すでに付き合っています

竜華「あ、待った?」

京太郎「いや、今来たとこですよ」

竜華「……ふふっ」

京太郎「なんですか?変なこと言いました?」

竜華「なんか、恋人同士っぽいやり取りやなって」

京太郎「……俺達恋人同士でしょう」

竜華「そやけど……初めてやん、デート」

京太郎「そうですね。楽しみましょう」

竜華「……うん」

京太郎「じゃ、行きましょうか」



竜華「うぅ……感動したわ……」

京太郎「泣きすぎですよ」

竜華「せやけど、ホンマ泣ける映画やったやん」

京太郎(隣の竜華さんが気になって映画どころじゃなかったとは言えない……)



竜華「あ、あーん……」

京太郎「さ、さすがに恥ずかしいんですけど……」

竜華「あーん!」

京太郎「……あーん、ん、おいしい」

竜華「似合うから!絶対似合うから!」

京太郎「いくら彼女の頼みでも、女装は勘弁してください!!」

竜華「してくれたら京太郎くんが来てほしい服着るで!?」

京太郎「…………ちょっと考えさせてください」




竜華「そんな……ゲームセンターの麻雀ゲームとはいえ……京太郎くんに負けた!?」

京太郎「そこまで言いますか!?」



竜華「いやー、楽しかったわー」

京太郎「ほんと、時間あっという間でしたね」

竜華「楽しい時間っちゅうのもあるけど……アレやね」

京太郎「はい?」

竜華「す、好きな人とやったから、早く感じたんかもしれん……」

京太郎「……顔、真っ赤ですよ」

竜華「京太郎もやん」

京太郎「俺だって同じなんですから……正直、竜華さんを帰したくないですよ」

竜華「……うちが帰りたくないって言ったら、どうする?」

京太郎「えっ?」

竜華「今日、怜のとこ泊まる言うて来たんよ……」

京太郎「それって……」

竜華「京太郎くん。うち、帰りたくないで?」

京太郎「……うち、来ます?今夜両親が留守で……」

竜華「……うん」



怜「あ、もしもし?はい、園城寺です。ええ、実は竜華は男のとこに……最初から分かってた?ですよねー」


カンッ!!