煌「うーん……取れませんね」

京太郎「花田先輩、これですか?」

煌「おお!ありがとうございます京太郎くん。実にすばらです!」

京太郎「そんな大したことじゃないですって」

姫子「…………」

哩「…………」



京太郎「なんですか急に空き教室に呼んで……」

姫子「朝練の時、花田と楽しそうやったなー?」

京太郎「へ?ただ荷物取っただけじゃないですか」

哩「でも笑顔やったし……」

京太郎「いや、それくらいふつうですって」

姫子「何より……」

京太郎「はい?」

哩「昨夜はあんまりいじめてくれんやった!」

姫子「物足りんとよ!」

哩「そうよ!倍は欲しか!!」

京太郎「無理だっつってんだろこのドM!!」

姫子「あぁ……もっと」

哩「言葉攻めも……よか……」

京太郎「なにこれ怖い」

姫子「とにかく!あんま他と仲良くしない……のは京太郎の性格から無理やっち分かっとるけん」

哩「もっと……ね?」

京太郎「俺を枯らす気ですか……あんな絞りとってるのに」

姫子「もっとこっちが腰砕けるくらい……」

京太郎「アクティブなMってこんな怖いのか……」

哩「まぁ、それは置いといて……はいお弁当」

京太郎「あ、どうも」

姫子「部長と二人で作ったとよ?」

哩「そうそう、京太郎のこと考えながら……濡れてきた」

京太郎「頼むから落ち着いて。ちなみに弁当の中身は?」

姫子「すっぽんとうなぎやね」

哩「にんにくとか山芋はお弁当に無理やし」

京太郎「精力付くもんばっかですね!」

姫子「だって……」

哩「欲しか……」

京太郎(俺……やっぱり間違えたのかなぁ……)


結局弁当も二人も美味しくいただきました

カンッ!!