合宿中、京太郎も来ている

合宿所、台所

靖子「よう」

美穂子「藤田プロ?どうしたんですか?」

靖子「いやー、衣やら宮永やらに付き合ってたら腹減ってな。なんかないか?」

美穂子「簡単なものでしたらすぐできますよ?買い物に行ってる須賀くんが帰ってくれば色々と…」

京太郎「ただいま戻りましたー」

靖子「ナイスタイミング」

京太郎「はい?」

美穂子「何か作ってほしい、ですって」

京太郎「分かりました。買い物行って来たんで食材はありますよ。何がいいですか?」

靖子「じゃあカツ丼」

京太郎(やっぱカツ丼プロだ……)

美穂子「じゃあ、少し待っててくださいね?須賀くん、手伝ってもらえる?」



靖子「……うまいっ!!」

美穂子「そ、そんな大きな声出さなくても……」

靖子「いや、これ下手な店のカツ丼よりうまいぞ?どうやったんだ」

美穂子「味付けを須賀くんにしてもらっただけですよ?なんでも知り合いの執事に教わったとか」

靖子「これ、金取れるレベルだぞ?あいつ何者だ?」

美穂子「さ、さぁ?」

靖子「全く、久のとこにはとんでもないのがいるな。Kちゃんプロデュースとか言って販売すればいけるだろうな」



智紀「……なるほど」カタカタ


数日後


『Kちゃんプロデュース!!特製カツ丼(冷凍食品)販売!!』


透華「と言う訳でがあなたへのアイディア料が…」

靖子「……商魂たくましくなったなオイ」

味、値段、Kちゃんという3つの強みでかなりの売上になったとか


カンッ!!