咏「京太郎、裁縫できたよね?」

京太郎「ええ。知り合いの執事に教わったんで、簡単な服くらいは作れますよ?」

咏「じゃあ……ぬいぐるみ用の服って作れる?」

京太郎「ぬいぐるみ用?」

咏「Kちゃんね。ほら、前京太郎に買ってやったのあんじゃん?」

京太郎「ああ、ありましたね」

咏「で、同じものをKちゃんにも着せたいなーって」

京太郎「……ちょっと難しいかもしれませんが、やってみましょう」

咏「本当?ありがとー!」

京太郎「でもぬいぐるみ用とはいえ着物は作ったことないんで……まずは着物がどんな風になってるか知りたいんですよ」

咏「ふむ。よし、おねーさんの着物持ってこよう」

京太郎「何言ってるんですか。持ってこなくてもここにあるじゃないですか」

咏「……うん?」

京太郎「ちょうどどんな風に着せたり脱がしたりするかも知らないといけませんしね」

咏「……京太郎?なんで私の着物の帯掴んでんのかなー?いやーお姉さんよく分かんねーなー?」

京太郎「やっぱり実物で脱がしたりするのが一番分かりやすいですし」

咏「いやいや、男物だし?ほら、着付けなら教えっから!」

京太郎「いやだなー、前に教えてもらったじゃないですかー。押し倒されて」

咏「根に持ってる!?」

京太郎「さーて、まずは脱がしますね?」

咏「ちょ、待って待って!今日はそういうつもりで来たんじゃないんだけど!?」

京太郎「はっはっは。好きなくせに」

咏「と、年下のくせにー!!」

Kちゃん用の着物はちゃんと作りました


カンッ!!