えり「次の試合は一時間後ですね」

咏「ご飯ご飯ー♪」

えり「ああ、お昼はどうしましょうか……外に食べに行きますか?」

京太郎「あ、いた!三尋木さーん」スタスタ

えり「おや、あれは……京太郎くん?」

咏「にょっ!?きょ、京太郎!?ど、どうしてここに……?」アタフタ

京太郎「お昼ご飯を届けに来たんですよ」スッ

咏「お、お弁当……」

えり「手作り、ですか?」

京太郎「はい!あっ、針生さんの分も作ればよかったですね……」ショボーン

えり「私のを?ふふっ、いい彼氏をもちましたね、三尋木プロ」ニヤニヤ

咏「あう……///」カァァ

えり「それでは私はお邪魔のようなので、外で食べてきますね」スタスタ

京太郎「あ……気、遣わせちゃったかな……」

咏「な、なんでいきなり来るかなぁ、もーバカ……///」

京太郎「テレビで解説の三尋木さんをガン見してたので」

咏「いや対局を見ろよ!」

京太郎「それで、お昼どうすんだろうなーと思って」

咏「いやぁ京太郎の彼女でよかった~、えりちゃんには悪いけど」

京太郎「俺も、三尋木さんの彼氏で嬉しいですよ」ニコッ

咏「……///」カァァ

京太郎「解説見てて思ったんですけど……なんか適当じゃないですか」

咏「な、なんのことー?わっかんねー」シラッ

京太郎「……それと、解説してる時と俺といる時って性格違いますよね」

咏「……し、知らんし……///」

京太郎「いつもはもっと大人しいのになぁ、三尋木さん」

咏「……む」ピクッ

京太郎「?」

咏「さっきから、呼び方が気に入らなーい」プクー

京太郎「よ、呼び方?でも一応…………一応、年上ですから」チラッ

咏「お?なんだ今の間は?バカにしただろー?身長的な意味で!」

京太郎「いえ胸囲的な意味で」

咏「きょ、京太郎のスケベ!バカ!///」バッ

京太郎「いやいや、隠されても」

京太郎「呼び方って、どういうのがいいんですか」

咏「嫁!もしくは妻!」

京太郎「なんでやねん」

咏「高校を卒業したらいずれそうなるんだからさー…………っ……///」カァァ

京太郎(自ら墓穴を掘ったな……)

咏「人前だと、家内とか言われるのかなー……///」

京太郎「将来の話ですよね、今はじゃあ……」

咏「マイ・ワイフとか?」

京太郎「それも将来ですね!」

咏「じゃー彼女だから、ガールフレンド?」

京太郎「あの言いづらいんで英語以外でお願いします!」

咏「意中の人」

京太郎「あ、意中の人醤油取ってーってか、違和感ありすぎでしょう」

咏「……なんで醤油?」

京太郎「それに意中というか……普通に俺は大好きですから、三尋木さんを」

咏「うたっ!?///」ボフンッ

京太郎「なんだその驚き方」

咏「あ……咏!な、名前で、呼んでほしい……」

京太郎「はぁ、それじゃあ……咏さん」

咏「ぅ……///」

京太郎「将来は呼び捨てになるんでしょうかねー?」

咏「た……耐えられるかな……」ボソボソ

京太郎「咏」キリッ

咏「う、うわわっ!?そそっ、それは、無し、ダメ!!///」

京太郎「呼び捨てはやっぱり恥ずかしいですか?」

咏「しっ、知らんし……///」プイッ

京太郎「……正直、体系的には咏ちゃんって感じだ」ボソッ

咏「なにをー!?今に見てろー、瑞原プロみたいになるから!」

京太郎「ほーら咏ちゃん高い高ーい!」バッ

咏「うわっ!?お、降ろせバカー!」ブンブン

京太郎「あははっ、あの、咏さん」

咏「な、なに?京太郎」

京太郎「絶対、結婚しましょうね!」

咏「……知ってる、バカ」

カンッ!