ハギヨシ「やれやれ、何も財布ごと置いていかなくてもいいのに」

ハギヨシ「さて、念のため酔い覚ましのお薬を置いていきましょうか」



衣「トーカ、トーカ!」

透華「う、うん?」

衣「おお!起きたぞ!」

純「ったくこんなとこで寝てるなっての」

一「もう、さすがに無防備すぎだよ」

智紀「あ、よだれ」

透華「はっ……あら?わたくし眠ってましたの?」

純「おいおい寝ぼけてんなよ」

衣「衣たちが来たときにはぐっすりだったぞ」

一「はい、お茶。なんか置いてあったから、透華のでしょ」

透華「はぁ……あら、やけにいい味ですわ」

智紀「……それ、メニューにあった?」

純「どーでもいいさ。早く頼もうぜー」

衣「衣はエビフライ!!」

一「はいはい。透華も早く決めなよー」

透華「うーん……なんだったのでしょう?」


後日、そこのファミレスには執事服の幽霊が出るとの噂がたったとか

なお、置いていかれた財布が後日、可愛らしくデコレーションされて返ってきたことに恐怖した人が一人いたとか


カンッ!!