数絵「…………」うずうず

ピンポーン

数絵「!!は、はいっ!!」

「お届け物でーす。えーと、南浦様に、日本酒ですね」

数絵「……判子持ってきます」

「ありがとうございます」



数絵「…………」うずうず

ピンポーン

数絵「!はいっ!!」

「すいませーん、南浦プロいらっしゃいますかー?」

数絵「……祖父は今出かけてます」



数絵「…………」うずうず

ピンポーン

数絵「はいっ!!」

「アノー、チョットミチニマヨッテシマシマシテ……ココドコデスカ?」

数絵「……地図持ってきます」



数絵「…………」うずうず

ピンポーン

数絵「はーい!!」

「お届け物でーす。南浦数絵様ですか?判子かサインお願いします」

数絵「は、はい!」

「はい、確かに。ありがとうございましたー」

数絵「……やっと来た……よし!」パカッ

『当選おめでとうございます!ワカメ一か月分プレゼントキャンペーン!!』

数絵「…………さっきの日本酒に突っ込んでおこう」



数絵「…………」うずうず

ピンポーン

数絵「はい!」

南浦プロ「おーう、帰ったぞー!いやー上手い酒もらっちゃってなー」

数絵「……大丈夫、私は待つのに慣れてるから」

南浦プロ「なんだ?部屋に戻るのか」



南浦プロ「あ、そういや今朝数絵宛ての荷物があったが……もう寝てるか。明日渡そう」

南浦プロがそのことを忘れ、南浦数絵にKちゃんぬいぐるみが届いたのは一週間後だった


カンッ!!