テレビ『以上、今年の千里山女子でした。愛宕雅枝監督は全国制覇を目指すとコメントしており…』

恒子「ほー、これが全国2位の千里山かー」

咏「なかなか良い選手そろってるねぃ。勝てるかは知らんけど」

えり「またそんな適当なことを……」

健夜「高校生か……若いよね」

恒子「すこやんも20年前は高校生だったんでしょ?」

健夜「10年前だよ!」

咏「はっはっは。でも、若いと言えばこの愛宕雅枝監督も年の割に若いよねー」

えり「三尋木プロが言いますか……確かに高校生の娘2人がいるとはとても思えませんけど」

恒子「スタイルもいいよねー……すこやん負けてない?」

健夜「そ、そんなことないよ!?」

咏「お、ちょうど映ってるぜ?」

テレビ『ここで愛宕雅枝監督のコメントです』

雅枝『確かに全国制覇は簡単にはいきませんけど…』

恒子「…………」

咏「…………」

えり「…………」

健夜「え?ちょっと、なんでみんな黙るの?」

恒子「その、すこやんごめんね?」

健夜「なんで謝るの!?」

咏「あー……ほんとに子持ちかってスタイルだな」

健夜「咏ちゃんはなんで目逸らすの?……針生さん?」

えり「えっと……小鍛冶プロには小鍛冶プロの良さがありますよ?」

恒子「麻雀以外で?」

えり「…………すいません」

健夜「みんな酷い!?」


カンッ!!