京太郎が千里山にいます

浩子「うーん……データまとめもずっととやってると疲れるわー」

竜華「お疲れやな浩子」

浩子「でもやらなあかんことですからね」

竜華「そうやね……よし浩子!膝枕したるから横になるんや!」

浩子「え?いやなんでですか」

竜華「疲れとる浩子のためや。怜が保証する膝枕やで?」

浩子「……まぁ、試してみますわ」

浩子「……結構いいですね」

竜華「よしよし、ゆっくり休みや」

ガチャ

セーラ「おーっす。お?珍しいな」

怜「ん?う、ウチの膝枕が……」

泉「園城寺先輩のじゃないですよ」

怜「ちぇー」

京太郎「あはは……でも珍しいですね」

浩子「……結構ええで?」

怜「次ウチー」

浩子「む、まだ私ですー」

竜華「うちはなんも言っとらんよー?」

セーラ「じゃ、俺や」

泉(ここは『じゃあ私が』ってやるとこやね)

泉「じゃあ…」

京太郎「じゃあ俺が」

竜華・怜・セーラ・浩子「え?」

京太郎「アレ……のるとこだと思ったんですけど、外しました?」

竜華「……いや、ほな次は京太郎くんやね」

怜「いや!京太郎やったらウチがやったる!」

セーラ「怜はしてもらう側やろ!俺や!」

浩子「いやここは私が!」

竜華「うち!」

怜「ウチや!」

セーラ「俺!」

浩子「私!」

京太郎「……冗談だったんだけどな」

泉「の、乗り遅れた……」


カンッ!!