公園

哩「……大会、こんままやと厳しかね」

哩「やっぱ飛ばんっちゅーても宮永照は脅威やね……大将も……大将……」

哩「……姫子はもう!羨ましか……やなくて!あんな全国放送で!」

「……ん……あ……だ……」

哩「うん?こん声は……姫子?」



姫子「やから……ダメやって……」

京太郎「よく言いますね……言い出したのは姫子さんなのに」

姫子「そ、そやけど……」

哩「姫子!」

姫子「ぶちょー?」

京太郎「やべっ」

哩「きょ、京太郎まで……なんばしよっか!」

京太郎「こ、これは……」

哩「なんで……なんでこがんとこで、姫子はネクタイしか付けとらんとか!!」

姫子「その……散歩です」裸ネクタイ

哩「ネクタイだけで散歩って……」

姫子「これがリードなんです。こうやって持ってもらって……」

京太郎「こう?」

姫子「昼間はあがんこつした……私への罰です……もう、めちゃくちゃにされて……」

京太郎「なんか嬉しそうじゃないですか?」

哩「……か」

京太郎「え?やっぱりやりすぎて…」

哩「ずるか!!」

京太郎「……え?」

哩「……わん」

姫子「……わん」

京太郎「えっと……思うように稼げなかったから罰が欲しいって、理屈は分かりますけどね」

京太郎「なんで哩さんまでやるんですか!?」

哩「……くぅん」裸ネクタイ

京太郎「なんか細かい動作まで犬っぽいし……かなり興奮してません?」

哩「わんわん!」

姫子「む……わんわんわん!」

京太郎「対抗してる!?というかここ外なのに……」

哩「わん?」

姫子「くぅん?」

京太郎「……今更か。躾が必要かな」

哩姫「!?」

ちゃんと帰ってから"躾"しました


カンッ!!


哩「……わん」

姫子「……わん」

京太郎「えっと……思うように稼げなかったから罰が欲しいって、理屈は分かりますけどね」

京太郎「なんで哩さんまでやるんですか!?」

哩「……くぅん」裸ネクタイ

京太郎「なんか細かい動作まで犬っぽいし……かなり興奮してません?」

哩「わんわん!」

姫子「む……わんわんわん!」

京太郎「対抗してる!?というかここ外なのに……」

哩「わん?」

姫子「くぅん?」

京太郎「……今更か。躾が必要かな」

哩姫「!?」

ちゃんと帰ってから"躾"しました


カンッ!!