洋榎「京太郎!!」

京太郎「はい?」

洋榎「うちの胸に飛び込んでこーい!!」

京太郎「…………胸?」



京太郎「すいませんつい本音が痛い痛い少し柔らかいでも痛い痛いぐりぐりするのやめて痛い痛い痛い」

洋榎「何が胸?や!!ちゃんとあるわ!!しっかりと顔で確かめや!!」胸に京太郎押し付けながら



洋榎「……やっぱりこの本に書いてある『年下を落とすには少しセクハラ気味なスキンシップ』、って無理やろ。うち胸押し付けてもダメやったで」

由子「ああ、うん。確かにスキンシップだったのよー」

恭子「セクハラ……パワハラやないんですか?」

洋榎「うっさい!!」

由子「じゃ、次は私なのよー」



由子「ちょっといいー?」

京太郎「由子さん?」

由子「重いもの運びたいから手伝って欲しいのよー」

京太郎「それくらいなら……どこにあるんですか?」

由子「こっちこっち」

京太郎「なんか、暗いとこですね」

由子「古い倉庫やからねー……ちょっと腕貸して」

京太郎「はい?」

由子「足元危ないからねー」腕に抱き着く

京太郎「ちょ」

由子「少し怖くて……こうしてていい?」

京太郎「は、はい」

由子「ふふ……頼りになるのよー」

洋榎「……で?」

由子「京太郎って紳士なのよー……」

恭子「駄目やったか……」

洋榎「やっぱりうちらの胸じゃ足りんのか……」

由子「うう……もっと行けば……でもアレ以上やったら痴女だったしー……」

洋榎「こうなったら恭子だけが頼りや!!」

恭子「いや、主将達が厳しかったのにうちじゃあかんでしょ。そもそもうちらがセクハラって時点で……」

郁乃「話は聞かせてもらったで~」

洋榎「げっ」

郁乃「3年生で京太郎を誘惑やなんて面白そうなことなんで教えてくれんやったん~?」

由子「代行だからなのよ~」

恭子「なんかいい考えでもあるんですか?」

郁乃「ふっふっふ……まかせとき~」



郁乃「京太郎くん~」

京太郎「……なんですか?」

郁乃「そんな露骨に嫌そうな顔せんといてや~。今日はええ話やから」

京太郎「それで何度面倒な目にあったか……で、いい話ってなんですか?」

郁乃「今日は普段の京太郎くんの頑張りを称えてプレゼントがあるで~」

京太郎「プレゼント?」

郁乃「そそ。はい、この部屋の中やで~」

京太郎「部屋の中?一体何が…」

ガラッ

恭子「ん~、ん!?ん、んん~!!」下着姿&拘束&猿轡

京太郎「…………え、誘拐現場?」

郁乃「末原ちゃんをプレゼント~」

京太郎「おいコラ!!」

郁乃「ごゆっくり~」

京太郎「待て!ちょ、閉めんな!!鍵閉めんな、開けろおおおお!!」

恭子「ん~~~~!!」

30分後に2人は外に出られたとか

郁乃「セクハラ?末原ちゃんはする側やなくてやられる側やん」


カンッ!!