照「トリックオアトリート」

京太郎「……頭のそれはなんですか?」

照「……オオカミの耳」

京太郎(どうみてもオオカミには見えません)

照「で、お菓子」

京太郎「はい、どうぞ。あ、尭深さん知りません?」

照「ん……尭深なら部室。尭深に悪戯でもするの?」

京太郎「しませんって。こないだいいお茶もらったんでそのお礼もしないと」

照「そっか。それじゃ、私は他に行くから」

京太郎「はい……でも、手に持ってた特大の袋はかなりお菓子入ってたよな……」

京太郎「尭深さん?」

尭深「あ……京太郎くん」

京太郎「探しましたよ。この前のお茶のお礼……」

尭深「えと……トリック、オア、トリート?」

京太郎「……魔女の、コスプレ?」

京太郎(しかも胸元が開いた作り!?)

尭深「……いたずらがいいの?」

京太郎「あ、いや、はいお菓子!後、この前のお茶のお礼です!」

尭深「このお茶菓子……探してた」

京太郎「ええ。たまたま見つけて、ちょうどハロウィンなんで買ってきました」

尭深「ありがとう」

京太郎「いやいやそんな……あ、尭深さん」

尭深「?」

京太郎「トリックオアトリート、です。お菓子くれなきゃいたずらしますよ?」

尭深「……クス、ちょっと待って」ゴソ

京太郎「?」

京太郎(あれは……チョコ菓子?棒状のホワイトチョコ……開けた?)

尭深「ふふっ……えい」ズボッ

京太郎(胸の間に挟んだ!?)

尭深「はい、どうぞ」

京太郎(それを俺に引き抜けと!?)

尭深「早くしないと溶けて……あ、もう少し溶けてべたべたして……ん……おいしいよ?」ペロッ

尭深「ね、京太郎くん?」

京太郎「は、はい?」

尭深「お菓子にする?いたずらにする?…………それとも、私?」

京太郎「……じゃあ、全部で」

HappyHalloween!!


カンッ!!