巴「うーん……慣れないな」

京太郎「すいません。巴さん、少し聞きたいことが…アレ?眼鏡が」

巴「あ、京太郎くん。どう?コンタクトにしてみたんだけど」

京太郎「眼鏡も知的な感じでしたけど、コンタクトもいいと思いますよ?」

巴「そ、そう?嬉しいな」

京太郎「でも、巴さん自身は納得してないって感じじゃないんですか?」

巴「あー……分かる?なんかまだ慣れなくて」

京太郎「あんまり無理しないでくださいね?」

巴「無理してる訳じゃ……動かないで!」

京太郎「え!?ど、どうかしました?」

巴「……コンタクト外れて落としちゃった」

京太郎「じゃ、探します」

巴「ゴメンね……ちらっと見えた感じだとこっち」フラッ

京太郎「危ない!」ガシッ

巴「あ……ありがと」

巴(だ、抱きしめられてる!?)

京太郎「大丈夫ですか?見えにくいなら、座ってても…」

巴「そんな、私が探さない訳にはいかないよ。手伝ってもれってて…」パキ

巴「……パキ?」

京太郎「あー……巴さん、足元に」

巴「……眼鏡取って来る」

京太郎「切り替え早いですね!……でも、大丈夫なんですか?片方、見えないんじゃ?」

巴「……な、なんとか壁伝いに」

京太郎「それじゃ危ないですよ。手、貸しますよ」手、握る

巴「あ……ありがと」

京太郎「巴さんの部屋ですよね?手、引きますから足元気を付けて下さいね?」

巴「う、うん……」

巴(抱き締められたり、手握ってくれたり……ちょっと違うけど、コンタクトもいいかも)

その後、ときどきコンタクトにするようになったとか


カンッ!!