恒子『試合終了!!トップはやはり白糸台!そして2位に新道寺!この2校が準決勝進出です!!』

健夜『やはり白糸台は圧倒的ですね。そして新道寺も…』

淡「お疲れ様でしたー!」

姫子「お、お疲れ様です……」

モブA「うぅ……」

モブB「無理だよぉ……」

姫子(かろうじて2位にはなれたけど……こんなんじゃ駄目)

姫子(優勝するためには、後2回大星淡に勝たんといけんし……どーすればよかと……)

京太郎「……姫子さん、姫子さん!」

姫子「あ……京太郎。わざわざ対局室まで来てくれたと?」

京太郎「ええ……お疲れ様です」

姫子「あはは……」

淡「おー、かっこいい人のお迎えとか……やるじゃん新道寺」

モブA「ふ……うちなんてそんな来てくれる男子なんていないわ……」

モブB「うち女子高だし……」

姫子「京太郎……私……」

京太郎「……はい」頭に手乗せる

姫子「あ……」

京太郎「何も言いませんよ。姫子さんは、頑張ってました」頭なでなで

姫子「……京太郎ぉ」抱き着く

淡「……なにこれラブコメ?」

恒子『おーっと新道寺全国放送でラブコメやってます!やめてあげて!すこやんが可哀想!』

健夜『酷くない!?羨ましいけどさ!!』

淡「こーいうこと言うのもアレだけど、控室とかに戻って…」

姫子「……んっ」

京太郎「んむっ!?」

淡「!?」

姫子「んっ……む……ちゅ……」

京太郎「ちょ……ん……待って……」

淡「…………」ポカーン

恒子『え、えーっと……』

健夜『…………』

恒子『……す、すこやんガン見しない!!』

健夜『えっ!?ししししてないよ!?』

姫子「……ちゅ……っぷはっ」

京太郎「……っはぁ。いきなり一体……」

姫子「……ちょっと、京太郎が欲しーなったと」

京太郎「姫子さん……」

姫子「もちっとだけ……ぎゅって、しとって?」

淡「……なんか、すっごい負けた気分……というか、まだ全国放送中じゃないの?」

恒子『えっと……CMです!』

健夜「え?CMはまだじゃ…」

恒子『CM!ほら、早くいれて!』


その後、苦情が殺到したとか

「なんでCM入れた!」

「続きも放送しろよ!」

「金髪死ね!」

「姫子ちゃんかわいい!」

……苦情である





ホテル、京太郎の部屋

京太郎「…………」

姫子「…………」

『今日の試合では3連覇を目指す白糸台と……し、新道寺が準決勝進出を決めました』

『白糸台は圧倒的な強さで…』

京太郎「で、全国放送だったわけですが」

姫子「……つい」

京太郎「さっきから知り合いや親からの電話やメールが来まくってるんですよ」

姫子「……えっと、反省してます」

京太郎「当然です。部長達からもかなり言われました。あの花田さんですら呆れてましたよ?」

姫子「……京太郎」

京太郎「……なんですか?」

姫子「その……反省はしとっけん……服、返して」全裸で正座

京太郎「駄目ですね」笑顔

姫子「悪かったのは分かっとるけど……この恰好のままっていうのは……」

京太郎「お仕置きも兼ねてです。またああいうことになるのは止めてほしいですから、今夜はそのままですよ?」

姫子「そんな!せめて……せめて下着くらい……」

京太郎「……仕方ないですね。じゃあ、2枚だけいいですよ」

姫子「やった!」

京太郎「ただし!俺が着せるんで目つぶっててください」

姫子「……恥ずかしかけど、よかよ」

姫子(京太郎に下着着せてもらう……なんか恥ずかしかけど、興奮する……)

京太郎「じゃあ目つぶって………絶対に目開けないでくださいね?」

姫子「うん」目つぶる

姫子(最初はどっちやろ……あんま胸ないけん、見られっと恥ずかしかね)

京太郎「手、借りますよ?」

姫子(手?両手ば前に持ってきた?)

ガチャン

姫子「……え?」

シュルッ

京太郎「はい、いいですよー」

姫子「……これって」

京太郎「はい、手錠とネクタイです。これで2枚分ですね」

姫子「て、手錠にネクタイだけって……こんなん着とらんと変わらんやん!」

京太郎「あ、手錠は部長から借りました」

姫子「分かるって!それに……こ、こんな恰好……」

京太郎「……あんなことされて、普通に許すと思ったんですか?」

姫子「きょ、京太郎?」

京太郎「俺が欲しいって言ってましたし……ねぇ?」

姫子「せ、せめて手錠は外して欲しかなー……」

京太郎「会場では姫子さんが好きにしましたから、今度は俺が好きにさせてもらいますよ?」

姫子「ちょ、待って……ん!?」

京太郎「……っぷはっ。なんですか?」

姫子「……もっと、して」


カンッ!!