京太郎は千里山にいます

洋榎「ふーむ」カチカチ

絹恵「どないしたん?携帯見ながら変な顔して」

洋榎「いや、浩子からメール来てな?」

絹恵「へぇ」

洋榎「最近オカンと京太郎がやけに2人で話とるって。なんか知らん?って聞かれたわ」

絹恵「そーいや最近オカンがやけに電話しとるん見るなぁ」

洋榎「こうしてはおれんな……調査や!ちょっと行ってくるわ!」

絹恵「お姉ちゃん!?どこ行くんー!?」



洋榎「という訳で頼むわー」

怜「いやいやいや。何してんの」

洋榎「同じ大阪やん?頼むって」

怜「ばれたらウチ怒られるやん」

洋榎「そんくらいええやん。うちなんてなぁ……夕飯のおかず抜きになるんやで?」

怜「ほななー」

洋榎「待ってーな!ホンマ、ホンマに頼むから!」

怜「しゃーないなー」



怜「で?なんで尾行?」

洋榎「調査の基本やん」

怜「監督尾行とかめんどいわー……膝枕が欲しい」

洋榎「あ!アレ……京太郎やん!」

怜「おぉ、ホンマやな。何か話してる」

洋榎「で、2人で移動か……どこ行くんやろ」

怜「……ファンシーショップに入っていったで」

洋榎「オカン……さすがに京太郎と一緒でもきついんやない?」

怜「実は京太郎が監督のために買ってあげたりしてなー」

洋榎「まさか……オカン生徒に手出したん!?」

怜「……え?」

洋榎「こうしちゃおれんわ!止めてくるわ!!」

怜「ちょ、待って!」

雅枝「なるほどな……」

京太郎「ええ……やっぱりこういうものでどうでしょうか」

雅枝「うーん……」

洋榎「オカン!!」

雅枝「洋榎?なんでここに…」

洋榎「オカン、そりゃ京太郎はええ男やと思う」

雅枝「は?」

洋榎「顔もそこそこやし、背もあるし、麻雀以外大抵のことはできるし」

京太郎「なんか酷い」

洋榎「やけど……手出すのはアカン!例えオカンでも、ここは止めるわ!!」

京太郎「……あの、洋榎さん?」

洋榎「なんや?うちの言葉に感動して改心した?」

京太郎「監督、超怒ってます」

洋榎「へ?」

雅枝「このっ、ボケぇぇぇ!!」



絹恵「最近頑張ってるから、なんかプレゼントを選んどって、それに京太郎くんも手伝ってくれとった、と」

雅枝「このアホは、どこをどうやったら生徒に手出すっちゅう発想がでてくるんや!」

洋榎「すんません……」正座

雅枝「こらプレゼントはまだお預けや!」

洋榎「そんな!」

雅枝「やかましい!今晩は洋榎だけ夕飯抜きや!」

洋榎「うちが悪かったわぁぁぁ!!」



浩子「結局京太郎くんからのプレゼントは渡せたん?」

京太郎「なんか無理っぽい感じで……」

浩子「せっかく欲しがりそうなもんデータでまとめたのにな」

京太郎「また今度渡しますよ」


カンッ!!