京太郎「新作、ですか」

ハギヨシ「ええ。色々作ってきましたが、やはりご本人のアイディアも欲しいと思いまして」

京太郎「と言ってもかなりの衣装作りましたよね?」

ハギヨシ「ええ……まぁ似たような注文もあるので作るのは楽ですが」

京太郎「うーん……いっそKちゃん自体を変えてみたり?」

ハギヨシ「長髪のKちゃんなどですか?」

京太郎「そんな感じで。まぁKちゃんだからいいって言う人もいそうですから売れるかは分かりませんけど」

ハギヨシ「難しいですね」ガタンッ

京太郎「アレ?何か倒れました?」

ハギヨシ「む、これは作りかけだった純様用のドレス。ああ、足元が不安定でしたか」

京太郎「よくできてますね……いっそKちゃんに女装とかさせてみます?」

ハギヨシ「ほう?」

京太郎「ちょっとドレス貸して下さい。こう、ドレス着せる感じで?」

ハギヨシ「おや、京太郎くんが着ても似合そうですよ?」

京太郎「そんな冗談……」

ガチャ

透華「ハギヨシ?お休みのところ申し訳ありませんけど…」

一「清澄の人達が来てるんだって…」

京太郎「あ……」ドレス持ったまま

透華「……智紀ー!!カメラの用意ですわー!!」

一「清澄のみなさーん!!ちょっと来てー!!」

京太郎「ちょっ、待って……待って下さいー!!」

京太郎「…………」

智紀「はい、目線こっちー」

和「あ、次はこのバニーで…」

透華「いえ、ここはうちのメイド服を」

まこ「うちの店のはどうじゃ?」

一「じゃーボクの私服…」

久「あら、いいわね」

咲「京ちゃん、笑顔笑顔!」

衣「そうだぞ!笑顔が一番だ!」

京太郎「……あのな」

京太郎「どうやったら女装姿の強制撮影会で笑顔になれるんだ!!」巫女服で女装状態

京太郎「誰か止めろよ!!というかハギヨシさん助けてくださいよ!!」

ハギヨシ「すいません、主のご命令でして。次は女装Kちゃんシリーズでもいきますか」

京太郎「おいそのメモ帳はなんだ!!」

優希「このコック服でなんか作ってもらうか?」

純「いいじゃねーか。あ、俺用にあったやつが…」

京太郎「おい!!アンタ自分の服を野郎に着せていいのかよ!!」

咲「あ、水着とかどうですか?」

和「アリですね」

智紀「ここにカツラとパッドとスクール水着が」

透華「パーフェクトですわ」

久「じゃ、脱いで?」

まこ「いやいや、脱がしてやるのもええじゃろ?」

一「天才だ……」

純「よし、俺が押さえよう」

優希「手を貸すじぇ」

衣「おー、着せ替えだな」

京太郎「ちょ、待て。やめろ。そんなこと誰も得しない、手を放せズボンに手をかけるなやめろ考え直せ待てやめろおおおおおおおお!!」

新シリーズ、女装Kちゃん

好評発売中


カンッ!!